こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

ダイレクト出版(株)の就業規則と副業アフィリの可否

ダイレクト出版株式会社の現・就業規則には、
副業禁止規定はありませんか?

例えば、アルバイトとして入社して、
半年後位に正社員となってからも、

社内の仕事とは別にプライベートタイムに
自分でアフィリエイトビジネスもやり、収益が増え、

安定してきたら、すぐにでも法人成りして、念願の独立の為、
いつでも円満退職したい、出来れば3年以内にと言ったビジョンを

当然の前提として就職する事は充分、可能でしょうか?
面接で堂々とそんな事を言っても平然と受け入れられます
でしょうか?

或いは、現社員の方に、本業の他に、アフィリ等のネットビジネスも
して結構、稼いでいる、本業も副業も人間関係も上手くいっていて、

社内公認で、独立へ向けて日々邁進されている方もおられますか?
そもそも忙しい会社で、副業でアフィリなんてする時間を作れる人、

つまり実際にしてはる人は、もしや一人もいないのでしょうか?

最後に、大学中退で、36~37歳とかでも意欲と志があれば、
転職できますか?

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-26 21:08:15

QNo.9411963

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

個別の会社の事なんか知りませんし、知っている人もいないでしょうし、知っていてもあからさまに書くのもはばかれるでしょう(こうやってあおれば書く人もいるかな?)
ただし一般に、業務専念義務というものがあり、これは雇用契約締結によって自動的に結ばれると解釈されています。
しかし、憲法には職業選択の自由が謳われ、つまり副業を禁止する事はできないのです。
従って、副業禁止規定があったとしても、それがそのまま有効になるわけではなく、先の業務専念義務や守秘義務等に反した場合のみ有効となります。

さて、アフィリをやる事自体に問題はありません。
問題はその方法です。
自身の自由時間、つまり退社してからなら好きなようにやって構いませんが、しかし、度を超してそれが業務に何らかの影響を及ぼすようになると解雇対象になります。睡眠不足などが問題視されます。
もちろん、就業時間中にメンテなどを行うのはアウトです、当たり前ですが。
で、採用時にそんな事を堂々と言うようでは、普通はかなりマイナス評価でしょう、そのうんたら出版の事は知りませんけどね。
常識的に考えて、独立に向けて邁進してる人を会社が応援しますか?
そんな神経使うくらいなら、自社の仕事にもっと熱意を注いで欲しいと思われるのが当然の事と思いますが・・
もちろん、そのなんたら出版は知りませんよ。もしかしたら、社員をさっさと追い出したいから独立を勧めるかもしれません、体の言い首切りですけど。
もっとも、そんな状態で新規に採用するとも思えませんけどね。

投稿日時 - 2017-12-26 22:00:16

あなたにオススメの質問