こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地声の出せる音域が狭すぎてカラオケでも裏声で歌わな

地声の出せる音域が狭すぎてカラオケでも裏声で歌わなければなりません。合唱部なんですが、そのせいで部活に支障が出そうで怖いです。大丈夫でしょうか?

カラオケでは、息の回しを考えずにストレートに出してます。それが部活でもやってしまいそうで、それでしか出せなくなりそうで怖いです。地声の出せる音域を広げる方法を教えてください。

投稿日時 - 2018-01-14 21:30:14

QNo.9418436

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そもそも・・・・。歌を唄うためには「地声」や「裏声」に加えて、「作った声」も使います。合唱をやっているから地声が出ない・・・という理屈はわかります。合唱は「合わせる」ことが第一ですからね。透き通った声が要求されます。大抵は・・・ですよ。地声っぽく歌く曲もありますけど。
 息の出し方で発声法が変わるわけではなく、喉の使い方や鼻の通りなどが影響します。腹で歌うとか頭は天に引っ張られるように・・とか、合唱の指導でもされるはず。
カラオケでも基本は同じ。歌手だってボイストレーニングはするんですから。
全部地声で歌っているわけじゃないんですけどね。

潰れない程度に、作らない声で音階を上がり下がりしてみてはどうでしょう。

私はクラシックを長くやっていたせいで、「シャウト」が苦手です。jazzっぽい歌い方が出来ないwロックとか無理。
沖縄っぽい裏声を多用する曲は楽なんですけどね。演歌とか。

ただ、民謡をやるのでそちらを唄うときにはまた別のところから声が出るんですよ。これも不思議ですけどね。
喉の開け方が全く違うんです。
クラシックの独唱と合唱と、jazzとロックと、演歌とカラオケ。

使い方、出し方を変えて、それぞれに音域を広げることです。
上に広げるよりも、丁寧に小さな音量で構わないので低い音を出せるようになると、上がりやすいです。これ不思議なんですけど、やってみてください。

あ、音域って元々パートは何ですか?音の幅よりも自分が響きやすいいい声で出せる音程ってあるはずなんです。アルト音域の人がソプラノ音域できれいじゃないのに似てます。逆もまた同じ。自分に合った音域を見つけることが大切。

まだ高校生なら、ソルフェージュをしっかりやって、身体が楽器になるように作りましょう。

投稿日時 - 2018-01-14 22:07:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

結論から言いますと、semiファルセットから強めてく事です
声楽全集全8巻を、学生時代に読んだところ、結論はそうでした。
今は手元に無いので確認出来ませんが確か、最初は無声で♪ Fu~Hu~m、と高音域から低音域まで降ろす感じで、息を吐く練習。
✳︎其れに段々と音を混ぜて、falsettoで出せる最高音迄、試す。
✳︎腹式で横隔膜で支えて、段々強め、semiファルセットにする。既に其の時点で声帯の振動箇所が、只のfalsettoとは変わってる筈です。
✳︎~其処から、“地声”とも言うべき声に強めるには多分、何年か掛かる。毎日トレーニングで。~此れはPOPSでも結局同じ事、ヘビーRockで高音を地声で無理矢理イキナリ出してた人は、大抵一度、声潰してます。
~尤も、浪花節やブルースでは、一度声を潰し、食道寄りに発声器官を変える事が奨励される唄い方も御座います。~ まあ焦らない事です。強い声息を支えるのは横隔膜、其れを支えるのは腹筋です!性別に拘らず、其処は鍛えないと、裏声を強めるのは無理です、腹筋しながら声を出す練習です!気張れ頑張れ(^^;。

投稿日時 - 2018-01-17 01:56:33

認識が間違っています。
地声とは「喋り声」で、歌う時に地声というなら、それは勘違いです。
話している時には強弱や高い低いはそんなにないですよね、喋り声だからです。
メロディーに乗せて歌えばそれは、歌声です。
合唱をやっているなら分かると思いますが、ピアノ等で一音ずつ上げてそれに追随する様に声を出す、少しずつ声域を広げていくしかないです。

投稿日時 - 2018-01-14 22:58:53

あなたにオススメの質問