こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

MVNO業者の闇に気付いてしまった。

MVNO業者の闇に気付いてしまった。

日本のMVNO業者は事実上全て倒産してしまった。

最後に生き残ったLINEモバイルも数百億円の赤字を計上した。

他のMVNO業者は今は携帯電話通信キャリアの代理店に過ぎない。

要するに端末も携帯電話通信キャリアから買ってるってこと。

SIMロックフリー端末が使えない端末を売ってる。

要するに看板はMVNO業者のシールを貼ってるけど中身は携帯電話通信キャリアそのものでMVNO業者が用意してるプランも携帯電話通信キャリアが用意したもの。

だからMVNO業者は何一つやってない。

ナンバーポータビリティ手数料が昔はお金がいったけど今は要らない。

MVNO業者の企業努力だと思ってた。

でも実際は携帯電話通信キャリア縛りが端末に付いていて、今は逆にSIMロックフリー端末がMVNO業者で使えないという有様だ。

要するに携帯電話通信キャリア縛りがある端末を使用するってことは根っこが同じなんだよ。

だからNTTドコモからMVNO業者のau支給の端末は使えない。auからMVNO業者のauプランを選ぶ。

要するにauからauだから何も携帯番号が動いていない。

逆に動いていないのにナンバーポータビリティ手数料として3000円とかぼったくってた。

今でもぼったくってるMVNO業者はある。

NTTドコモからNTTドコモの回線を使ったMVNO業者でナンバーポータビリティは発生しない。

それなのに手数料が掛かるふりをして今ならナンバーポータビリティ手数料が無料!と宣伝してる。

消費者は3150円が無料なら契約する!と飛びつく。

携帯電話番号の管理してるところは何も変わってないのに?

MVNO業者でSIMフリー端末が使える業者が本来のMVNOだと思うが今ではMVNOで通信キャリア縛りが発生している。

要するに携帯電話通信キャリアが用意した安いプランを売る携帯ショップがMVNO業者ってこと。

要するにただの携帯電話通信キャリアの回線を売る代理店契約して回線を売った数が売り上げになる。

携帯ショップがMVNO業者と名乗ってるだけって気づいた。

MVNO業者ってただの携帯電話ショップですよね。

投稿日時 - 2018-04-28 21:55:38

QNo.9493177

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

前置きが長いですが、以下が質問ですね?
>MVNO業者ってただの携帯電話ショップですよね。

違います。
正確に把握したい場合は総務省の文書を読み込んでください。
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/eidsystem/mvno.html
概略を知りたい場合は以下などを。
https://xera.jp/entry/mno-mvno-mvne
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1712/07/news039.html

販売代理店というのは、ユーザとMNOの契約締結を斡旋するものであり、携帯ショップ自身が通信サービスを提供するものではありません。

MVNOはMNOから回線その他のシステムを借り受けて、自社ブランドで通信サービスを提供するものです。ユーザとMVNOが契約します。ユーザのMVNOの契約を販売代理店が斡旋することもあります。

投稿日時 - 2018-04-29 00:46:09

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2018-04-29 20:25:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

はいはい。
いつもの質問のから、さわらに輪をかけて、知らないことを断定して書かれているだけの話ですね。

残念ですが、全く違っています。
内容は、ご自分で調べられてくださいね。

一応、違っている。という回答はしていますので、この内容としては回答です。

投稿日時 - 2018-04-28 22:23:39

それだけ言い切れる事ッてことは、もちろん詳細で確かなデータを持っているからでしょうね。
開示できるものなら、開示して質問すればいいのに。

投稿日時 - 2018-04-28 22:04:56

あなたにオススメの質問