こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ふるさと納税の上限

いろんなサイトで上限の計算方法が書いてありますが、
退職して再雇用で極端に所得が減った場合、
どれを目安に考えればよいのでしょうか?

たとえば年収1000万円だった人が200万円に減ったとしたら
減った年は前年の住民税を払うので住民税は多いです。
前の年の金額を目安に考えてよいのでしょうか?
それともその場合は減った金額を目安にするのでしょうか?

けちくさいと言われそうですが、納めるべき税金は納めているので
それを有効に使うことを考えたいと思ってます。

投稿日時 - 2018-07-31 07:29:27

QNo.9523506

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ふるさと納税の控除対象は、ふるさと納税した年の所得をもとに計算した税金なので、当年の所得見込みで計算します。
前年の所得を目安にできるのは、当年の所得見込みが前年同様である場合のみです。

投稿日時 - 2018-07-31 10:27:19

お礼

しばらく見ていなくて返信が遅くなり申し訳ありません。
回答ありがとうございました。

その年の所得をもとに計算した、ということなんですね。
極端に減る場合前年は参考にもならないんですね。

よくわかりました。

投稿日時 - 2018-08-15 07:16:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問