こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

外貨建て個人年金保険

最近は銀行に預けていても低金利なので、外貨建ての個人年金の利率が高く良いと思いましたが、
為替の変動もあり、受け取る20年や30年後には円高か円安かなど予想はつきませんのでかなりハイリスクです。

しかし、日本生命や住友生命の配当金付個人年金でも払戻率は良くて120%ですが、
メットライフ生命の外貨一時払終身保険は金額にもよりますが200%や300%近くにもなります。
現在1ドル115円ほどですが、たとえ30年後に1ドル90円になっていても、300万円預けていたとすれば60万円ほどは年金としてもらえるので、為替交換手数料はかかりますがそれなりの利益はあるかな?と思っています。

しかし、為替や外貨のことなんか何も知らないのに安易に加入するのは不安なので、
ご意見やアドバイスを頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-10-10 08:26:47

QNo.9546097

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

cocoa213様ご返信ありがとうございます。
相続税...よくわかりませんよね!
独身ということであれば、無駄に残す必要はございません。残すのは、葬儀代と整理資金だけで大丈夫かと思いますので、これからのcocoa213様の生活費にどれくらいかかるか?の支出を把握されておくことをお勧めします。

葬儀代と整理資金の目安としては、300~500万円
(銀行口座は、凍結してしまいますので、相続人が、すぐ受け取れる生命保険で相続税控除額500万円/人の非課税枠をご活用下さい。)

まずは、生活できるお金は別枠で管理して、それ以外のお金を今回ご相談された生命保険などへ分散されることをお勧めします。まずは、将来の生活費を確保することを優先なさって下さい。

投稿日時 - 2018-10-24 18:25:54

ANo.11

cocoa213様
ご返信ありがとうございます。
ただ、1000万円など高額を振り込むのはとても怖いです!ということですが、その通りだと思います。私もそう思っておりました。でも、やっておいて良かったと今は思っています。
銀行に100万円預けていても0.001%の金利で1年で10円しかつきません。
ガム1つしか買えません。
インフレ、来年消費税10%、預金税、財産税など導入されれば預金はドンドン目減りしていく時代になります。
国は、個人の資産は守ってくれませんので、円で持っている事の方が今はリスクとなっています。

ご提案頂いているマニュライフの未来を楽しむ終身保険は、ターゲットタイプのようですので、110% or 満期までは最低保証で守られているので安心かと思います。また、現状の資産ですと相続税対策も進めていかなければ、手遅れになる可能性もございます。今は、40代から対策を始めている方も多くいらっしゃいますので、保険をご活用することをお勧めいたします。

現在FPさんから勧めらているということですが、個人的には、問題ないかと思います。ただし、cocoa213様 の大切なお金ですので、金額に関しては、総資産、生活費、目的などわからないので妥当かどうかの判断はできません。

金額に関しては、担当して頂いているFPさんにご相談頂くか、私でもよろしければ、全国どこでもお伺いさせて頂いておりますので、ご相談下さい。

投稿日時 - 2018-10-22 21:40:10

お礼

いつもご丁寧にありがとうございます。
相続税の件は全く考えていませんでした。計算や数字にはまったく弱いので、税金の計算式を見ただけで頭がくらくらします・・・それに、説明文の日本語はとても分かりにくいので理解できません!
資産が4000万だと相続税はどのくらいかかるのですか?
私は独身ですので、残すとなると実弟だけです。弟には子供が2人います。

投稿日時 - 2018-10-23 07:36:05

ANo.10

cocoa213 さん、ありがとうございます。

今銀行定期預金にほったらかしの預金があるとのことですが、まずは、ペイオフの関係から1000万円以下に分散することがよろしいかと思います。
4000万円を銀行に寝かしておいても1年で400円程度の金利でなかなか増えませんよね。
一時払に50% 保険会社を分散して1000万円、1000万円
年払いに50% 保険会社を分散して外貨建て終身1000万円、個人年金1000万円
など分散されることをおすすめします。
通貨、預け入れ先、払方、保険種類を分散することでドルコスト平均法を活用することによりリスクヘッジでき長期になれば収益が見込めます。
その点、マニュライフの個人年金は、円固定で積立ができ最低保証1.5%で過去10年間の平均値で円高になれば多くのドルを買付できるのでドル建てと併用することでどちらに転んでもプラスが見込めるものと思います。
また、ドルで受け取りが可能な商品なら円に変換しなければ増えるので、海外旅行などでそのままドルで使う方法がとれます。

ちなみに林郷様はおいくら預けられてるのですか???
→金額は控えさせていただきますが、ご参考までに
一時払に40%
年払いに60% 
(外貨建て終身20%、変額保険30%、外貨建て個人年金10%)

私のお客様も同じような感じで11月上旬に一時払終身と変額をお預け頂く予定です。ご検討の際はサポートもさせて頂きますのでお問い合わせいただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-10-21 09:43:31

お礼

林郷様

ご丁寧にありがとうございます。
実はマニュライフの「未来を楽しむ終身保険」を薦められました。これは500万円までなら目標110%設定で利益は50万だから所得税は毎回かからないし、冒険できる楽しめる保険だと説明してくれました。

それから、メットライフの「サニーガーデン」も進められ10年間解約しなければ貯蓄性があるのでお奨めとのことでした。
「未来を楽しむ終身保険」に500万、「サニーガーデン」に1000万という割合がいいと説明され、今その気になっています。
為替のリスク、運用費、初期費用なども説明頂きました。
ただ、1000万円など高額を振り込むのはとても怖いです!

林郷様はどう思われますか?

投稿日時 - 2018-10-22 12:12:15

ANo.9

ご返信ありがとうございます。
10.86%は、アクサ生命のユニットリンクです。今月はさらに11.5%まで上昇しています。驚異的な数値でリスクが高いと感じるかもしれませんが、5年の平均値となります。
国内では、異常に思われるかもしれませんが、海外ではそれほど驚くような数字ではございません。スイッチングもできますし、高い数値で安定しているかと思います。
私は、ジブラルタの商品に加入していましたが、払済をして切り替えました。

今後アメリカの動向によりますが、移民を定数増やしていくという観点からも働き手の世代も安定していくと予想されます。一方日本は、少子高齢化が加速することが予想されます。
個人的な見解では、アクサ生命のユニットリンクですが、100円を割ったとしても円固定で円安に振れればドルを多く買い付けできるマニュライフ生命のこだわり年金がいいかと思います。
生命保険料控除の観点からも分散して両方持つというのも一つの方法かと思います。

投稿日時 - 2018-10-14 13:08:17

お礼

ありがとうございます。
利率が11.5%とはすごいですね!
預けるのが怖いです・・・
先日、FPの方にメットライフ生命の外貨終身保険を薦められたのですが、変動型ではなく平均利率が2.5%で、預けてから最初の10年間はその時の利率が保証されているという保険です。
今銀行定期預金にほったらかしの預金が4000万円ほどあるのですが、利率が2.5-3%ほどで20年預けると返礼率が140%くらいになるので、検討中なのです。
為替リスクはかなりあって、怖いですが・・・リーマンショックの時は75円まで落ちたこともありますが、でも1ドル90円になることは可能性としては低いですよね?下がったとしてもまた徐々に回復してきそうなきもしますが・・・

それよりも、4000万円を一気に預けてしまうのが怖いのです。もちろん銀行からメットライフ指定の口座に振り込むのですが、振り込んだとたん4000万円が消えちゃうとか、メットライフの口座が架空口座だったとか、4000万円が振り込んだとたんあっという間に消えてしまうのではないかととても不安です。
FPとしては、4000万円一度に預けるのではなく、500万円からなど分けてする方がいいでしょうか?

ご意見をお聞かせくださいませ。
ちなみに林郷様はおいくら預けられてるのですか???

投稿日時 - 2018-10-15 07:53:12

ANo.8

1.リスク説明について
どちらの相談員に推奨されたのかは存じませんが、保険でも金融商品でも推奨する際には、顧客が確実に理解できるだけのリスク説明が必須です。
しかしこのご質問を拝見する限りではその説明が全くされていない印象ですので、個人的には、保険商品云々よりもこの相談員自体が無責任だと感じました。

2.厚生年金基金について
年金は、3段階で考えるとわかりやすいですね。
第1段階=国民年金、第2段階=厚生年金、第三段階=厚生年金基金(厚生年金にプラスして支払う:もらえる)です。

厚生年金基金では2012年にAIJ投資顧問の年金消失という大きな事件がありましたから、質問者様も聞いた記憶くらいはあるかと思います。
運用や財政が悪化した事業所は厚生労働省の承認を経て次々に解散、解散後の基金については連合会に引き継がれています。

3.>30年後に1ドル90円になっていても
上記の事件を書いていてふと思い出しました、事件の前年2011年の安値1ドル75円台ですよ。
ここ数年ですと、2015年のスイスフランショックも値幅が出ましたし、2016年の英国EU離脱決定で英ポンドが27円幅でドルの値幅は確か8円幅ギリギリいくかいかないかくらいでこちらも値幅が出ています。

たった数ヵ月後の大変動でさえ予測は不可能な為替ですから、数年後~数十年後などの予測はナンセンスですね。
ドルが30年後に150円や70円になっていても全く不思議ではないですから、為替に関する商品を長期保有するのなら、その程度の心構えを持っておくと良いと思います。

4.私感
天災・人災・解散・破綻・合併吸収・各国経済の変化など、期間が長くなるほど予測不能になる=リスクが高いので、投資をする者にとって期間とはリスクを買うものという考えを持つ方は多いものです。
私にとって長期投資の一番のリスクは資金拘束、満期までの期間に欲しい金融商品や株・為替などがあっても取引できないのは残念ですから、長期は保有を忘れていられる程度の余裕資金のみです。

投稿日時 - 2018-10-10 15:41:15

ANo.7

200%や300%なんて法外なリターンを求めるなら、ビットコインでも買っておいたほうがいいんじゃないかって思いますけどね。今ちょうど底値ですし。
「ビットコインを買って200%か300%になることを期待する」っていうと「お前、大丈夫か?」っていわれるのに、銀行や生命保険会社の外貨建て商品で200%や300%になることを期待するのはおかしいって思わないのがおかしい、と思いますがいかがでしょうか。

ネットで誰か上手いことをいっていた人がいたのです。トルコリラやブラジルレアルなどが金利が高いのは要は多重債務者と同じだと。金を貸す側が確実に返ってくると思っているなら(日本円のように)金利は安くなる。貸し倒れのリスクが高いと当然金利は高くないと貸す側だって怖くて貸せない。個人でやっている最終形態が闇金のトイチの借金でしょ、と。いきなり闇金から金を借りる人はいないんですよ。銀行から金を借りる、もう銀行が貸してくれない、だから町金へ行く、そこも貸してくれなくなる、闇金で借りる、となるわけです。
国も同じことです。その国の通貨が信用できないから金利が高くなるのです。

投稿日時 - 2018-10-10 13:10:55

再回答しますね。
私が言いましたのは、厚生年金ではなくて厚生年金基金です。
厚生年金では少ないと思うなら、厚生年金基金で上乗せの年金をもらうことが可能です。
毎月の支払いで良いのでまとめたお金をひつようとしません。

投稿日時 - 2018-10-10 12:30:42

お礼

すみません、勘違いですね。
何の知識もないのですが、厚生年金基金とは月いくらからいくらまで等の決まりはあるのですか?
また、上乗せはどのくらいの利率なのでしょうか?
個人年金保険よりも厚生年金基金の方がお得ですか?

投稿日時 - 2018-10-10 13:05:20

ANo.5

先程回答した者です。
返答ありがとうございます♪
お恥ずかしい話ですが、評価等確認していないのです(汗)
早速確認してみます。

投稿日時 - 2018-10-10 11:14:28

お礼

ありがとうございます!ぜひお聞かせください

投稿日時 - 2018-10-10 11:40:21

ANo.4

少しでも質問者さんの参考になればと思いまして。

私は既婚の37歳です。嫁さんは31歳です。
私の年収は約460万(手取りではない)です。

・保険↓

(1)マニュライフ生命保険株式会社(https://www.manulife.co.jp
無配当外貨建て個人年金保険(積立利率変動型)

(2)アクサ生命保険株式会社(https://www.axa-direct-life.co.jp
ユニット・リンク保険(有期型)

(3)宮崎県民共済生活協同組合・総合保障型+入院保障型

上記の(1)(2)の保険は、知り合いのファイナンシャルプランナーの人にアドバイスをもらい入りました。(3)は元々入っていました。

・投資↓

(1)ウェルスナビ株式会社(https://www.wealthnavi.com/
ロボアドバイザーによる投資一任型の長期の積立投資

(2)株式会社お金のデザインTHEO(https://theo.blue/
ロボアドバイザーによる投資一任型の長期の積立投資

ロボアドバイザーは興味があって自分で色々調べて好奇心で始めました。

・積立貯金

今年の冬ぐらいからは、楽天の楽ラップ(ロボアドバイザーによる投資一任型の長期の積立投資)も始めようかと思っています。

保険も積立投資も積立貯金もしているのはリスクを分散する為で深い意味はありません。ただこれからは銀行にお金を預けるだけでは駄目だと強く感じました。
保険も大切ですが、投資で資産を効率よく増やすことも大切かと思います。

私も為替や外貨については詳しくないので、信頼できるファイナンシャルプランナーの方に相談してみてはどうでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-10 10:12:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
マニュライフ生命のこだわり個人年金に加入しておられるのですね。
私が相談員に1番に勧められたものです。最低でも利率が1.5%保証されている保険ですよね?
実際加入されていて評価はどうですか?早く払込んで寝かせておくと払戻率は上がってくるのですよね?

投稿日時 - 2018-10-10 10:44:14

ANo.3

最大のリスクは為替、
リスクを小さくされたいのであれば、変動の少ないと思われる通貨を選ぶことが重要です。

仰る通りで、長期で考えればドルが下がったとしても日本の保険より利益は出ますし、ドルのまま寝かせておいて、円安になってから返戻金を引き出せば大きな損をすることはないと思いますよ。

投稿日時 - 2018-10-10 09:37:48

お礼

変動の少ないと思われる通貨とは米ドルだけですか?AUSドルはどうでしょうか?
ファイナンシャルプランナーとして、今後20年30年後は日本経済はどうなっているかご意見をお聞かせいただければ幸いです。私はこのままずっと低金利が続き、ますます円高になり解約する30年後には1ドル100円以下になっている不安があります・・・

投稿日時 - 2018-10-10 10:48:24

ANo.2

cocoa213さん
ファイナンシャルプランナーの林郷と申します。

そうですよね!銀行に預けていても低金利の影響で価値は目減りしていく一方ですよね!今の金利のままでは20年後32%程度価値は下がってしまいます。

外貨建て個人年金ならご参考までにマニュライフ生命のこだわり個人年金という商品がございます。最低保証が1.5%となり、現状も3.1%となっています。
積立利率は、平均値を採用するので大きな変動もなく現状3.1%なので最低保証の1.5%を上回ることがわかりますよね。
生命保険控除の年金枠を活用できるので多少ですが、節税にも繋がります。

外貨建て終身保険ならメットライフのドルスマートという商品も最低保証3%。
ジブラルタのドル建て養老保険なら確定の2.75%(変動なし)

ある会社の商品は、最低保証はありませんが、10.86%で周っている商品もございます。
例えば7%平均で積立を2万円づつ40年続けると920万円が5,250万円になる可能性があり、570%となります。
過去40年の実績から見ても同水準で推移しているのでご参考にしていただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-10-10 09:27:31

お礼

林郷様
ご回答ありがとうございます。
10.86%とは恐ろしい数字ですね。どの保険会社ですか?
怖くてこれには手は出せませんが、ちなみに林郷様は預けてらっしゃるのでしょうか?
「マニュライフ生命のこだわり個人年金」と「メットライフのドルスマート」は保険相談員が薦めました。
為替リスクと手数料はかかりますが、10年間で払込むとその後解約しなければだんだん払戻率は上がっていきます。
しかし、今の日本経済を考えると20年30年後にはますます円安になり、解約するころは1ドルが100円くらいまで下がる気がします。
林郷様はどのようにお考えですか?
また、マニュライフ生命のこだわり個人年金とメットライフのドルスマートとジブラルタの中ではどれがお勧めでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-10 10:37:21

ANo.1

働いているなら厚生年金基金、自営なら国民年基金に加入された
方が良いでしょう。
まとめて預けなくてもいいですし、300万円を30年も寝かすのは
全く無意味だと思いますよ。
お金は動かさないと利益は生みません。
最高の方法はご自身で投資の勉強をされて日々利益を上げることでしょうね。
ファイナンシャルプランナーとしていえるのは、今のように高齢化社会に
なるからこそ自分自身を守るすべを心得ておくことですよ。

投稿日時 - 2018-10-10 09:25:25

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
厚生年金には給料明細に記載があったので、働いているなら自動的に入っている保険ですよね?
数字には弱いので投資は無理です・・・それに今から勉強する時間もありません。

失礼ですがファイナンシャルプランナーの方なのでしょうか?
先日保険の相談に来られた方はメットライフ生命のドルスマートを薦めてくれました。
10年間で払込むとそれまでに解約すればかなりの元本割れなのですが、10年を超えると払戻率は100%以上になりその後ずっと上がり続け、65歳に受け取る場合は払戻率が140%ほどになりました。
積立利率なども関わってきますが、最低1.5%は保証され、死亡保障も付いています。
なんだか言いくるめられた気もしますが・・・
ファイナンシャルプランナーとしてはドル建て保険はお薦めされませんか?

投稿日時 - 2018-10-10 10:08:12

あなたにオススメの質問