こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヨーグルト

ヨーグルトは朝食前に食する習慣になっていますが、先日テレビでヨーグルトは
食後に食べないと腸の悪玉菌を減らせないと医師が言っていましたが、食後では
食べる気がしないので止めようか迷っています。アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2018-08-06 16:38:45

QNo.9525237

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その番組は私も見たものではないかと思いますが、
あの番組でも言っていましたが、菌は死んでしまっても腸に届くと生きてる菌のエサになるので、無駄になるわけではないと言っていましたよ。
この知識は番組を見る前から知っていましたが、信頼度が増したわけです。

ですので食後がイヤなら朝食前で良いと思います。

ヨーグルトはいろんな商品があって、それぞれ使っている菌が違いますが、
人によって相性があるそうです。
また同じものを食べ続けず、いろいろ食べた方が違う菌が体の中で刺激しあって、より活性化するそうです。

投稿日時 - 2018-08-07 12:33:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

 昔の日本人はヨーグルトなんて食べていなかったのですから別に食べるのを止めてもよさそうですが、止めると「オナラ」が臭くなったりします。

 高齢になると腸内環境が悪くなってオナラや便がとても臭くなるのですが、若い人でもクサイです。

 でも、ヨーグルトを食べさせると、それほどではなくなります。食べ始めて10~14日もするとニオイが確実に変わりだします。私が食べ始めるきっかけになった新聞にもそう書いてあったし、実際にそうだったので、逆に、食べるのをやめて2週間もすれば、確実にクサくなる(なり始める)と確信しています。

 オナラは我慢すると再吸収されて、最終的には呼気に混じって口から出ていくらしいので、体臭がキツくなったと感じられるようになるかも、です(自分では分からないからどうでもいい?)。

 また、質問者さんが何を食べているかわかりませんが、例えばピロリ菌を抑えるなどなどの特殊な機能も失われます。

 なので、食後に食べるように習慣を変えるのが最善だと思いますが、どうしても無理なら、「生きたまま腸まで届く」と銘打った(胃酸に強い)菌を使ったヨーグルトもあるはず(CMは見た)なので、それを食べるのが良いのではないかと思います。

投稿日時 - 2018-08-06 23:33:22

ANo.3

無理に食べる必要はないと思います。
整腸作用を期待するのならヨーグルトでなくとも市販の乳酸菌製剤でも良いでしょう。ヨーグルトの牛脂を摂取せずに済むというメリットもあります。

投稿日時 - 2018-08-06 18:25:24

ANo.2

ヨーグルトを始めとした発酵食品の体に良いところは世間一般でいうところの善玉菌と呼ばれる乳酸菌を多く有している点にあるわけですが、その名の通りに細菌でもあるわけです。
胃には胃酸という強烈な酸があってこれで食べ物を溶かすわけですが、空腹時に発酵食品を食べると、乳酸菌ちゃんたちはいきなり「酸の海」に放り込まれることになってしまうので、多く死んでしまうのです。

なのでできるんだったら食後に食べたほうが体にいいわけですが、しかしヨーグルトの効能はそれだけとも限らないので食べるのをやめるというのももったいないんじゃないかなァとは思います。

投稿日時 - 2018-08-06 16:58:04

ANo.1

ヨーグルトの菌は弱いので胃酸でやられてしまいます。空腹時は効果が減る。
直後に何か食べるならだいぶマシな気もしますが、食後のデザートにするのが一番です。
食後が嫌なら、食前でも食べないよりはマシでしょう、たぶん。

投稿日時 - 2018-08-06 16:57:18

あなたにオススメの質問