こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ステレオスピーカの音をものすごく良くする方法かな?

少し厚手のタオルも丸めて頭から耳の前を通してあごに結ぶか洗濯ばさみ固定すると、
生演奏のような音が聞こえるけどどうでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-22 08:58:48

QNo.9550128

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ハイレゾ

投稿日時 - 2018-10-22 10:18:25

補足

条件が良ければ、澄んだ楽器の音色と奥行きある響きと録音会場の反響音まで聞き分けられる高解像度の生に近い音の場を再現できると考えます。
実際にはオーディオマニアには評価が低かったようですが、高級スピーカほど音が作られていることもあり、彼らは恐らくきっちりスピーカそのものから好みの音が出ることを期待しているか、部屋の反響を含めた心地良い音を期待しているのかもしれません。
生演奏をいつも聞いている人でないと、生演奏の音の質がどのような物かよくわからない様で残念に思います。

投稿日時 - 2018-11-06 08:36:13

お礼

感想ありがとうございます。
私もそう思いました。

投稿日時 - 2018-10-22 12:17:31

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

再び iBook-2001 です♪

また、ちょっと実験してみましたぁ。
古くて使っていないヘッドホン、昔のカセットウォークマンに付属していたようなタイプで、耳あてのスポンジがなすでにない物を、その部分に小さいタオル?(布巾かな?)を巻き付けて、耳の手前、頬骨のあたりに。。。。

おや?聞こえ方がご質問者様オリジナル方式とはかなり違うぞ??

という事で、再び普通のタオルを。。。この違いはなんだろ??

数回試してみながら気が付いたのですが、あごの下で軽く固定。というのが結構影響しているのではないか?と、個人的には思うんですけれど、、いかがでしょうかねぇ?
(まぁ、聞こえ方の違いとして、注目している部分が違うと、感じ方なども大きく違ってしまうのでしょうけれど。。。)

ついでに、ねじりハチマキ状にしてギュ”!っと締め付けると、これもまた音の印象が、、(これは、気持ち、締め付けのストレスとかからの感覚判断とかかもしれませんかねぇ。)

ついでに、スピーカー側の細工はどうだろ?って思い、90cm×30cmの板をスピーカーの側面(左右の内側)に立ててみたのですが、手抜きの吸音材をぶら下げただけでは。やはり「板の反射音」とか、「板振動」などの影響が大きいように感じたので、これは失敗(笑)

以上、ちょいとした実験の報告でしたぁ~(汗)

投稿日時 - 2018-10-24 17:45:59

お礼

時間を割いて実験ありがとうございます。古いヘッドホンを耳の前に置く方法は何年も前に実験しました。
定位が頭内定位より少し前になるだけで大きい効果はなかったようです。
これには平面波か球面波かということが関係しているようで、耳はこの波形をかなり敏感に聞き分けているようです。
通常のヘッドホンでは平面波は出ていないようです。
以前にソニーから耳の前に装着するイヤースピーカーが出ていましたが評判は良くなかったようであまり売れず消滅しました。

投稿日時 - 2018-10-24 18:17:12

ANo.12

再び iBook-2001 です♪
捕捉をいただき、ありがとうございます。
『考え方は全く逆で左右のスピーカの音だけを直接、また左右の音を混ぜることなく聞こうとしています。』
なるほど。 了解いたしました。

この方向でしたら、過去の私の実験としては、左右のスピーカーを真横に頭に向けて置く。ということを試したことがあります。
この方法で、どのような変化があったか、、、う~~~ん、全然思い出せません。。。逆に言えば、特に強い印象が無かったのかな??
(おそらく、中学生の頃だったかもしれませんが。。。。)

さて、スピーカーから出た音が空間合成されずに、、、という範囲では、昔のオーディオ誌に、スピーカー付近から顔の近くまで衝立で左右を仕切って。という実験報告記事がありました。記憶もかなりあいまいなのですが、確か「江川氏」だったように思います。

音の感じが変わる。とうのは確かなようですが、顔の前まで衝立があるのは、どうも気分的には。。。という結論だったように記憶しています。(かなり曖昧ですけれど。。苦笑)

なお、私は中学の頃、吹奏楽部でしたので背中にドラムセットかスネア、右にトランペット族、そんな場所でほかの人の音を聞いていましたねぇ。
オーディオと生音は別物、という感じで割り切って感じていたような気もします。
(吹奏楽部より前に、ラジカセでいろいろな音を録音したり、スピーカー工作などで音の違いなどを楽しんでいましたし。)

投稿日時 - 2018-10-23 17:33:34

補足

左右のスピーカーを真横に頭に向けて置くと頭内定位となるようです。
この視聴はオーディオと生音は別物という常識を覆す可能性を持った、聴覚を基本から見直した1つの解決手段となっています。
協力頂けると非常に助かります。

投稿日時 - 2018-10-23 18:11:09

ANo.11

きっとスピーカーからの直接的な音が阻害され
反響音を含む音が多くなり、さらに指向性の高い高域も落ちる・・・
その結果でしょう。
スピーカーの音が良くはならないがPCなんかで音響のエフェクトをかけるのを
タオルで再現したみたいな感じでしょうね。

スピーカーとアンプの良い組み合わせだとまるで目の前で歌っているような臨場感が味わえます。
私はコチラのほうが好みですね。

投稿日時 - 2018-10-23 15:32:29

補足

すみません、直接音が阻害されて高音域が聞こえないなら、タオルを前にずらして直接音が耳に入るようにしてくださいと前のコメントに書いたのですが、どうでしょうか?
録音条件がよければ、歌手の声はスピーカより前に定位し後方にバック演奏が広がると思います。

投稿日時 - 2018-10-23 18:03:23

お礼

試聴ありがとうございます。
この方法も臨場感という点からも、歌手の声は手前に定位し後方にバック演奏、さらに録音会場の反響音が聞き分けられ決して劣らないと思ったのですが。
オーディオは好みですから現状のほうが良ければ仕方ありません。

投稿日時 - 2018-10-25 17:22:32

ANo.10

2回目…………

私には合わない………と書いた理由はもう1つ有り、この方法を使うなら密閉式のヘッドフォンの方が感触が良かった……………

個人的に、この様な物を必要としないのも理由です。

主様の考えに賛同は無理かな………考えが違うのでm(__)m

投稿日時 - 2018-10-23 14:51:12

お礼

回答ありがとうございます。
この様な物を必要としないということであれば、ごもっともです。
私はスピーカの音に非常に疑問を持っているので色んなことを試みているわけです。
どうしてスピーカーの音は生演奏の楽器の音色を再生できないのか。
生演奏の場合オーケストラの各パートの音は当たり前のように聞き分けられるのに、どんなに高級スピーカーでも音が重なって非常に聞き分け難い等です。

投稿日時 - 2018-10-25 15:53:40

ANo.9

私は逆効果…………

個人的に音が引っ込んだ感じになりました………

理由は分からんが、わたしには合わない(-。-;)

投稿日時 - 2018-10-23 12:08:54

お礼

回答ありがとうございます。
確かに音が引っ込んだ感じ(スピーカより後方の定位する)になる場合もあると思います。
これは録音条件によって大きく変わる様です。
できましたら色んな音源で視聴して頂けると有難いです。

投稿日時 - 2018-10-23 13:33:09

ANo.8

はじめまして♪

私も、このような実験経験はありませんでしたねぇ。

考え方からしますと、スピーカーからの直接音よりも、室内反射音をより優先的に聴く。という感じかな???

と、いう事で、John_Papa様と同じように実験してみましたぁ。
なるほど、感じ的には同じと思われますねぇ。

昔、スピーカーからの直接音よりも、室内反射音を優先的に聴いてみよう。という実験経験があります。(まぁ、発端は後ろ向きのユニットが多かった、BOSEのすぴかーをまねてみた。というのが本音ですけれど。)

私の実験は、スピーカーをkなり手前に引き出して、中央に、斜め後ろ向きにセット。
かなっり似たような感じだったようにも思いますが、センター定位の不安定感はもっと少なかったような、、、(と言っても、もうウン十年前の記憶なので、どうだかなぁ。苦笑)

これはコレで面白いのですから、楽しめば良い。と思います。

ただ、残念ながら、スピーカーから出る音が「よくなる」という事ではありませんけれど。。。

投稿日時 - 2018-10-22 17:10:22

補足

考え方は全く逆で左右のスピーカの音だけを直接、また左右の音を混ぜることなく聞こうとしています。
そうすると何が起きるのか?

投稿日時 - 2018-10-22 18:08:28

お礼

検討ありがとうございます。
高音域が聞こえなくなるのであればスピーカの音が耳に直接入っていないので、タオルの位置が耳に近過ぎますので前にずらして、高音域まで延びるように位置を調整してください。
通常の聞き方と比較して、高音域のレベルが少し下がるのは仕方ないです。

投稿日時 - 2018-10-22 19:33:20

ANo.7

こんにちは

やってみました。
おもしろい気付き(発見)でしたね。

私の場合、残念な事に
 センター定位が若干ズレる
 定位が左・中央・右何れかの3点に集まる傾向
 首を動かすと定位がふら付く
 音質は精彩さが薄れる(解像度がボヤケ緊張感が失せる)
等、大幅なグレードダウンになりました。
ま、スピーカーの後ろにかなり広い吸音性の空間があるモニター環境ということも影響しているのでしょう。

基本的には、ハース効果(←要検索)という非常に不思議な脳内音響処理において、「最も早く耳に到達する直接音を弱め、反射音を第一到達音に置き換えるとどう聴こえるか」という実験になっていると推測します。
つまり、発音源が見えない物陰から音を聞く時のような状態ですね。
(音量に差を付けてハース効果を打ち消すことも可能です。タオルなので第一到達音を弱めた状態という方が正しいと思います)
コンサート会場の都合によっては、そのような環境で聞くしかできない場合も有ります。
ステレオ録音には、人工的に作られる場合も多いですが、楽器同士の位置関係を再現する情報(左右時間差・位相ズレ・音色変化・会場の反射音など)が入っています。
それらをできるだけ正確に再現してみたいですが、現在の工業技術でもまだ理想に遠いのが実情です。そこで居直って好みの美味な味付けを楽しもうというのがオーディオではないかと思います。
この度の実験では、成果が部屋環境に大きく左右されることでしょう。だれでもどこでも同じ結果にはなりません。
音源に入っている空間情報が薄められ、ご自身の部屋の空間情報が多くブレンドされて聞こえる。するとあたかもご自分の部屋で楽器が演奏されて、それにコンサートホールがくっ付いているような感じを受けるのではないかと推測します。それなら40年前に私も経験してます。今でも、ドアを開けてとなりの部屋で聞けばスピーカーを置いている部屋で演奏されているような感覚を味わう事ができます。

否定的回答に感じられたかもしれませんが、このように、ご自身の愛せる音を求められるご様子を窺い知ることは微笑ましく、傍観者でしかない者にとっても嬉しいことです。

投稿日時 - 2018-10-22 14:23:22

補足

残念な結果のようですが、ハース効果は全く考えていません。
できればデッドな部屋(理想的には無饗室)でスピーカの位置が左右各45度か少し狭い角度でかなり近付いて、左右それぞれのスピーカの音が直接耳に入る状態で聞いて頂くことが効果が大きくなると思います。
解像度は圧倒的に高くなりオーケストラの1つ1つのパートの音を目の前の生演奏のように容易に聞き分けられるようです。
昔ちょとだけオーケストラ部にいました。

投稿日時 - 2018-10-22 16:03:07

お礼

試聴ありがとうございました。
オーディオの常識と間逆なことをやっているので、専門化に受け入れられないのは仕方ないでしょう。

投稿日時 - 2018-10-25 17:30:02

ANo.6

貴方は難聴ですか?でも写真を見ると耳には何もしていませんね?
私は難聴です、高い金を掛けて色々補聴器など買いましたが雑音ばかり大きくなり
何の役も立ちません、一人か二人相手にならば普段何の不便もありませんが
大人数相手だともう何を言っているのかさっぱりわかりません、と言うのが私の状態ですが
良く耳の遠い人が、何かを聞き取ろうとするときに耳たぶの後ろに掌を添えて
言って見れば猫やウサギのように耳を大きくした格好にしますが
あれはすごく良く、ステレオなどの高音などもはっきり聞こえます
そう言う商品はないかと探したがなくて、色々探し数世紀前の絵画の中に
老女が椅子に座り、両耳に茶碗を半分にした様な物を耳に着けている絵を見て
ああこれだとばかり、百均で色々なものを買い試しましたが陶器、金属、全てだめ、
やはり掌が一番良くて、似たものをと探していたらシリコン製の楕円形の玉杓子
を見つけ、それに古くなって使わなくなったヘッドフォンの頭部分を取り付け
玉杓子を両方へ広げてはだめで、前方へ向かって数センチ開くようにして
耳にかぶせて使うと、本当に若かった頃に聞いたと同じように高音から低音まで
はっきりと聞こえるようになりました。
今もってなぜその様なものが売れていないのかが不思議でなりません、
質問者さんの写真を見て、私の言う事とは全く違う事ではないかとは思います
質問者さんの写真を見る限り、三叉神経、又は頬の筋肉あたりに何か問題がある様な気もしますが?

投稿日時 - 2018-10-22 12:43:12

補足

私は難聴ではないようで若いときと同じようにテレビのボリュームをかなり下げて問題なく聞こえますし、耳には補聴器は付けていません。
この聞き方では左右の音が交じり合わないので、大人数相手だと何を言っているのかさっぱりわからない人でも、聞きやすくなるかもしれませんからやってみてください。

投稿日時 - 2018-10-22 13:14:17

お礼

確かに通常の聞き易くする方法と正反対かも知れません。
私の個人的な推測ですが騒音の中で聞き取れない、という難聴は実はオーディオ機器やヘッドホンを使って長期間音楽等を聴いていた結果、聴覚が特定の位置に焦点を合わせることがきなくなった可能性があります。
スピーカーやヘッドホンの音は生の音と左右の音の位相の違いがあり左右、遠近の認識を狂わせる恐れがあると思うのですがそんな状況が過去にありませんでしたか?

投稿日時 - 2018-10-25 17:43:11

ANo.5

錯覚です。もしくは気のせいです。

投稿日時 - 2018-10-22 12:00:53

お礼

そうかなー?
随分違う音の様だけど。そういうこともあるかも。
テストありがとうございます。

投稿日時 - 2018-10-22 12:19:48

初めて見聞した,ふしぎな工夫です(笑)。

スピーカからの直接音が弱められ,部屋の中での反響音がよく聞こえるはずだと思います。だから,比較的小さなホールで「わんわん」と反響している生演奏のように聞こえるのかもしれません。そのような音が好きなら,他人がとやかく言う筋合いのはなしではないでしょう。

実は私もBGMふうに聴くときは,モノラルで室内の反響音にたよることがよくあります。アンプやスピーカを1個しか作る資材がないとか,試作品のときは,モノラル再生にならざるをえません。

いっぽう,試聴のために直接音をよく聴きたいときは,てのひらを耳の後ろに広げて,耳たぶ面積を拡大します。

投稿日時 - 2018-10-22 11:42:29

補足

なるほどなるほど
デッドな部屋やスピーカに近い所で聞くとどうでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-22 12:11:30

お礼

私の環境は非常にデッドで反響音はほとんど聞こえませんが、前方に録音会場の環境音が広がります。
試聴ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-10-25 17:46:45

ANo.3

高音域はカットされるでしょうが、自分で良い音と感じるならそれで良いでしょう。

投稿日時 - 2018-10-22 10:56:54

お礼

さっそく実験してくださってありがとうございます。
そうします。
あまりにもものすごい音なので本物か確認したかっただけです。
タオルではかっこ悪いので、太いモミアゲのようにかっこ良く作って売り出すと売れないかななんて思ったもので。

投稿日時 - 2018-10-22 12:16:13

ANo.1

元の音があまりに悪すぎて、タオルに雑音が吸収されて良いように聞こえるだけでは?

投稿日時 - 2018-10-22 09:26:17

補足

早速実験してくださってありがとうございます。
なるほど確かに高音域は落ちるけど、一方のスピーカの音は直接耳に入るようにタオルを少し前に移動するするとどうでしょうか?
それなりに高音域も綺麗に延びて耳に付く感じがなく良く聞こえると思うんですが?

投稿日時 - 2018-10-22 11:43:24

あなたにオススメの質問