こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダブルワークで収入の調整したいのですが、困ってます

はじめまして

自営業とパートを掛け持ちしている主婦です
(健康保険・年金は旦那の会社の組合の扶養に入ってます)

パート先から、今年度あとどのくらい働くことできるのか知りたいので、自営業の所得がどれだけあるの
か知りたい、とたずねられました。

健康保険の扶養から外れないためと、税金の負担が増えないようにしたいので良く言われる103万円超えないように仕事を調整したいのです。

青色申告してますが会計ソフト任せであんまりわかってなくてすみません

事業所得=収入-必要経費なんですよね
12月31日まで自営業はどんなに頑張っても収入10万円超えそうにありません。必要経費も、15万円ぐらいかかる見込みで、マイナスが見えてます。これに青色申告の控除もあります

と、すると事業所得は0円ということなのでしょうか。

その場合、パートのほうにはいくらまで働けます、と答えることが出来るのでしょうか~

こんなつたない文章でお分かりになる方いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いいたします!

※用語の間違いなどもあると思いますが、誹謗中傷は無しでお願いいたします

投稿日時 - 2018-08-03 09:32:30

QNo.9524363

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

事業所得が0円であれば、結局課税対象の所得は給与収入のみですので、質問者さんは年間103万円まで所得税非課税で働くことができます。

実際には、多少の税負担を負っても、103万円を超えて社会保険の被扶養者の収入上限である130万円まで働いたほうが、最終的に手元に残るお金は多くなります。
今年分からは配偶者の合計所得が85万円(給与のみの年間総支給額が150万円)までは、ご主人は配偶者特別控除で配偶者控除と同額の控除が受けられるからです。

とはいえ、130万円ぎりぎりまで働くのが常態化すると、社会保険の被扶養者資格を維持するために個人事業で利益を出してはいけないということになってしまうので、103万円にしておくのが妥当かもしれません。

なお、社会保険の被扶養者資格の上限を意識する場合、年間の合計だけでなく月収も約10万8千円(130万円を12ヶ月で割った額)に抑える必要がありますので、注意してください。

投稿日時 - 2018-08-03 13:49:47

お礼

とても、わたしが知りたい内容を教えていただきありがとうございました!お返事遅くなりましたこと失礼しました~。

ほんと、たすかりました!

投稿日時 - 2018-08-16 23:09:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

健保・年金の収入要件は控除は引けません。いわゆる粗利で事業収入から経費を引いた部分になります。青色控除も引けなかったはず。
ただし、月収108333円が継続する、が要件です。必ずしも年収で判断しません。
10万円ならほぼ無視できますが、それぞれの月収次第です。

所得税の配偶者控除は各種控除を引いたあとの年間総額で計算されます。基礎控除も引くと1円から段階課税になります。

投稿日時 - 2018-08-03 11:28:08

あなたにオススメの質問