こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本政府が来年、消費税を8%から10%に引き上げる

日本政府が来年、消費税を8%から10%に引き上げるとのことですが、その差である2%のうち1%は、実は現金に関連したコストに充てられるのはご存知でしょうか?
現金は、発行と輸送にかかるコストが莫大だけでなく、ATMの維持にもバカになりません。完全キャッシュレス化になれば、これらのコストが一切かかりません。
停電で使えないというリスクは、モバイル機器で対応できます。

それでも、消費税10%に引き上げると日本政府は決断しているのですが、その決断を促したのは、現金主義者全員です。

これについて、皆様はどう思われますか?

ちなみに自分は、キャッシュレス派です。

投稿日時 - 2018-11-17 06:50:48

QNo.9558724

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> ご存知でしょうか?

 存じません。

 「発行と輸送にかかるコストが莫大だけでなく、ATMの維持にもバカにならない」という状況は、消費税8%の今だって、ほとんど今と同じ額かかっているだろうと思いますよ。

 例えば、1000万円の現金を運ぶのと、1100万円運ぶのとでは、どれくらい発行と輸送コスト増えるのでしょうか? 日本の札は、世界的に見れば高品質で価格は高いですが、1枚刷るのに1万円かかるわけではありません。

 なぜ、消費税が8%から10%になると差額の2%の半分の1%が、突然印刷料や運送費などに上乗せされるのか、理解できません。理解できないだけではなく、1%も、今より増えるとは思えません。

 くわえて、1万歩くらい譲って「発行と輸送にかかるコスト」や「ATMの維持費」があがるとしても、上がった分はそれに携わる人の収入になります。収入に貢献するのです。この世から消滅するわけではないのです。

 まったくの「無駄」と考えるようなご意見には賛成できません。

> その決断を促したのは、現金主義者全員です。

 現金主義者全員が改宗してキャッシュレス派になれば、消費税は8%のままになるかのように言う考え方も間違いです。

 その理屈なら、キャッシュレス派が増えているんですから、消費税率は下がるはずです。キャシュレス派が増えているのに消費税率が上がるのは理屈にあいません。

 消費税率3%の時代より、今はキャッシュレス派が減っているのですか?

 消費税を10%にしなくては、という決断を促したのは、例えば生活保護などの福祉費用などなどの、「支出の増大」です。支出の増大を止めれば、消費税を上げる必要はありません。

 あるいは、「消費税を25%にすべきだ」というIMFだったかな、海外からの余計なお世話、圧力の増大です。働かない(内戦などばかりやっている)国々、その国民に援助をするのを止めれば、消費税を上げる必要はなくなります。

 もちろん、社会福祉をやめたり、貧しい国々を援助するのを止めることが良いことだとは思いませんが、事実として、支出を絞れば、収入を増やす必要性はへります。

 キャシュレス化すれば、そういう支出が無くなるのでしょうか?

> これについて、皆様はどう思われますか?

 的外れのご意見のように思いました。

投稿日時 - 2018-11-17 16:15:14

お礼

すごい説得力ありがとうございます。ベストアンサーに選ばせていただきますm(_ _)m

投稿日時 - 2018-11-17 18:32:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

10%のほうが計算しやすくていいや。

投稿日時 - 2018-11-17 10:50:38

お礼

なるほど!

投稿日時 - 2018-11-17 11:40:43

根も葉もない作り話だと思います。

投稿日時 - 2018-11-17 10:02:34

お礼

じゃあ聞いてみて。日本政府や税務署などに

投稿日時 - 2018-11-17 10:27:36

ANo.3

私は現金主義ですが、世界の流れはキャッシュレスになっています。
キャッシュレスが嫌いな理由は、カードが偽造される可能性、
個人データが収集されるなどがあるからです。

特に投資を行っている人間としては、どちらも最も警戒が必要な
ものなので、現金主義は変わらないと思います。
コストに関しては、他に何十倍もの無駄な歳出があります。

投稿日時 - 2018-11-17 09:52:43

お礼

>キャッシュレスが嫌いな理由は、カードが偽造される可能性、
・データの基がなければ捏造はできませんよ。できるとすれば、クレジットカードを受け取る店員とか、クレジットカードを盗んだ人とか…。

>個人データが収集されるなどがあるからです。
・別に良いのでは?犯罪などやましいことしていないのでしょ?

投稿日時 - 2018-11-17 10:30:31

ANo.2

<モバイル機器で対応できます
貧乏人がスマホ持っているのかな、根拠示さないと意味ありませんよ。

<停電で使えないというリスクは、モバイル機器で対応できます
機器なら優遇するというのは、富裕層は特別待遇しますよといっているような
もんですよ、特定の地域に地震きたぐらいで北海道全域が停電になったこと
知らないのでしょうか、停電になればライフラインは使えなくなりますよ
災害に弱いことは明白です。

投稿日時 - 2018-11-17 08:55:52

補足

私が言っているモバイル機器とは、スマートフォンではなく、純粋なるクレジットカード決済機器です。

自分は北海道に住んでいるけど、全域が停電になったけど、モバイル機器を利用したクレジットカード決済機器は使用できましたよ。

加えて、各中継機にそれぞれソーラーパネルが設置しています。

投稿日時 - 2018-11-17 10:33:21

ANo.1

>停電で使えないというリスクは、モバイル機器で対応できます。

出来ませんよ。
モバイルの基地局の電源が止まった時、モバイルは使えなくなります。

東日本大震災では、多くの無線基地局も停止や、破損、倒壊して、通信ができない状態が長い間続いていました。

また、あの時までは、3Gの音声とデータ通信は別のものでしたので、まだ良かったですが、4G以降は、音声とデータは同じ扱いになりますので、災害時には、非常に輻輳が激しくなり、データ通信も行いにくくなることがわかっています。
そこに、決済データなどを載せても、通信エラーなどが頻発して、非常に決済のための時間がかかるようになるか、エラーとして終わる可能性が多くなるでしょうね。


キャッシュレス化で一番喜ぶのは、キャッシュレスのシステムを運用している会社です。

クレジットカードであれば、クレジットカード利用手数料としての利益になりますし、
プリペイド型の場合は、先にお金を預けていますから、その預けられたお金が運用でき、その運用益でも、発行会社は儲けることができ、さらに、そのプリペイドカード会社の中で使われるということで、顧客の囲い込みだけでなく、利用手数料も得ることができます。

お店としてはキャッシュレス化に伴う運用経費は、販売単価に上乗せする事になり、結果として、利用者がその利用料を付加された価格を払うしかなくなりますけどね。

そういう儲けがあるから、流通、交通系が率先してキャッシュレス化をしたがっているわけなんですけどね。

投稿日時 - 2018-11-17 07:16:09

補足

>モバイルの基地局の電源が止まった時、モバイルは使えなくなります。
・今はソーラーパネル設置や蓄電池設置などで改善されています。東日本大震災?過去の震災はどうでもいいです。過去より前に進め。でなければ、ただの古い人間です。

>キャッシュレス化で一番喜ぶのは、キャッシュレスのシステムを運用している会社です。
・ATMの維持費に苦しんでいる会社があることを忘れないでください。それを知らない人は、ただの愚か者としか言いようがありません。

>お店としてはキャッシュレス化に伴う運用経費は、販売単価に上乗せする事になり、結果として、利用者がその利用料を付加された価格を払うしかなくなりますけどね。
・それは立派な加盟店契約違反ですよ。

>そういう儲けがあるから、流通、交通系が率先してキャッシュレス化をしたがっているわけなんですけどね。
・儲けてもらわなければキャッシュレスの維持ができません。ATMも言えるでしょう。

現金あったほうがいいと思っている人の多くが、横領、脱税、汚職、恐喝、強盗など犯罪に手を染めています。そこに1億円があれば、誰だって奪いに行くでしょう。そういうもんなんですよ、人間っていうのは…。
もう一方、現金にかかるコストですね。あなたはそれを見ていない、だから現金にかかるコストについて回答に触れていないでしょう。

投稿日時 - 2018-11-17 10:42:11

あなたにオススメの質問