こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ワードの「テキストボックス」と写真・図形

ワードの文書の中で「jpeg形式で保存した写真とか図形の画像ファイル」を扱う場合の方法として、
(1)「jpeg形式で保存した写真とか図形の画像ファイル」をコピーしてワードの文書の中に貼り付ける方法と、
(2)予めワード文書の中にテキストボックスを挿入しておいて、そのテキストボックスの中に「jpeg形式で保存した写真とか図形の画像ファイル」のコピーを貼り付けるか、又はそのテキストボックスの中に「jpeg形式で保存した写真とか図形の画像ファイル」を挿入する方法と、
の2つの方法があると思います。
いずれの方法でも、文字の回り込み、画像の縮小拡大、画像の移動などは可能です。
(2)は、多くの人は使わないと思いますが、私は、何故か、今まで、結構、使っていました。(2)の方法の場合、テキストボックスの外枠は、消すようにします。
確かに、(2)の方法では、テキストボックスを挿入したり、テキストボックスの外枠を消す手間が発生するので、煩雑になります。
(1)の方法の方が煩雑ではなく良いのかもしれませんが、私は、なんとなく、煩雑ですが(2)の方法による方が安心感があります。
(1)の方法よりも(2)の方法の方が優れている部分はあるでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-31 00:58:19

QNo.9553024

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Word2013です

テキストボックスを使うと、便利なことが時々あります。
例えば図形をいくつも使ってイラスト的な地図を作ったりや、写真とその説明文をセットで配置するとかの場合です。

これらをテキストボックス内に作っておくと、文章の作成や編集にともなって配置や傾きを変えたりするのが、とても簡単に行えます。

ただ残念なのは、テキストボックスの中にテキストボックスを配置できないことです。

投稿日時 - 2018-10-31 17:11:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

昔のバージョンでは行ったことがありますが、最近の新しい形式に変わった2010以降のバージョンではオブジェクト要素が増えるだけで、あまりメリットは無いと思います。

テキストボックス内に配置した画像は、文字列の折り返しが行内に固定されるので、テキストボックス内に挿入しても意味が無いことと、テキストボックスと画像はグループ化ができ、グループ化の状態でも画像編集可能で、文字列の折り返しも設定できるからです。
メリットとしては、テキストボックスに文字もある場合は、画像と一緒に移動できることです。

テキストボックスと画像が各1個の単純な内容の文書を保存した場合のファイルサイズを比較してみると、Word 2016 による結果ですが
(1)テキストボックスと画像を単独に作成 28KB
(2)テキストボックス内に画像を挿入で作成 52KB
(3)テキストボックスと画像をグループ化で作成 124KB
という結果でした。
テキストボックスの文字は10文字、jpeg画像は11.8KBと小さなデータですが、実際の文書ファイルでは大きな差になってくると思います。

投稿日時 - 2018-10-31 23:38:17

ANo.1

(1)の方法よりも(2)の方法の方が優れている部分はないと思います。

投稿日時 - 2018-10-31 13:04:39

あなたにオススメの質問