こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

妊娠中って

第二子が妊娠11週目になり、もう少しで悪阻が治まりそうなところで頭痛や吐き気がします。

頭痛は右側が痛みます。偏頭痛の経験が無いのですがこれは偏頭痛でしょうか?
胃が気持ち悪くなる
とやはり吐きます。胃に何も無く胃酸だけ出てたまに少量の血が出ます。。

病院からはプリンペランとカロナールを貰いましたが効き目が悪く頭痛も吐き気もします。

バファリン(2回程)とビューラック(下剤)を飲んでしまいました。
飲んでしまった事とは言え心配です。

寝る時もうつ伏せです。食べ物もあまりに気にせずナマモノ以外は食べてます。

色々と気にし過ぎなのでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-13 08:15:59

QNo.9517771

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは。飲んだバファリンはプレミアムだったのですね。

イブプロフェンなどの解熱鎮痛剤が胎児に影響しやすいのは妊娠中期以降、特に後期に入ってからです。
質問者様は妊娠11週目とのことですので、出産予定までは12週以上かなり余裕があります。
なのでイブプロフェン服用による胎児への影響が発生するリスクは比較的低いかと思います。

しかし妊娠初期~中期であっても、安全性が確立されているわけではありません。

大丈夫かどうか?は、おそらく誰にもわかりません。
これは妊娠初期に何かあった場合、自然に問題が発生したのか解熱鎮痛剤を服用したことが原因なのか、その因果関係を確認する術がないことによります。
何かしらの影響が出るリスクは低いですがゼロではありません。

リスクは少ないがゼロではない。
解熱鎮痛剤による影響を調べることもできないので、使用は控える。

いずれにしましても、どれくらいの期間に何回くらい服用したのかを主治医にきちんと伝えておきましょう。

これからは自己判断での薬の使用は控え、主治医に相談しつつ、どうしても薬店などで購入しなければならないときは薬剤師等に相談してから購入するようにし、薬の使用には慎重になりましょう。


ご参考になりましたら幸いです。お大事になさってください。

投稿日時 - 2018-07-17 12:59:20

ANo.2

こんにちは。妊娠中に体調が変化するのは珍しいことではありませんが、薬の使い方などどうしたらいいのか、わからないことも多いですね。

妊娠中にいろいろなことを気にしすぎるのもあまりいいことではありませんね。
しかし、何に対しても無頓着でいていいというわけでもありません。
(第一子のときと第二子のときで体調が違うというのもよくあります)

気にすべきことは何なのか、きちんと把握しておく必要があるでしょう。


・頭痛について

妊娠7週目くらいだとホルモンの関係で血流が増えたりして頭痛が発生することが多いです。
悪阻と同時期に発生することが多いので、非常につらいですよね。

偏頭痛では?とのことですが、偏頭痛は「片側が痛む頭痛」という意味ではないのでご注意ください。

偏頭痛には極めて特徴的な前兆があり、その後極めて強い痛みが心拍に合わせてズキンズキンと襲います。
痛みは4時間~72時間にも及ぶことがあり、睡眠を取ることで回復すると言われています。

偏頭痛の可能性はありますが、頭痛が始まるまでの状況や痛みの具合などを医師にしっかりと伝えて診断してもらうようにしてください。


・嘔吐、血が混じることについて

悪阻による嘔吐の頻度は個人差がありますが、嘔吐の回数が多いと胃と食道の境い目の部分などが裂けて出血することがあります。
しかし出血の原因はひとつではないので、これも頭痛と同様に主治医に伝えましょう。


・薬について

妊娠中に使用できる医薬品は限られており、その薬で十分な効果が得られるかというと、なかなか厳しいものがあるのが現実です。

医師から処方されているプリンペランとカロナールですが、いずれも妊娠中も比較的安全といわれているものです。

医師から処方される薬は安全性を考慮して選ばれていますが、市販の薬にも妊娠中は使用できないものがあるため十分な注意が必要です。

頭痛薬に関して言うと、質問者様が飲んでしまったというバファリンには複数の種類があり、それぞれに含まれている成分が違います。
バファリンシリーズで使われている成分は以下のようになっています。

バファリンA … アスピリン
バファリンプレミアム … イブプロフェン + アセトアミノフェン
バファリンルナi … イブプロフェン + アセトアミノフェン
バファリンルナJ … アセトアミノフェン
バファリンEX … ロキソプロフェンナトリウム

妊婦にも比較的安全といわれている痛み止めは「アセトアミノフェン」という成分で、これがカロナールの成分です。
アセトアミノフェン以外は推奨されませんので、バファリンシリーズで安心して使えるのはバファリンルナJだけということになります。

他にもアセトアミノフェンだけを配合した市販の頭痛薬はありますが、やはり医師から処方されているカロナールを使用しましょう。


続いて便秘薬としてビューラックを使用したとのことですが、この便秘薬に含まれているピコスルファートナトリウムという成分は、妊娠中の安全性が確立されておらず、積極的に推奨できる便秘薬とは言えません。
積極的に推奨できない理由ですが、妊婦に対しての医薬品の臨床試験というのは胎児へのリスクを考えると簡単に行うことができず、妊婦に対する使用経験が少ないことから「安全とは言えない(わからない)」というものです。

ピコスルファートくらいのものであれば、医師の診察と処方によるものであれば使用されることはあります。
しかし市販の便秘薬を自分で選んで使用するとなると、中には子宮収縮を起こす可能性がある成分を含んでいるものがあるため、自己判断で使用するのは危険です。

妊娠中の薬の使用は気にしすぎても足りなくらいとお考えいただき、これからは自己判断で使用するのは控えるようにしましょう。


・食べ物について

もっとも気をつけるべきは、食中毒などの感染症といえます。
そういう意味では、生ものを避けておられる現在の調子でいいかと思います。

卵も場合によってはサルモネラ菌の汚染などがありえますので、なるべく火を通すようにするとより良いですね。
それと、意外なところではチーズ類やスモークサーモンが、リステリア菌という食中毒菌に汚染されていることがあるので注意が必要です。

リステリア菌は加熱処理がされていれば無毒化できるので、加熱処理が義務化されている国産のチーズを選ぶようにしてください。

食品中に含まれる有機水銀やヒ素を考慮するように言われるケースもありますが、大量摂取せず常識的な量で召し上がる分には問題ないので、過度に気にせず適量を守るようにしましょう。



妊娠中の頭痛や悪阻は本当につらいことと思います。
そんなつらいときに一人で考え込んだり解決しようとしたりせず、主治医を頼って何でも聞いてみるのがいいのではないでしょうか。

吐き気や嘔吐はつらいですが、栄養も摂らなければなりません。
悪阻が落ち着く時期まで、少しでも楽に過ごせるようにできたら良いですね。


ご参考になりましたら幸いです。お大事になさってください。

投稿日時 - 2018-07-13 17:43:49

補足

バファリンプレミアムは出産予定12週目の妊婦は避けると注意書きされていました。
私、バファリンプレミアムを飲んでしまいました。大丈夫なんでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-13 18:22:27

ANo.1

バファリン(2回程)とビューラック(下剤)を飲んでしまいました。
ちゃんと病院で処方された薬が効かないと伝えて処方してもらいましょう。

気にし過ぎと言うより、気にしなければいけないことを気にしなさ過ぎ
だと。

投稿日時 - 2018-07-13 11:29:38

あなたにオススメの質問