こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

単純明快 理性が無い人間の方が強い?

 現在、野球やバレー 柔道でも「行き過ぎた体罰はNG」と
 いう風潮があり、7.8年前から元巨人軍の桑田真澄氏が
 戦時中の軍隊の思想と相重なっていたことも指摘しております。
 
 それはその通りで、桑田氏は体罰の論理をその様な視点から
 見つめ直した事は良い事だと思いますが、
 1 桑田氏はどちらかというと人間の理性と云うものがあり、
 その様な理性があると云う前提で、体罰の是非を問うているのだと思います。

 2 漫画の世界ですが昭和30-40年代に梶原一騎と手塚治虫と云う路線は違う が、
 人気漫画家がおりました。梶原一騎氏の漫画の登場人物は「タイガーマスク」
 「あしたのジョー」等強ければそれで良く、怖い存在が無いと暴走するタイプが
 多かったと思います(詳しく知らないので一概には言えませんが?)
 手塚治虫氏にはその様な漫画は自分には無理だと云う事を何かのインタビューで
 言っていたと思います(手塚氏の漫画は悪役も基本理性がある人間が出てきます)

 だから、理性が無く 「強ければそれでいい」 唯怖い存在 叶わない相手を
 置いたり、暴力という構造をスポーツに向ける事で犯罪者に成らずに済んでいる
 それが、梶原氏等の言いたい事なのでしょうか?
 だから「体罰をいけない が苛めや暴力沙汰犯した生徒は義務教育でも
     隔離したり、教室に入れない」と云うのはどうか?
 という発言に「それでは不良を見放す事」になると島根開星の野々村直通氏が
 言っていたとおもいます。
 だから、彼らにとっては、クラス等集団で誰が強いかを決め、
 強ければ好き放題する、でも暴走すると困るので叶わない強健な者を
 置き、そこには従う、この様な構図なのでしょう?
 だから、「以上でも以下でも無い」感覚でいる者は臆病者で
 嫌なら俺を倒せと云う事なのでしょう?
 (昔 某野球部の強豪校の監督が この人には叶わないと従う生徒の方が
  扱いやすく、真面目に練習ややることはやるが、他で失礼な事をしてまで
  絶対服従出来ない生徒をどう扱ってよいか解らないと云っておりました
  やはり、この様な感覚なのでしょうか?)
 ご回答お願いいたします?

 

投稿日時 - 2018-01-10 07:37:54

QNo.9416850

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

現在の教育現場やスポーツ全般の指導で、体罰を奨励し、骨折しようがどうしようが、死なない程度にいたぶるぐらいは許容される。体罰は本人の根性を叩きあげることができ、本人の精神的および肉体的強化に有効であるなどというような人はいません。

愛情のかけらもない行き過ぎた体罰は、体罰を加えた相手に憎しみと反抗心しか起こさず、自身の精神的な向上や技術の向上にはほとんど役に立たないことは明白だと思います。これは理性がどうこうというようなことではありません。人を育てるということは、植物の栽培に通じるものがあります。

植物を育てる場合、「根性で育てよ」と声を掛けたり、ムチでしばきまくって、「しっかり育つんだぞ」と言ったりしても、枯れてしまうだけだと思いませんか?愛情をかけて世話をし、適度な水をやり、肥料をやり、時には寒さから守ってやらないといけないこともあります。人もそれなりの愛情をかけてやって、人間らしく育っていくのです。

野球において、それぞれの技術の向上やチームの強化などを考えた場合、限られた時間でいかに効率よく体力の増強をはかり、守備力や打撃力を上げていくかが課題となります。毎日の練習で、お互いにケツバットで打撃練習をして、鉄拳制裁で腕を鍛えても、チームが強くなるとは、とうてい考えられません。

過去には体罰が当たり前のようにあった時期も確かにあったと思います。しかし、野球にしろ、どんなスポーツにしろ、体罰で選手が急速に優秀になっていくことはなく、体罰で選手たちを委縮させ、それなりにいうことをきく人間の集まりにしたい人間が、体罰と言う力で、弱い人間たちを押さえつけていただけのことなのです。選手自身が向上心を持ち、チームが一丸となって何かの目標に向かって突き進むのに、体罰は悪影響を及ぼすものでしかないと私は考えています。

梶原一騎は漫画の原作にも携わっており、私も彼の手掛けたいくつかの漫画を読みましたが、強ければそれで良いというだけのものとは違うと思います。その典型的なものが「空手バカ一代」で、この中の有名なセリフに「力なき正義は無能なり。正義なき力も無能なり」というものがあります。「男を成長させるのは、味方との融和でなく、強敵との死闘だ」ということを人生哲学にしていた人ですので、彼の作品にはそういったものが織り込まれているのです。

投稿日時 - 2018-01-11 22:25:13

ANo.1

強ければ良い。というのであれば梶原一騎氏の漫画原作は語れ
ません。
巨人の星で大リーグボールをオズマにバット落としで一時破れ
てから、バット飛ばしを予測する。野球ロボットと野球人形の
戦いを描くことはある意味危ういことです。
スポーツは人間がやるものであって、性能比べではない。
という理念がそこにはあります。

イチローや香川真司、本田圭佑などをどう思いますか。
世界一流になるには、ただ性能が優れているだけではダメですね。
人間はいつも好調を維持できるとは言えません。
スランプになってそこから這い上がるだけの胆力、精神力が試され
ます。
まぁ、イチローくらいになれば他の選手と比べてなんていうのも
陳腐です。比べるくらいの選手がいないのですから。

投稿日時 - 2018-01-10 08:31:46

あなたにオススメの質問