こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

税金、相続税対策

終活中、横浜在住です。
私名義の土地(500m2)、建物(築50年が2軒)を有しており、建物を月額5万円で賃貸しています。他の不動産収入とともに確定申告しています。
他にも不動産がありますがこの土地は子供に、建物を妻に相続予定です(妻死後子供に相続予定)。

質問です。
建物を妻に生前贈与する場合と死後相続する場合で税金(所得税と相続税)が違うと思います。
年度納税額、相続税、保険料等はどちらが有利でしょうか。

貸家を妻名義にする場合、使用貸借契約が良いか年額20面円程度の賃貸契約が良いかも教えてください。

私77歳の収入は年金280万円プラス不動産収入270万円(内50万円が経費)、妻70歳の収入は株式配当収入50万円前後(源泉徴収)、年金収入60万円(源泉徴収)、不動産収入35万円(内5万円が経費)です。妻は確定申告していません。
介護保険、後期高齢者保健が高いと痛感しています。妻は確定申告すれば源泉徴収分が戻るかもしれません。
相続財産は評価額で約1億円、不動産が半分です。

投稿日時 - 2018-12-03 06:55:48

QNo.9564125

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

どちらが、先に亡くなるかわからないのに?

相続税は、控除額がとても多い。
3000万円+600万円×2人
税率がとても低い。
3000万円以下で15%
妻には、1億6000万円以下は税金がかからない。

贈与税では、控除が125万円
税率400~600万円間30% 600~1000万円間40%それから45,50,55%までになります。

つまり、何もしないほうが良いです。

税金のことは、国税庁のホームページ タックスアンサーにとても詳しく書かれています。
疑問に思うことがあれば、こちらで調べるとよいですよ。

投稿日時 - 2018-12-03 07:37:21

あなたにオススメの質問