こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2級管工事士の実技試験について

試験を受けてきました。
最後の問題で自分が実際した工事で「工程管理」上、特に重要と考えた事と措置または対策についての記載がありますが、過去にしたビルの給排水改修工事について記載しました。

重要と考えたこと→関係者と定期的にミーティングをし、騒音や振動に考慮し、
工期遅れにならないようにした。

措置及び防止策→低音機器を使用し、支持金物を減らした。またネットワーク
工程表を作成し、仮に工期が遅れても対策を立てやすいよう
にした。
(低音機器は低騒音機械と記載した方が良かったかな?)

と記載しましたが問題無いでしょうか?

試験前に資格を持っている人に聞きましたが、2級なら受かるといわれて内容を確認してもらっていません。
ご意見よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-11-22 16:30:07

QNo.9560553

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

建物の外(外構工事)のみで有れば建築機械(エンジン式・大型)をほとんど使うと思いますが、その場合は低騒音機械の方が良いかも
建物の部分で有れば、機器で良いと思います(機械・器械・器具の総称)
ネジ切器・ハンマードリル・サンダー・切断機等小物

解釈による、試験官の判断次第だと思います

ただ、気になるのは、支持金物を減らした???
縦は一か所以上、横引きは管に応じた距離では(2m位)

投稿日時 - 2018-11-23 00:25:25

補足

「支持金物は必要最小限に留めた」と記載した方が良かったですね。

2行しか記載欄が無かったので、他に「ネットワーク工程表を作成し、工期遅れが生じても対策しやすいようにした」と記載したので記載スペースか 
らはみ出て、採点者ならわかるだろうと省略してしまいました。

投稿日時 - 2018-11-23 11:50:23

お礼

ご回答ありがとうございました。
屋内工事がメインだったので低音機器で良いですね。
「支持金物を減らした」というのはアンカーによる騒音を考慮してなんですが、ここは減点されるかもしれません。

投稿日時 - 2018-11-23 11:43:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問