こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

軽減税率の種目の分類はなぜ細かいのか

消費税が10%になるに伴い、軽減税率が導入される。
しかし、なぜ8%と10%の区分けが複雑なんでしょうか。
なぜ、わざわざ複雑にしなければならないのでしょうか。
(お店で食べれば贅沢、持ち帰れば贅沢ではないというような説明ではなく)
なにかの法律の縛りがあって細かくなってしまうのですか。
報道番組、ワイドショーを見ていてもそういう説明は聞いたことありません。
ネットでその辺のことを説明いているサイトはありますか。
ネットにないにしても、複雑にせざる得ない理由をご存知の方いらっしゃいますか。

投稿日時 - 2018-10-18 17:26:42

QNo.9548952

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

「複雑にせざるを得ない」のではなくて、「複雑にした」のです。

税収が必要だかから消費税を増税する。ある意味、普通のことでしょう。

で、連立政権の公明党が「弱者の生活を守るためにも、食料品ぐらいは8%据え置きになるよう頑張ります」と公約したのですね。

食料品を8%に据え置くために、
(1)税率が2段階になった
(2)何を食料品とするか、線引きが必要になった
ということです。

何かの法律の縛り、ではなく、消費税法を改正する(10%にする)にあたって、例外を作ろう・・・ということです。

でも、金持ちの方が食料品にもお金を使うから、軽減税率の恩恵を余計に受けるんですけどね。

投稿日時 - 2018-10-19 01:02:29

お礼

ありがとうございます。
複雑にしちゃったわけですね。
たった2%の増だけど、1000円のものを買うのに1100円払うのは気持ち的に痛いです。
イートイン、イートアウトで違うのはやり過ぎでしょ。公明党が言ったからって役人は考えろよといいたくなります。
よく行くある大手スーパーは専用カードを提示すると3%引いてくれます。(酒類は除く)
ただでさえ他より安いのに3%引きは大きいです。まとめ買いは必ずこのスーパーを使います。
ガソリンを1リッター使う距離でちょっと遠いけど、それでもお得です。
10になったら必ずこのスーパーに行くしかないかな。

投稿日時 - 2018-10-24 16:34:49

補足です。政府の施策では最低資産2%還元が国民あたり1食200円で、3食なら600円です。その全体パーセンテージから、引いた分が月額上限4,000円なので(そんなエンゲル係数低い家庭など無い。)補助と言う形が軽減税らしいです。勿論、水道や交通費などは適用されずまた切符高騰となり価格変更です。ふつうの先進国スエーデンは高い税率ですが、かなりの福祉国家で識られています。今の段階では借金の痛み分けにしかならない。

投稿日時 - 2018-10-19 00:37:09

お礼

再びありがとうございます。
そうそう、水道代が10はバカみたいですね。飲むだけではなく風呂にも散水にも使うから10だなんて。

投稿日時 - 2018-10-24 16:24:21

これは一口では説明しにくいのですが、
税の均等配分と所得格差で、最低所得の低所得者家庭救済の為設定された物です。
なのでより、手が入っていない物、不必要な加工がされていないことが条件になります。またそれをキャッシュレス推奨に疑問ですが。食品は、自ずとひつような経費であることから必用最低資産として、条件として現状維持しましょうが、高収入層から反対があり、それなら全員が受けられる範囲で減税しましょうとの政策です。安部さんが経済に疎く竹中さんに丸投げした結果です。麻生さんも経済学部卒なのに、経済に疎く、カップラーメンの値段すら知らないと皆に足を救われてきのどくでした。複雑なのは国民に理解されたくないからです。理解されると反対は目に見えていますからね。

投稿日時 - 2018-10-19 00:24:48

お礼

ありがとうございます。
めんどくさいですね。
消費税が15%くらいになったら、軽減税率を考慮すればいいんじゃないかと思ってきました。

投稿日時 - 2018-10-24 16:22:07

ANo.1

>軽減税率の種目の分類はなぜ細かいのか
軽減税率の対象がそうさせていると思います。
対象は「飲食料品」としたからです。(新聞もありますが)
更に複雑化したのは、導入過程で、高級料亭に軽減税率が適用されると、
低所得者対策にならないと、公明党が「外食」を適用除外にしたことです。
(この辺で検索すると色々出てきます)

これで、飲食料品を買い、そこで食べれば外食、持ち帰ればそうでない、
などとなり、コンビニなどが典型的なケースとしてあげられています。

海外では、この軽減税率は「逆効果」としているようです。

投稿日時 - 2018-10-18 18:05:23

お礼

ありがとうございます。
当初、軽減税率の話しを聞いたとき食卓に上がるようなものは8%で他スーパーにおいてものは10%かなと思っていたので、イートイン、イートアウトのように分けるとは考えてももなかった。
高級料亭は贅沢なんだから内だも外でも10でいいでしょ。コンビニは生鮮食料は8、その他は内でも外でも10。
簡潔にすればいいと思います。
政治家がどう言おうと区分けするのは役人ですよね。
役人はもっとよく考えてほしい。

投稿日時 - 2018-10-24 16:18:28

あなたにオススメの質問