こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

源泉の場合の仕訳について

個人事業主で活動を始めて複式簿記は3週間くらいの知識なのですが、
源泉の仕訳について教えていただきたいです。

1、自分が源泉される場合
2、自分が源泉する場合

1、自分が源泉される場合
講演料108,000円(税込)のうち10,210円源泉され、普通預金に97,790円振り込まれた。

<借方>
普通預金 97,790
仮払税金 10,210
<貸方>
売上高 108,000

これでよいでしょうか?上は振り込まれた時点の仕訳ですが、請求書を発行した時点での仕訳はどうすればよいでしょうか?これで終わりでしょうか?

2、自分が源泉する場合

私から個人のデザイナーへ外注。1月20日の日付でデザイン料216,000(税込)の請求書をもらい、3月30日に20,430円を源泉し相手口座へ195,570円振り込む。翌月4月5日に税務署に20,430を現金で納付。

こういう場合の仕訳はどうなりますか?
素人でお恥ずかしいですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-03-14 13:11:15

QNo.9477877

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)
納品日には(講演料であれば講演日ですね。請求書の発行日ではありません)
売掛金 108,000 / 売上金 108,000
入金日には
普通預金 97,790 / 売掛金 108,000
事業主貸(仮払税金) 10,210 /
これは消費税込みの仕訳ですが,消費税抜きで仕訳をすることもできます。消費税込みの方が面倒がなくて良いでしょう。
(2)
納品日には(請求書の発行日ではありません)
外注費 216,000 / 買掛金 216,000
振込日には
買掛金 216,000 / 普通預金 195,570
/ 事業主借(仮受税金) 20,430

投稿日時 - 2018-03-14 14:57:24

お礼

ありがとうございます。こう仕訳するのですね。助かります。
もしよろしければもうひつだけ教えていただけないでしょうか?

普通預金Aの10万を普通預金Bへ同額移動。この場合はどうすれば
よいでしょうか?

AとBは補助科目を付けて分けています。
ビギナーな質問で申しわけありません・・・。

投稿日時 - 2018-03-14 22:11:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

> 普通預金Aの10万を普通預金Bへ同額移動。

どちらの預金も事業で使用しているのですか?それなら
普通預金B 100,000 / 普通預金A 100,000
ですね。もしどちらかが個人用の預金口座であれば,事業主貸とか事業主借を使ってください。

投稿日時 - 2018-03-15 18:52:51

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-03-16 00:41:41

あなたにオススメの質問