こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

残業時間について

最近、といっても昨日今日ではありませんが、サラリーマンが帰宅するために電車(都心から私鉄等に乗り神奈川・埼玉・千葉方面に帰宅する人を想定)に乗っている時間について、当該私鉄等に乗る時間帯として21時台が少なくなっている気がします。

現在、自分自身が繁忙期のため当該時間帯に電車に乗ることが多いですが、周りを見ると私服を着ている人の割合が高く、かつ当該私服を着ている人の内訳を推測すると資格試験予備校や大学受験予備校に通っている人・同じく大学受験予備校に通うことや部活の帰りと思われる高校生・シフト勤務などにより遅番のようになっているサラリーマン以外の人の仕事帰り等が多く乗っているのではと思いました。

そこで質問ですが、仮に上記記載内容が的を射ている場合21時台に乗っているサラリーマンの割合が低い理由として考えられるのは、以下のような内容でしょうか。

・一般的なホワイトカラー従事者等について、残業規制などが以前より徹底されるようになった。つまり、当該従事者等の記者時間が早まり、例えば男性は19・20時台(女性は17・18時台も含む。また、男性についても18時台が増えているかもしれないが)などの割合が増えた

・始業開始時間が早くなっている会社が増えている


ちなみに、仮に実態として残業時間減が進んでいる場合における副作用も以下に記載してみます。

・残業時間をしっかりもらっていた人の場合、残業規制等により収入が減る

・残業規制圧力が強すぎると、残業申請を行いにくくなりかえってサービス残業が増えてしまう

投稿日時 - 2018-09-13 02:44:06

QNo.9536771

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「クールビズで私服通勤が増えている」
「私鉄は帰宅有料電車が増えていて、収入があるサラリーマンはそれを利用して座って帰る人が多い(学生はお金に余裕がないのでそちらには乗らない)」
「飲みに行く人が減って帰宅時間が早くなっている」

そんな理由もあるかもしれません。

これはあくまで私の肌の感覚ですが、行きつけの立ち飲み屋がここ最近は21時を回ると急に人が少なくなる印象があります。帰りが早い感じですね。みんな早めに切り上げているような気がします。
あと20年前などと比べると、やはりどこの鉄道も少なくとも夜のピークは昔ほど混まなくなってきていると感じています。朝のラッシュはもう長いこと乗っていないので分かりません。

投稿日時 - 2018-09-13 13:40:13

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-12 18:08:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私を含み、非正規雇用が増えているからです。非正規雇用は基本時給制ですから残業をすると確実に雇用者の負担が増えます。少ない正規雇用者だけで残業をするので、全体としては数が減っている、これが私の考えです。つまりは正規雇用者、特に残業手当の出ない管理職にしわ寄せがきているわけです。

投稿日時 - 2018-09-15 09:03:51

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-12 18:08:08

ANo.2

早く帰っているなら現実の残業が減っている、つまりサービス残業も減っている事になります。
加えて、収入減によって吞みも減ったんじゃないかな?昨今、酒呑みは肩身が狭いし。
始業時間がバラバラになれば、朝のラッシュはずいぶん緩和されるでしょうね。でも、取引先が始まらないと仕事も始まらないから難しいんですよね。

投稿日時 - 2018-09-13 07:42:12

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-12 18:09:00

あと一歩踏み込んで、ご自身で観察して結果を導いてみませんか。
たぶん、正確な回答をもっている人はいないと思いますよ。

投稿日時 - 2018-09-13 06:37:40

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2018-10-12 18:09:16

あなたにオススメの質問