こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遡って国保に入った場合の過去の医療費

今は夫の扶養に入ってますが、月額の規定額を超えてしまい、今審査中ですが2年前位まで遡って取り消しになりそうです。
またすぐに元の扶養には戻してもらえると思います。

大分病院に通っており、全額返金が重くのしかかります。

Q&Aでは「国保に入りなおせば、全額役所に返金される」と書いてあるのをみかけ安心してたのですが、市町村のHPでは「申請日以前の医療費は払いません」と書いてある所がほとんどです。

ちなみに自分の住んでる区は「返金されない場合もあります」と書いてあります。

自業自得ですが、医療費全額返金で、区に負担してもらえないのはしょうがありませんが、2年間の国保料を払うのは・・・。



実際は返金されないとみていいのでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-23 10:11:11

QNo.9550458

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>実際は返金されないとみていいのでしょうか?

これは、【市町村単位】でルールが異なりますので、面倒でも【お住まいの市町村】の(国保の)窓口で確認する必要があります。

なぜ、市町村ごとに違うのかといいますと、「国民健康保険(国保)」は、「国民健康保険法」(および「国民健康保険法施行令」などの政令)と【各市町村が独自に定める】【条例(や規則)】でルールが決められているからです。

(参考)

『被扶養者資格が遡及して取り消された(10)療養費支給申請の遡及(2012/08/07)|【損しない道】給与担当者の会社では言えないホントの話とリスク回避技術』
http://ameblo.jp/personnelandlabor/entry-11323483216.html
※古い記事ですが、基本的には今も同じです。
---
『条例・規則について|昭島市』
http://www.city.akishima.lg.jp/s008/010/020/020/20140905204850.html



以下は参考情報です。不要であれば読み飛ばしてください。



*****
◯国保の「保険料」と「保険税」の違いについて

「保険料」は、「国民健康保険法」にもとづいて賦課(ふか)されますが、「保険税」は「地方税法」にもとづいて賦課されます。

※「賦課」は「課税」と同じような意味です。

どちらの方式を採用するかは、各市町村の判断にまかされています。

どちらであっても、賦課(決定)方法はほぼ同じなのですが、保険税のほうが「時効」にかかるまでの期間が長いので、「保険税」を採用する市町村が多いです。

たとえば、「保険料」は、遡って賦課できる期間が2年ですが、「保険税」は3年です。これを遡及(そきゅう)賦課と言います。

また、賦課決定後に【滞納】した場合に、(市町村側で差し押さえなどをしないままにしておくと)「保険料」は2年で時効にかかりますが、「保険税」は5年です。

※「保険税」の減額賦課は5年です。

(参考)

『[PDF]よくある質問(国保税Q&A)|男鹿市』
http://www.city.oga.akita.jp/index.cfm/13,9022,c,html/9022/20140526-120344.pdf
>賦課額
>Q 過去の分に遡って何通も納税通知書が届いたけれどどうして?(4ページ目)

---
「遡及賦課」にしても、「滞納保険料・税の徴収」にしても、「最大で2年(3年、5年)遡れる」というだけですから、実際にどこまで遡るかは【各市町村が定める条例】や【現場の判断】によって変わります。

ちなみに「現場の判断」といっても、法令(条例や規則を含む)を踏まえての判断になりますし、その判断も最終的には「市(町村)長」の責任になりますから、自ずと限界があります。

また、「あの人(世帯)はよくて、なんでうちはダメなんだ!」とならないよう【他の住民との公平性】も重視されます。(むろん、「療養費(りょうようひ)の支給」や「保険料・税の減免」などについても同様です。)

なお、「療養費」は、原則として「やむを得ない理由」や「特定の理由」がある場合にのみ支給される保険給付です。

(参考)

『療養費とは|[保険]医療保険・年金保険等』
http://kokuho.k-solution.info/2006/05/_1_36.html
『国民健康保険―保険料が安くなる制度―概要・概略・全体像|[保険]医療保険・年金保険等』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/post_7.html


*****
◯平成30年度の「国保制度改革」について

平成30年4月から、国保が【都道府県と市町村との共同運営】に変わりました。

ただし、住民の窓口となるのは、これまで通り「市町村の国保の窓口」で、保険料・税の決定(徴収)も原則として各市町村が行うことになります。

(参考)

『国民健康保険制度における改革について|厚生労働省』
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokenseido_kaikaku.html
『保険者と被保険者|富山県』
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1200/kj00000038-001-01.html

※「国保」には「市町村国保」と「組合国保」の2種類があります。「組合国保」は【市町村ではなく】「◯◯国保組合」が運営している国保で、特定の職業に就いている人のみが加入できる国保です。

投稿日時 - 2018-10-23 14:03:16

お礼

詳しくありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-24 10:01:50

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

国民健康保険料の時効は2年で、保険税の時効は5年です。一度に払う必要はないので、市役所と相談して分割にして納めるようにしたら如何ですか。国民健康保険は各市町村が運営していますので、返金については各市町村の規定に基づくもとと思いますので、ここでは答えられないと思います。

投稿日時 - 2018-10-23 10:51:44

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-24 10:01:12

あなたにオススメの質問