こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

世の中の恐ろしい数字の因果関係の世界。

世の中の恐ろしい数字の因果関係の世界。

2002年にネット通販を利用していた人口は日本人は5.3パーセントだった。

15年後の2017年になると利用者は34.2パーセントになっている。

実に6倍に市場規模は大きくなった。

そしてレトルトカレーも市場マーケットは6倍になっている。

同じ6倍にマーケット規模が拡大したのだ。

このネット通販とレトルトカレーの因果関係を教えてください。

何でも良いです。気づいたことを教えてください。

投稿日時 - 2018-12-10 22:25:22

QNo.9566596

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

その数字がまっとうなものかという疑いはありますが、それは置いておくとして、ネット通販がさかんになるというのは販売トラフィックが活性化したということです。
別にレトルトカレーじゃなくても連動して売上は上がっているはずです。おそらくカップ麺も同様の伸びになっているはずです。

早い話がこういうクックレスのものはネットで販売するのに非常に適切だということになりますから。どかんとダース単位で購入して問題なく、家に積んでおいて腐るわけでもありませんから。
ネットスーパーなんかでは3千円とか5千円以上注文すると送料無料になりますのが普通ですので、箱で買う形のものがこのまれるわけです。そのため、ミネラルウォーターだとかお茶の2リットルパックの箱入りのものもネット販売ではスター商品になります。

牛乳だとかパンだとかはネット通販で伸びません。鮮度が関係するからであり、ネットスーパーでもあまり主体的に販売しようとしていません。

投稿日時 - 2018-12-11 00:07:37

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2018-12-11 19:33:28

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

因果関係というのもよくわからないが、恐ろしいというのはもっとわからない。

投稿日時 - 2018-12-11 00:59:48

ではその数値の根拠がしめせますか?

投稿日時 - 2018-12-10 22:42:52

あなたにオススメの質問