こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

取った方が良い資格

はじめまして!
今年24歳になった
フリーターの男です。

公務員の専門学校卒業後、色々あって(結局、公務員にはなれず)
今はコンビニ店員をしています。

流石に、ずるずるとフリーターを続けるのは良くないと、最近
手に職をつける目的で、第2種電気工事士免許の勉強を始めました。

ビルメンテや、空調設備の設置など自身のやりたい仕事の具体的なイメージが無いのですが、第2種電気工事士と一緒に取ることで役に立つ資格はありますか?
この手の資格は実務経験が必要だったりするので、後々目指した方が良い資格や、受験資格が特にないものの、あった方が良いものなどをお教え下さい。

また、どのような仕事で活かされてくるのかもお教えいただきたいです。

バイクいじり等、機械いじりは好きなんですが、全く業界について詳しくないので、詳しい人にお教えいただければなと思い、質問しました。

若輩者ですが、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-11-20 13:26:36

QNo.9559913

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ハローワークで相談されればと思いましたが
ビルメンテナンスで必要な資格
https://www.sat-co.info/building-maintenance-qualification

余談
エレベーター整備士 求人
https://next.rikunabi.com/end_detail/cmi0468673001/nx1_rq0014001736/

興味があるガントリークレーンのオペレーター 求人
(コンテナの積み下ろしをする大型クレーンです。)
https://jp.indeed.com/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%AE%E6%B1%82%E4%BA%BA

投稿日時 - 2018-11-20 18:06:57

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:07:01

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

その昔は、税理士や弁護士や柔道整復師など、その資格を持っていて看板を掲げていればそれだけで食べていけたものがありました。けれどそんなのはもう21世紀の日本ではなくなってしまいました。弁護士も税理士もただ資格があるだけでは通用しない時代になったのです。まあ考えてみれば資格さえあれば能力が低くても食えるってほうが不自然ですよね。

だからこれからの時代は、「資格を持って何かその仕事に就こう」じゃなくて「その仕事をやるにあたって持っていたほうが有利な資格を必要に応じて取得しよう」という時代なんですよ。資格というのは「その人がその仕事をやる上において、これだけの知識はありますということを保証する」に過ぎないんですよ。

持っていたほうがいい資格は、自動車免許ですかね。仕事でもプライベートでも車が運転できたら便利なときは多いですからね。もし車がないなら、とりあえずとるだけとって、マイカーを持つようになったらペーパードライバーコースで実習し直すとかがいいんじゃないかなと思いますよ。30過ぎると教習所に通うまとまった時間がとれなくなりますから。

投稿日時 - 2018-11-20 17:18:49

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:07:22

ANo.5

車の免許

投稿日時 - 2018-11-20 15:03:07

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:07:38

ANo.4

    こんにちは
  町の本屋さんや図書館に行き、ビルの管理や
 マンションの管理の関係の本を探します。
 「第2種電気工事士免許」と合わせて取得します。
 「第1種電気工事士免許」は無理ですから、手を出さないこと。
     参考まで

投稿日時 - 2018-11-20 14:29:16

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:07:55

ANo.3

>第2種電気工事士と一緒に取ることで役に立つ資格はありますか?
就職に資格が必要だと思っているのであれば、まず、その資格を
取得する事がよいかと思います。
能力があるのであれば、関連した資格取得も良いかもしれません。
本気でそう考えているのでしたら、ここに投稿も良いのですが、
ご自分で何が必要なのかを調べることが大切かと思います。

同じ資格の種類の中にもランクがあります。
一般的には、関連する資格ではなく、上位を目指します。
受験資格の中には一定期間の経験が必要なものもあります。

因みに、
第一種電気工事士:
500kW未満の自家用電気工作物(中小工場、ビル、高圧受電の商店等)(ネオン工事及び非常用予備発電装置工事を除く)および一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)

第二種電気工事士:
一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)

投稿日時 - 2018-11-20 14:26:22

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:08:21

ANo.2

本当に好きなことでないと長続きもしないし、技能が身に付きません。一つの考え方として、機械いじりが好きなら現場で働いて毎日の仕事をやっている中で必要だと思うようになった資格を勉強したらどうでしょうか。大切なのは資格ではなく仕事に対する興味だと思います。

投稿日時 - 2018-11-20 13:53:59

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:08:41

ANo.1

 
資格があれば就職に有利と考えるのは大間違い。
そんな数カ月や半年勉強して取れるような資格が必要なら社員に取らせる。
資格の勉強をする時間があるなら就職活動しましょう。
 

投稿日時 - 2018-11-20 13:51:00

お礼

回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-01-06 09:06:41

あなたにオススメの質問