こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

いじめっ子は独占欲権力志向が強い

一概には云えませんが、いじめっ子は「自分が組織の中心になりたい」
「自分にとって目障りな者は排除したい」「人を服従させたい」と
いう人間が多い様に思えます。
幼稚園位から同級生でやはりいじめを行う者は
この様なタイプが多かったと思います。

唯考え方を変えれば、この様なタイプの方が、目的の為ならば手段を選ばずと
言う事なので、出世しやすく、社会では頂点になれるのかもしれません。

唯一歩間違えると犯罪者になるかもしれないという紙一重の処にいる人間の方が
社会では打たれ強く使えるという事なのでしょうか?
ご回答お願いいたします 

投稿日時 - 2018-01-05 08:08:57

QNo.9415053

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

うーん、だいたいがハラスメント上司になるんじゃないですかね。他人の心情を理解できない人間が多いと思うので

投稿日時 - 2018-01-09 16:36:19

ANo.8

こんにちは。

いじめに遭った経験のある者として回答させていただきました。

「一概には云えませんが、いじめっ子は「自分が組織の中心になりたい」
「自分にとって目障りな者は排除したい」「人を服従させたい」と
いう人間が多い様に思えます。
幼稚園位から同級生でやはりいじめを行う者は
この様なタイプが多かったと思います。」

リーダーの類型を考えると、権力型のリーダーに分類されます。しかしながら、権力型リーダーが必ずしもいじめっ子とは一致しません。

いじめっ子は、弱いものいじめがほとんどですので、「組織の中心になりたい」「目障りな者を排除したい」とも異なります。いじめっ子は強いものには刃向かいませんので、組織の中心にはなれません。目障りな者というより、自分より弱くいじめて楽しい者であればよいのです。

幼稚園の段階なので、まだ、リーダーの類型を考える段階ではありません。幼稚園の段階で目だっていた子が、必ずしも社会で打たれずよく使えるとは、全く予測はできません。現代は腕力よりも知力のある人間の方がリーダーになる上で有利です。

「唯考え方を変えれば、この様なタイプの方が、目的の為ならば手段を選ばずと
言う事なので、出世しやすく、社会では頂点になれるのかもしれません。」

社会で頂点に立つためには、知力、体力、精神力、人間性、(ずる賢さ)が必要です。ずる賢さは分野によっては発揮され得るということで入れてありますが、ここのところで、いじめっ子のずる賢いところが発揮される余地はあるかもしれません。いじめっ子はずる賢い人間のカテゴリーの一部に位置する存在です。従って、ずる賢い人間がかならずしもいじめっ子とも限りません。

いじめっ子=ずる賢い、性格が歪んでいる、腕力が強い
だけですので、社会の頂点に立つ可能性は低いと思います。

「唯一歩間違えると犯罪者になるかもしれないという紙一重の処にいる人間の方が
社会では打たれ強く使えるという事なのでしょうか?」
紙一重の領域にいる人間に限定されます。一般論ではありません。

いずれにしても、
いじめっ子=ずる賢い、性格が歪んでいる、腕力が強い
だけで、知力の高いいじめっ子もいますが、いじめっ子が社会の頂点に立つ可能性は低いです。

オーソドックスな分野で、真にリーダーになる人間は、いじめをしているひまはありません。

投稿日時 - 2018-01-07 21:44:59

ANo.7

能力が伴わなければ、いるだけで鬱陶しくて迷惑な人か犯罪者ですね。

>社会では打たれ強く使えるという事なのでしょうか?
恥を知らないだけで打たれ強くはないと思います。
使えるか使えないかも能力と行動力次第であって、口先だけではどうにもなりませんね。

投稿日時 - 2018-01-05 16:05:36

ANo.6

誠に、ご明察なので感服を致しました”心理学的にも、その通りでしょう。
人間として”集団行動する時は、何等かの”ボス頼りは、あるものでしょう。
当然、打たれ強く・多少のイザカイ等はものともしない”タフさは、有ります。

◎具体例を書きます、当方”幼馴染みは、”皆々”ガキ大将志望集まりでした。

”アニメでいえば、”ジャイアンみたいに”体は大きく・力は強く、それなのに
何とも”敏捷性は凄い、つまり主役を張りたいそのためには、何が何でも。

子供心に分っていたのは”支配欲とレツを作りたい、確かに”悪ガキ同志がクラス中一番の”人気者でした。 ”よく、上級生とか隣のクラスのボス同志衝突が、
今となれば”楽しかった幼馴染みの思い出でしょう。・・・

苛めっ子なんて、実は”勉強ソコソコできれば良いからと言う事でした。

◎幼少時代から小・中学校・高校生位までは、”ヤンチャで怖いもの知らづ。
その後:でも、大学生~社会人生活に慣れてきてから、結局ごく普通の大人になりました。

*つまり、社会人は権威・権力・公明正大とかより、長いものには巻かれろが
”社会良識で”世渡り上手に成るまでの、一つのハードルでしょう。 End

投稿日時 - 2018-01-05 10:28:36

ANo.5

あなたと見方は違います。

いじめっ子は「自分はここにいる、ここに存在していることを認めよ」という焦燥感で動いていると思います。
自分が本当に他の子より力が強くて支配したいと考えるやつはまずいないんじゃないかと。そもそもそんなに当人は強くないはずなので。

自分の思い出を話すほうがわかりやすいから話します。私は別にいじめっ子ではなかった。というか喘息もちでひ弱なガキでした。過重な動きをしそうな体育の場合大体「見学」にさせられた。サッカーでぶつかったりバレーボールで転んでけがをしたり喘息の発作を起こされたら困るからです。
そりゃ余計にひ弱に育つでしょう。

ところがある年の運動会で、どうせびりだろうと思って走ったら2位だった。あ、無理に大事をとらないでいれば自分にはできるんじゃないか、と思いましたね。こういう感覚が、運動劣等生とかクラスのくずだと思われないで生きていける糧になります。ま、それはさておき。

あるとき、ちょっと言い合いになった相手と取っ組み合いのけんかになった。
そんなつもりはなかったが言い合って相手がもみ合っているうちに後ろ向きにひっくり返ったので馬乗りにのしかかったという状況になりました。別にこちらは殴ってもいないし特別な暴力はふるっていませんでしたが、ぎっちり閉じた目から涙がにじんできていて、ああこいつは怖いんだと気づきました。自分のようなひ弱なものにそういう恐怖感を感じるなんていままで想像もしませんでしたけど、いつのまにかガキ大将みたいに思われているのです。

このとき、まさにこのとき、相手が自分を怖がり抵抗を全くしていないとき、自分は相手を殴りたくなりました。相手のそういう態度が我慢できないと感じたからです。
殴ったら相手は泣き続け、抵抗しないんだから血が出たりするでしょう。それも想像ができたけど、本気で殴りたくなった。相手の被害者面が本当にいやだったから。
そのとき後ろから別の友達が押さえてくれたので、殿中でござるという形で何もしないですんだ。

一度でも殴ったら、殴り続けざるを得んでしょう。止めどころがないんだから。
手段を択ばず、じゃなくて、それ以外の手段がないんです。
そうしたら明白にいじめっ子になります。

この経験で思ったのは、いじめられるほうが、自分が被害者だ、不幸だと思うことが事件を発生させる大きな原因なんですよ。そういうことです。

つまり原因はすべてコミュニケーションの欠損なんです。
コミュニケーションは、もし吹出しをつけるなら「おれはここにいるぞ、いることを認めてくれ」以外にありません。
私の経験のその場面でも、なぜ彼にのしかかっているのか、なぜ殴りそうになっているのかを訊いてくれたりしたら、そもそも殴ろうという気も発生しなかったはずです。

いじめっ子だと、ミニ社会から排除するような扱いをしたら、当人は暴れん坊のいじめっ子を演じ続ける以外に役割はないじゃないですか。
あなたは人を服従させたいんだ、とか目障りは排除したい人種なんだ、というように決めつけたらそちらの方向に進む以外選択肢ないでしょう。
そもそも当人はそれほど体力はないはずです。他人よりガタイがでかいこともありうるけど、およそいじめっ子はチビが多いと思いませんか。

別に子供だけの話じゃなく、やくざに脅されたりしたときも同じだと思います。ああこいつはやくざだと思った時から被害者面になりおどおどしていたら、相手は商売が暴力団なんですから、付け込まざるを得んでしょう。

社会はだれかを決めつけて排除したところからゆがむんだと思いますよ。

いじめっ子という人種が存在して、その性質が一般人と違うと差別することが一番問題だと私は思っています。あなたは気に入らないかもしれませんが。

投稿日時 - 2018-01-05 10:23:59

目的のためなら手段を選ぶ・・が、正解でしょう

犯罪にならないように姑息に相手の心を折っていくのですから、実力がなければ評価はされないと思います

投稿日時 - 2018-01-05 09:33:50

ANo.3

こんにちは

確かにそういう部分もありますが
一番は
自分さえよければいいというエゴが働くからだと思います。

そこには相手への思いやりなどはなく
自分の欲を満たすためだけに動いています。

要は人のことなど構わず手段を択ばないので
目的達成できるのでしょう。
ただ何かあれば、必ず足を引っ張られる存在です。
たまたまそういう人が周りにいなければいいですけれど
勢いのある誠実な人が現れると落とされる可能性もあります。

投稿日時 - 2018-01-05 09:06:50

ANo.2

 目的のために手段を択ばないから居心地の良い場所をもぎ取れるのであって、実際は打たれ弱いんじゃないかなぁ?
 だって、他人に負けたくない・無様な真似は見せたくない・自分の思い通りにしたいで生きてきた人達ですもの。
 人並みの挫折や我慢をしてきたと思いますか?
 そういう人達は、回避出来ない困難や被害に立ち向かうだけの根性はないと思います。
 むしろ、旗色が悪くなったらすぐに逃げ出すタイプじゃないかな?と、思ってしまいます。

投稿日時 - 2018-01-05 08:44:34

ANo.1

「いじめ体質の人をおだてて盾にする」という生き方もあるので、そういう人に持ち上げられている部分はあるかもしれないですね。

現実がついてくる(組織で評価されるように結果が見える形になっている)場合は昇進しますが、そうでない場合は「現場の困った人」になってしまうかもしれないですね。

厄介なのは「他人の手柄を横取り・中抜きしていること」と「うまくチームをまとめている」ことが紙一重という場合だと思います。

投稿日時 - 2018-01-05 08:40:47

あなたにオススメの質問