こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

WordPressテーマのバージョンアップ(更新)

WordPressテーマのバージョンアップ(更新)
について質問させてください。

私は、アフィンガー4という有料テーマを使っています。
公式サイトで、バージョンアップがありました。

この最新版のテーマをバージョンアップする際、
どのようにして、バージョンアップすればいいのでしょうか?

最新版のテーマを追加して、
そのまま、それを有効化で良いのでしょうか?


また、外観→テーマの「新規追加」に出てくる無料テーマ達。

これらは有料テーマのように、自ら追加して有効化しなくても、
「更新」がある時に、更新するだけで大丈夫なのでしょうか?


すでに、ブログを公開していて、バージョンアップの際に、
ブログが真っ白になったりするのが不安です。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-11-30 05:51:17

QNo.9563115

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

無料テーマについては、好きなものを追加して有効化するだけで、自由に使うことができます。更新があったときには管理画面に《更新ボタン》が表示されるため、それを押すだけで更新されます。すごく簡単です。

いっぽう、アフィンガーもふくめた有料テーマについては、使ったことがないので何ともいえません。とはいえ、公式サイトには《専用アップデータープラグイン》を使ってくださいと書いてあります。

◆WING最新版のアップデート方法 - 【公式】STINGER STORE
 https://on-store.net/wing-update/

このプラグインを使えば、古いテーマと新しいテーマが入れ替わるようです。

あるいはおっしゃるように、手作業で最新版のテーマを追加して、それを有効化する方法でも(たぶん)行けるかと思います。余計なプラグインを入れなくても済むため、こちらのほうが方法としては優れているかもしれません。プラグインを入れすぎると、管理画面も見づらくなるし更新作業も増えて大変になります。

なお、ブログが真っ白になる恐ろしい問題については、パソコンのなかにテスト用のWordPressをつくるといいです。最近は『Local by Flywheel』というのが有名らしいので、使ってみてはいかがでしょうか。

◆かなりオススメ!WordPressのローカル環境が簡単に構築できる、Windowsもmac OSも対応の無料ツール -Local | コリス
 https://coliss.com/articles/blog/wordpress/local-wordpress-development.html

または、レンタルサーバー内にテスト用のWordPressをつくる方法もあります。こちらは他人に見られると困るので、いわゆるアクセス制限(401や403エラーを出すアレ)が必要です。アクセス制限の方法がわからない場合は、『Local by Flywheel』のほうが簡単かもしれません。

いずれにしても、公開しているブログとテスト用のブログをわけるという話です。まずはテスト用のブログでバージョンアップしてみて、とくに問題がなかったら公開用のブログもバージョンアップするという手順ですね。

投稿日時 - 2018-11-30 20:17:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問