こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

ふるさと納税とidecoについて

企業勤め2年目の者です。
ふるさと納税とidecoの兼ね合いについて質問させていただきます。

ふるさと納税は自己負担額2000円以外が所得控除になり、
idecoは企業年金がない場合月上限23000円でその掛け金が所得控除になる。
ふるさと納税は所詮浪費であるため、老後への投資としてidecoを優先し、余りをふるさと納税に使うべき。という事を知りました。


年収400万の単身者でideco上限23000円/月払い、損をしない為のふるさと納税の上限は52,858円と出ていたのですが、どういった計算でこのような結果になるのでしょうか。

年収別で所得控除に上限があるのでしょうか。
無知な質問で申し訳ございませんが、お詳しい方わかりやすく解答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-12-26 16:22:53

QNo.9411869

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ふるさと納税で払った金額は所得控除では無く「税額控除」です。
ふるさと納税額 - 2千円 が住民税・所得税の課税額から引かれます。
イデコは所得控除であってます。

で、ふるさと納税で払った金額の税額控除には上限が決められています。
上限額以上にふるさと納税をしても税額控除は受けられないので、ご自身の手取り収入が減ってしまうと言う事になります。

上限額は所得金額以外にも決定要素があり計算が複雑なので、下記の総務省のサイトなどを参考にして下さい。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

投稿日時 - 2017-12-26 18:14:08

あなたにオススメの質問