こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

独立開業時のスタッフ引き抜きについて

ご覧いただいてありがとうございます。
今度飲食店で独立開業するのですが、6月まで勤務していた店舗からアルバイトスタッフを一人引き抜いてしまいました。
そこでみなさんのご意見を聞かせてください。
現在オープン告知と同時にスタッフ募集の広告をだしているのですがパート・アルバイトの方6名集まっていただけました。
しかしそのうち5名は以前自分が勤務していた職場の方たちなのです。

その内4名は現在の職場(以前私が勤務していた店)と掛け持ちでやりたいと言っています。
しかし内1名は勤務条件や交通の便の関係から、現在の店を辞めて私の所に完全に転職したいと申し出てきました。
私はその方の状況もある程度分かっていたので、確かに私の店で働いてもらった方が自然かなと思い簡単にOKしてしまいました。
私としても非常に助かりますし。

この話は以前の職場のオーナーに言っておいた方がいいなと思ったので上の状況をオーナーに説明したところ、「よくもやってくれたな」と言われてしまい私のした事は引き抜き行為だったのではと思い困惑しています。
以前の職場には8年勤めていてオーナーにも大変お世話になったので迷惑をかけて退職というのは絶対嫌でした。
オーナーに謝って円満に終わらせたいと考えてはいますが、もうスタッフの募集も打ち切り今から別の人たちを雇うにはオープンまでに時間もないのでこのまま行くしかないとも考えています。
やはり以前の職場のスタッフを雇うというのは私の感覚がずれているのでしょうか?
しかし、あくまで私が無理に勧誘したとかそういう事ではなくみなさん相手方からの申し出でもあったので私がそんなに悪いのか?という気持ちも持ってしまっています。
どうかみなさんのご意見をいただければ幸いです。

投稿日時 - 2018-07-11 10:17:08

QNo.9517218

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そらもう単純な話ですよ。オープン直前になってそのアルバイトさんたちが「やっぱりここでは働けなくなりました」と言い始めて、理由を聞いたら前の店のオーナーが時給を上げたからといわれたらどう思うかと考えればいいですよ。ああ、やり返されたなって思うじゃないですか。
自分の店がどうにかこうにか採算がとれるようになってきたら、店で働いていた子が他のバイトの子を引き連れて独立開業したらどう思うかですよ。

「僕が引き抜いたんじゃないんです。彼らが自分から言い出したんです」っていうのは、僕が悪いんじゃない、アルバイトの子が悪いと責任転嫁しているだけですよ。それを聞いたらアルバイトの子たちもガッカリするでしょうね。自己保身に走るのは上司として一番人望を失うやり方ですね。
かけもちだって本来はホイホイ引き受けてはダメで、そこも前の店のオーナーに「今のバイトの子たちがウチの店でもバイトしたいと言い出しているけれど、引き受けてもいいのか」ってお伺いは立てておくべきだったと思いますよ。嫌がらせで質問者さんのお店にシフトに入れないようにされたらどうするんですか。

投稿日時 - 2018-07-11 10:31:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

これはまた大変なことを仕出かしたことになります。
事情により店を辞めて近くない場所で自分で開業は許されるとして、経験を持ったスタッフまで引き抜いたと言うことはその店の多くのノーハウを盗んで開業したことになり円満な解決など不可能でしょう。
せめてスタッフは店を辞めて数ヶ月以上の期間他で働くなどの経緯があったのなら良いですが、そのまま引き抜くとは前の店を潰すつもりなのかと疑われても仕方の無い状況です。
今からでもスタッフの引き抜きは中止する以外、恨みを無くす方法はありません。
このまま営業を続けると何らかの仕打ちを受けることは避けられないでしょう。
スタッフの方からの申し出でもあったことは、この問題と関係ありません。

投稿日時 - 2018-07-11 10:44:24

ANo.2

違法行為かどうかではなく、お世話になった方へ義理を仇で返すような行為を世間がどう受け止めるのか、(悪意や意図的であったかは無関係で)質問者様の倫理観がどうなのかも問題ですが、簡単にお世話になった店を裏切って転職してくる従業員を私ならば信用しないですね。

違法性については、弁護士ではないので参考程度に。

基本的には、憲法22条「職業選択の自由」が万人に認められているので、「転職の自由」も保障されていると考えられます。

ただし、質問者様がその行為を退職前か退職後に行ったかによって違法行為になる場合があります。
 →在職中は「忠実義務」(会社法355条)により違法となる。
 →退職後は問題なし

また、不正競争防止法2条で「不正の競業その他の不正の利益を得る目的」で営業秘密を使用・開示する行為は禁止されているので、例えば繁盛しているラーメン店などで独自のレシピがあった場合に、そのレシピを利用して同業の店舗を作った場合に違法行為と認められたケースがあります。
(違反した場合は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金)

投稿日時 - 2018-07-11 10:32:34

あなたにオススメの質問