こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Visaがインストールできません

今までは500GBにインストールし、2TBをデータ用にしていました。
それを逆に設置し、2TBにインストールしようとしているのですが、「インストールの場所を選択してください」で、
ディスク0パーティーション1 の合計サイズが41.1GB・空き領域41.0GBなってしまい、フォーマットしても同じてす。
ディスク0を選択して次へを押すと、「インストールできるシステムボリュームが見つかりません」となります。

投稿日時 - 2018-05-08 16:12:37

QNo.9496406

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

あえて、現行のLinux系OSをホストOSとして導入して
仮想マシン上でVistaを使うという手もありますし
ウェブを利用するなら、VistaよりもLinux系OSのほうが
随時セキュリティアップデートを受けられる分は安全ですし
最新のFirefoxやChromeが付ける分、有利とも言えます。

あえてVistaを素でインストールすることについて
解決方法が思い当たらなわけではありませんが…

Vistaのインストールディスクを持っている人は少ないはずで
たぶんインストールディスクであれば、Vista発売当時の構成で
2006年当時のままです。

2TBのHDDは2009年に発売されているので
この組み合わせに問題がある不具合がある可能性はあります。

DellなどがSP1適用済みインストールディスクを添付したあるでしょうし
2009年のSP2も適用されていれば、2TBのHDDについては
問題は起きないと考えられますが…

Vistaユーザー、特にパソコンに詳しいがVistaユーザーには少ないので
このへんの、まとまった検証記事は見つからないかもしれません。


ただ、一般的に言われる2TBの壁は、正確には2TiBの壁で
不具合としてしか2TBのHDDでは問題は起きません。
(Vistaは不具合では無く、仕様として2TiB以上のHDDに対応できません)

コンピューター技術は1024で計算する場合がありますが、これは基本原理が
二進数に由来するためで、大昔は、1000の近似値として
1024で割ってKBやMBというSI接頭辞を使っていました。

しかしGBやTBになると、この誤差は無視できないものになり
二進接頭辞が承認されたのが1998年のことです。
(Windows98には…たぶんMeや2000も二進接頭辞は間に合いませんでした)

ともかく容量の壁は、1024の倍数で発生しますから、二進接頭辞の2TiB
2*1024*1024*1024*1024/1000/1000/1000/1000=2.1990
SI接頭辞で表現するとおよそ2.2TBがMBRの上限になります。

ほとんどのWindowsユーザーは
SI接頭辞を実質的に誤用しているWindowsの仕様から
この関係を正確に把握できませんから

Vistaの外付けHDDとしてなら2TBはMBRで使えるのに
「2TB以上のHDDはGPTにしなければならない」と言い出したパソコン博士がいて
GPTの外付けHDDを
そのまま起動用ディスクにしようとしたら

GPTの管理情報を扱えないVistaが
容量を正確に認識できなくなった…

という話なんじゃないかと思います。

ただ、XP機(Panasonic CF-T1のXP SP1リカバリー直後)を引っ張り出してきて
試してみると、GPTであること自体を認識します。


Xubuntuで100GBと1000GBのパーティションを作成した2TB(1.82TiB)のHDDを
diskpartで見ると1863GBの単一のパーティション(ボリューム)に見えていて
パーティション情報は読み取れていません。

ですから、41GBという情報が、どこから出てくるのかはわかりませんし
ほかの要因が原因なのかもしれません。


ともかく、私なら容量をおかしく認識している場合は
パーティションテーブル自体を抹消するところから試します。

たとえば、ddコマンドで
dd if=/dev/zero of=/dev/sdz bs=512 count=1
とやれば、/dev/sdzとして認識されているストレージデバイスの
先頭領域512bytes(MBRのパーティションテーブルとブートローダー)を
ゼロで上書きして、抹消することができます。

LinuxベースのGpartedライブCDなどを使って
GPTの管理情報を消して、MBRの管理情報を上書きすれば済むかもしれません。


でも、現行のLinux系OSなら、GPTでも普通に認識して起動用に使えるので
Linux系OS入れて、仮想マシンでVistaを動かすほうが簡単な場合もありえます。

投稿日時 - 2018-05-09 18:31:32

ANo.1

情報が不足しています。
機種、型番、Vista(Visaはカードなのでインストールできません!)のインストールメディアはメーカー製リカバリディスクかパッケージ版か等々・・・
500GBから2TBに変更する理由は? 当然ですが2TBにインストールすれば全くの初期状態のVistaになります。自分で入れたプログラムは再インストールが必要ですしデータや設定の引っ越しはかなりの知識が必要です。
現在Vistaが無事に起動しているならシステムイメージをバックアップし2TBに書き戻した方が楽なような気がします(別途、ソフトが必要?)
(そこまで苦労して期限切れのOSを・・・以下略)

>ディスク0パーティーション1 の合計サイズが41.1GB・空き領域41.0GBなってしまい、フォーマットしても同じてす。
この『フォーマットしても同じてす』の意味が分かりません。

思い切りよくエスパーすると・・・
ディスク0パーティーション1 がFAT32でフォーマットされていませんか? VistaはNTFSでフォーマットされていないとインストールできません。
先ずは以下のマイクロソフトのHPを参照してみて補足してください

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/927520/you-cannot-select-or-format-a-hard-disk-partition-when-you-try-to-inst

ただ、今更サポートが終了しているVistaをインストールして使用するのはセキュリティ上で高リスクなのでおすすめいたしません。

投稿日時 - 2018-05-08 20:13:37

補足

投稿日時 - 2018-05-14 20:32:53

あなたにオススメの質問