こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

配偶者控除や税金について

こんにちは!どうか教えてください。
私は今在宅で、月80000円×12か月、1年960000円の夫の扶養内で働いています。
しかし、夫(年収300万)が収入をほぼ家に入れなくなったため、生活のため来月から数時間派遣に出ることとなりました。
なので、来月から扶養外になるのですが、派遣先から勤務時間や月収、年収の希望を聞かれております。(月8~15万円内で働き方を選べます)
今年1月から配偶者控除の年収要件が150万円までに改正された等と聞いたのと、いわゆる「働き損」といわれる年収額があるということを聞き、知識がなく迷っております。(子供もいてぎりぎりの生活なのですが、家族に病気があるため、できるだけそばについてあげたいと思っております。)

そのため、できれば税金等の負担をなるべく少なく、私の手取り増を考えていきたいのですが、知識がなく決めることができません。。どうかアドバイスをお願いいたします。。
年内に節税のために、iDeCoやnisaにも入ろうと考えております。
どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-03-16 23:42:34

QNo.9478713

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

月8~15万円内で働き方を選べるのなら,15万円が最もよいですね。年収にして15*12=180万円です。
もちろん所得税も(翌年の)住民税も,厚生年金保険料も健康保険料も支払う必要がありますが,それでも今よりはだいぶ収入が増えますよ。

> 年内に節税のために、iDeCoやnisaにも入ろうと考えております。

社会保険に加入したら保険料は全額が税金の控除対象ですから,まずは社会保険に加入るすほうが先です。それでもまだ税金を多く支払わなければならないという状況で初めてiDeCoやnisaを考えればよい。

投稿日時 - 2018-03-17 18:37:30

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2018-04-01 14:39:39

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

配偶者控除ではなく、配偶者特別控除が増えただけです。元々、特別控除によって配偶者控除の適用外になっても段階的課税になっていたのが、もう少し緩やかな段階になりました。
しかし、社保の扶養には変化ないようで(大企業の場合は改悪された)130万以上で外れてしまい、自身で社保か国保にでも入る必要があります。これは年額だと最低でも十数万かかりますから、却って減収になります。傷病手当金とか厚生年金が付くのはプラスですが。
そこで、年収130~140ちょっとぐらいまでは減収で、それ以上でやっと手取りが増えてくるようになります。一定の大企業の場合はこの条件がさらに悪くなります。
iDeCoやnisaなど何の意味もありませんよ。

投稿日時 - 2018-03-17 06:19:59

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2018-04-01 14:39:54

あなたにオススメの質問