こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

SSDとeMMCの違い

最近、ノートパソコンを買おうとしたら、eMMCっていう見慣れない文字を発見してビックリしたのですが、少し調べて、SSDと同じような位置付けだと認識しています。

2017年8月に書かれた記事では、格安ノートパソコンは32GのeMMCが使われている事が多いと書かれているのですが、今見ると128Gくらいが主流になっているみたいです。もっとも2万円台のパソコンではないですが。

eMMCは容易に取り外せない、SSDに比べてちょっぴり速度が遅い、などのデメリットがあるみたいですが、今後、eMMCが席巻する時代になるのでしょうか?

eMMCは流行らない、という理由があれば教えてください。

投稿日時 - 2018-09-14 11:03:11

QNo.9537172

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

〉eMMCは流行らない、という理由

個人向けの機器に使う理由はどんどんと減るのかも。
スマホもパソコンも、本体や他の部品が小型化して、外付けメモリの余地も取れないということは減っていくんじゃないかと。

一方で、小型化スレはするほど、拡張性は要らないもの、冷蔵庫に積んだり、スピーカーに積んだりする用途では、まだまだ生き残れるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-09-14 19:01:59

お礼

今は冷蔵庫にメモリが必要な時代なんですね。
何を入れたかを記載して、賞味期限前に教えてくれる、とかですか?
凄い時代だ。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-18 09:52:46

ANo.5

容易に取り外せないというのではなく基盤に半田付けされているので取り外し・交換が不可能なタイプです。
ただ、価格や小型化にメリットがありタブレットや低価格ノート・モバイルノートで使われます。
特にタブレットではこのタイプでないとスペース的に無理になります。
ノートだとある程度のものになると交換できるタイプになってきます。

投稿日時 - 2018-09-14 13:36:29

お礼

イメージとして、外からアクセスできない場所に、そういうカードが刺さっているのかと思ってたのですが、基盤に直付けだったとは。

小型化、価格にメリットがあるのですね。
昔みたいに、パソコンが高価なものではなくなっている今、もうSSDのような取り外し交換が可能なものよりも、ダメになったら買い替えちゃえばいいじゃん、みたいな感覚になっているのかもしれないですね。

古いタイプの人間には、ちょっとついていけないな。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 15:18:25

ANo.4

>今後、eMMCが席巻する時代になるのでしょうか?
下記のような記事もあります。
最新のAndroid端末など高性能スマートフォンを中心に「ストレージがeMMCからUFSに切りかわりつつあります。」
https://gigazine.net/news/20180202-ufs-3-0/

使途によって棲み分けて行くのではないでしょうか。

投稿日時 - 2018-09-14 12:32:44

お礼

USF!!
初めて聞きました。
ほぇー、いろいろなのが出て来てるのですね。
勉強になりました。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 15:13:51

ANo.3

2.5インチのSSDは、
簡単に取り替えられます。
★昔の標準125GBが、今は500GB位。
耐久性と、値段のバランスが良くなってきました。
★500GBで1万2千円程度。
HDDが交換が出来るタイプであれば、ちょい古のパソコンでも使用できます。
★例外は有るかもですが。

投稿日時 - 2018-09-14 12:18:16

お礼

はい、私のパソコンはHDDの動きが悪くなったタイミングで、SSDに替えました。
そうしたところ、物凄く快適になりました。
安くなったとはいえ、そんなに容量必要ないので、128Gのものを買いました。
確か、今年買ったと思うのですが、6000円くらいだったかな?
容量増えても、そんなに金額変わらないのですが、
古いパソコンなので、そのたった2~3000円でも、次のパソコンに回そう、という理由です。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 15:11:47

ANo.2

>eMMCは流行らない、という理由があれば教えてください。
ノートPC限定って話なら流行らないでしょうね。SSDの方がカスタマイズに答えやすくM/Bを共通化しやすいですから。M/Bに直付けが基本になるeMMCでは容量ごとにM/Bを用意する必要が出ますから。

投稿日時 - 2018-09-14 11:49:47

お礼

あ、なるほど、
容量が違えば、その都度マザーボードを用意しないといけないですね。
最近は、
オーダーしてから組み立てる、みたいなパソコンが増えていると聞きます。
私が見ていたのも、多分そういうタイプなのでしょうね。

回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 15:08:02

ANo.1

>eMMCは容易に取り外せない、

eMMCは「embedded Multi Media Card」の略で、日本語にすると「埋め込み型マルチメディアカード」です。

マルチメディアカードというのは、SDカードやメモリースティック、またはUSBメモリなどのような記憶媒体の事です。

eMMCは「埋め込み型」と言う名称から判る通り、マザボなどの基板に直付け(埋め込まれている)なので、安易な取り外しは難しいです。

>SSDに比べてちょっぴり速度が遅い、

確かに「メモリの応答速度は、SSDよりも遅い」ですが、インターフェースが単純なので、実際のアクセス速度はSSDよりも高速です。

SSDは「アクセスの際に、SATAインターフェースへの変換」が必要で、メモリの応答速度が速くても、インターフェースへのアクセス速度がボトルネックになり、eMMCより遅くなってしまいます。

>今後、eMMCが席巻する時代になるのでしょうか?

スマホの「内蔵ROM」と呼ばれている部分は、その殆どが「eMMC」です。

言わば「スマホの世界では、eMMCが主流で、すでにスマホ界を席巻している」ので、その流れがPCにまで及ぶのは間違いないでしょう。

投稿日時 - 2018-09-14 11:36:42

お礼

エンベデッドというのはそういう意味なのですね。
確か何かで、エンベデッド・プログラムというのを見てた気がします。
何だろうか、BIOSだったかしら?

組み込み式というのは、もう基盤に接着しているのですね。
何かカードが刺さっているけど、外から抜けない、みたいな構造なのかと思ってました。

なるほど、それではSSDの方が遅くなりますね。
そっかー、スマホでは主流なのかぁ、知りませんでした。

大変勉強になりました。
回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-09-14 15:06:30

あなたにオススメの質問