こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

情報処理技術者試験について。

高校生です。
独学でITの勉強をしています。
情報処理技術者試験のレベル4を取ろうとしているのですが、その資格について知っている人が周りにいなくて評価が辛いです。
気象予報士や行政書士、電験1種よりも難しいと言われてるのに
「電験3種とかの方がすごいし、なんでそんなもの」みたいに片付けられてしまいます。
そんな簡単に取れるものではないし、こちとら死ぬ気で勉強してるのに、暇でしょとかもっと別のことしたらとか言われます。
知ってる人にも勉強が好きなんでしょで片付けられますが、そんな天才に生まれた覚えはありません。
そりゃ家に帰ってから勉強してるのでどれくらい勉強してるのかも知らないでしょうよとキレたいです。
そうですねー頑張ります!とは言ってますけど正直もう無理です。
もう試験日まで一ヶ月切ってます。
甘えになるのはわかってますが、メリット、モチベーションを上げるコツ教えてください!

投稿日時 - 2018-03-23 16:40:46

QNo.9480929

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

試験、資格、勉強・・
これらは世間的に難しいといわれるからとるというものではないでしょう。
世間的に評価されるために勉強するものではないでしょう。
本人が目指す試験を勉強すればよいのです。
自分が興味のある勉強をすればよいのです。
あなたが興味のある分野、好きな分野に進んでください。

私はレベル3・応用情報技術者試験を持っていますが
他の方の回答にもあるように
情報技術者試験を持っていれば何か特別な資格を与えられるというわけではありません。
単に「試験に受かった」という事実が残るだけです。

情報技術者試験は新卒の就職の時に多少は有利になる程度です。
新卒の就職活動であればレベル2・基本情報技術者試験に合格してれば充分だと思います。
それより上の試験は仕事をしながら勉強をして合格すればよいのでは。

中途採用ですと情報技術者試験を持っていてもあまり意味がありません。
中途採用で「こういう試験に合格しています」などど言っても「そんな試験は持っていてあたりまえだ」と返されるだけです。
色々な試験に合格していてなおかつ、試験よりも過去の仕事でどんなことをしたのか、実務の実績・実力が問われます。

気になるのは高校生でレベル4を受けようとする点です。レベル4の、どの試験でしょうか?
高校生でレベル4とはかなり高レベルを目指していますよね。
レベル4を受けるという事はその下の
レベル2・基本情報技術者試験
レベル3・応用情報技術者試験
などは合格しているのでしょうか?
合格してないまでも、合格できる程度の実力はあるのでしょうか?
それとも下のレベルを飛ばしていきなりレベル4を目指しているのでしょうか?

下のレベルの過去問題を見てみて合格できそうでなければ、それより上の試験をとるのは難しいのではないでしょうか。

下のレベルの試験に合格できる実力がないまま上の試験に合格しても
基礎が身についていないのに試験に「だけ」は合格できるようになったかたよった実力ではないでしょうか。

あなたが興味のある分野、好きな分野に進んでください。
下のレベルは飛ばさずに
(ITパスポートは飛ばしても構わないと思いますが)
まずは基本&応用情報技術者試験に合格できる実力をつけてください。特に午後問題。

投稿日時 - 2018-03-24 07:07:12

お礼

回答ありがとうございます。
そうですよね、実際、実務経験の方がものを言うんだと思います。
自分が選んだ分野だということを忘れずに頑張ります!

投稿日時 - 2018-03-24 08:32:25

ANo.4

この手の試験は、とってしまえば大したことではないのです。

それを取っているからビル・ゲイツよりもカネモチになれるということもないし、免許じゃないからそれがないとやらせてくれない仕事も別にありません。
現実は実力が勝負ですから。

電験でもそうですが、所詮たかが資格です。取ろうとして誰にもとれないということもない。
これ、英検で考えてみたらわかるでしょう。英検の何級を合格したというのは言えますけど、それでばりばりにハーバード出の経営者と議論をしてビジネスを進めるなんて出来っこないんです。

最低そのレベルの知識をもっていて、初めてスタート台に立てるのです。スタート台にたったらそこからが本当の実力の世界です。
スタート台に立ったから人生の勝ちかというとそんなことはありえない。だけど、スタート台に立たないとそもそもスタートできないのです。

スタート台にまでにもいきつけないでつべこべ言っても誰も褒めません。
こんなことは誰でもとっているんだと楽に考えて立ち向かって下さい。

投稿日時 - 2018-03-23 21:55:10

お礼

回答ありがとうございます。
知識を得てからが大事なんですね。
1つスタートラインに立てたと考えて頑張ります!

投稿日時 - 2018-03-24 08:31:32

ANo.3

 情報処理技術者試験は資格を取ってもほとんど役に立ちません。役に立つ資格を取った方が良いでしょうね。

 意外かもしれませんが、調理師資格などのように、すぐに仕事を始められる資格を持っていた方が、いざという時に役に立ちますし、仕事に役立たなくても、日常生活で役に立ちます。それに比べると、情報処理資格試験はパソコンを使う時の基本知識を理解出来る程度のものですね。

 私も情報処理技術者資格を持っていますが、得をした事は一度もありませんでした。パソコンの部品交換が自分で出来るようになっただけです。

投稿日時 - 2018-03-23 18:06:13

お礼

回答ありがとうございます。
やっぱり何事も実務経験が必要なんですね。
参考になりました!

投稿日時 - 2018-03-24 08:11:50

ANo.2

情報処理技術者試験はIT試験の中でも唯一の国家試験ですが
合格すると経済産業大臣の合格証が送られてきます。
資格試験ではないので持ってないとITの仕事に就けない
わけではありません「あくまで就職の時履歴書に合格していることが
書ける。」
そのようなわけで他の資格試験より低く見られているのかもしれませんが
まだ高校生ですので何事も勉強だと思って頑張ってください。

投稿日時 - 2018-03-23 17:54:34

お礼

回答ありがとうございます。
資格は資格でしかないですもんね…
1つの経験として頑張りたいと思います!

投稿日時 - 2018-03-24 08:04:09

ANo.1

この資格は何十年も前からありますが、気象予報士や行政書士、電験といった資格は何十年も経っても内容がそんなに変わることは無いのに対し、情報系の資格は変化が激しいので短期間で知識が役に立たなくなるということはあると思います。一時期目指していたことがありますが(挫折しました)内容は今の参考書とは全く違います。

投稿日時 - 2018-03-23 16:48:09

お礼

回答ありがとうございます。
なるほど、そんな風に考えたことはありませんでした!
たしかにずっと内容が変わらないものの方が安定しているように見えるなと納得しました。

投稿日時 - 2018-03-24 08:02:29

あなたにオススメの質問