こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

関係会社の賃借対照表について解説のお願い

関係のある会社の賃借対照表をぼかしたものなのですが、
この会社の状況について、説明をいただけないでしょうか。

例)
・本業がうまくいっていない
・借金が多い
・倒産の可能性が高い・低い(こういう状況なら続く)
など。

株主資本が大きく個人的には、かなり不安視しています。


■資産の部
流動資産:450,000
固定資産:150,000
ーーーーーーーーーー
資産合計:600,000


■負債 及び 純資産の部
流動負債:525,000
└(賞与引当金):150,000
└(返金引当金):10,000

固定負債:225,000

株主資本:△150,000
└資本金:10,000
└利益余剰金:△160,000
└その他利益余剰金:△160,000
(うち当期純利益):(5,000)
ーーーーーーーーーー
負債・純資産合計:600,000

投稿日時 - 2018-12-02 12:43:24

QNo.9563847

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

内容からの単純な判断ですが
減価償却を度外視すると、キャッシュを伴わない損金不算入の賞与引当金を持ち戻せば、実質の当期利益は155,000です。
直前期の繰越利益剰余金は-165,000ですから、実質の繰越利益剰余金は-10,000で株主資本は0、債務超過ギリギリの法人です。

翌期も同様の業績である場合、流動資産450,000+当期利益155,000から流動負債525,000と中間法人税等33,214をマイナス、翌期末キャッシュフロー残は46,786となる。
流動負債の短期借入金が分からないので何とも言えませんが、業績が上がらない限り150,000の賞与支払いを続けるのは難しく、翌々期には新規借入しなければキャッシュが足らなくなります。
売上を伸ばせないようならコスト面の改善が必要です。

借金が多いか否かは年商にも依りますが、負債の額を考慮すると一般的ではないかと。
まぁ情報が不足しているので肯定は出来ません。

投稿日時 - 2018-12-03 02:09:13

お礼

丁寧にご回答くださり、ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-12-09 11:12:50

あなたにオススメの質問