こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

三相三線AC200V相の考え方

お世話になります。
電流計算で、三相三線AC200Vに仮にR-S-Tにモーターとかつないで20Aとします。R-S間単相AC200Vにトランス15A、T-S間単相AC200Vにトランス20Aをつないだ時、計算として20+15+20と考えるのか、20+20と考えてR-Sの15Aは計算に入れない考えなのか教えてください。R-SかT-Sのどちらか高いAの方を加えるだけで良い物でしょうか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-19 19:22:29

QNo.9409581

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 1.3相3線200Vの電源が存在する。
 2.この電源に対して、3相モーターを接続する。
 3.モーターの定格電流は20Aである。
 4.この回路の遮断機に単相200Vの遮断機2個使用したい。結線は、R-S、T-Sに各々の遮断機を接続する。
 5.遮断機の遮断電流はいくつにすれば良いか?

 質問を整理すると、こうなるのでしょうか?
 遮断機は、3Pだと3つ、2Pだと二つのスイッチが入っているだけですから、4の結線をすると、S相のみ、ふたつの遮断機が直列または並列に入ることになります。遮断機を並列に入れると、S相のみ遮断機に流れる電流が半分になりますが、相ごとに遮断電流が違うような器用な遮断機はないので、必然的に、直列に接続することになります。
 遮断機の遮断電流は、どれだけ以上の電流が流れたら回路を遮断するかを決めているだけです。同じ回路に直列に遮断器を入れても、遮断機の定格電流を変更する要因にはなりません。
 というわけで、条件がこれだけならば、NFBの定格遮断電流は、3Pを使用する時と全く同じで良いと思われます。つまり、一般的に計算されるとおり、モーターの定格電流の3倍、つまり、60AのNFBを使用することになります。(3倍は、始動電流で、遮断されないように保証するためです。)使用するのがモーターブレーカーであれば、定格と同じ20Aとなります。

 が、回路として、問題が出ます。
 過電流で遮断機が落ちる時、全ての相が同じタイミングで同じ電流が増えて遮断されるというパターンであればよいのですが・・・。例えば、T-S相のみ過電流となり遮断されるとします。すると、T-Sの遮断機のみが落ちて、R-Sは通電したままとなります。この状態では、R相に対しては回路は閉じたままです。(S相に関しては、T-Sの遮断機で遮断されます。)安全上好ましくない状態ですし、漏電が絡めば好ましくないを通り越してまずいです。

 と考えると、2Pの遮断機を、3相モーターの遮断機に流用するというのは、よろしくないということになりますね。

投稿日時 - 2017-12-20 21:56:28

補足

ご解答有難うございます。
1~3、そうです。5,は考えず・・・
4、R-S相、T-S相に2Pブレーカー取り付け、それぞれに負荷が接続されて下ります。
そうすると、メインブレーカーELBがあり、その二次側に3P3φブレーカーにモーター20A、R-Sにトランス7.5A、T-Sに7.5Aをつないだとします。悩みは、(1)20A+7.5A+7.5Aでの計算か(2)20A+7.5Aの計算なのかです。
私は、各相の負荷を(1)でELBの電流を求めてきましたが、ある人から(2)でいいと言われたのです。そこで、各相に負荷がつながれて要るのに何故(2)なのか悩んでいます。私は(1)だと思っています。(1)なのか(2)なのか、何か変な悩みですが、お願いします。

投稿日時 - 2017-12-21 10:48:33

お礼

お世話になります。
お礼が遅くなりましてすいませんでした。
大変、参考にさせて頂き有難うございました。

投稿日時 - 2018-01-09 09:20:59

ANo.3

3相の公式
https://eleking.net/study/s-accircuit/sac-3phasepower.html

不平衡三相交流
https://www.jeea.or.jp/course/contents/05102/
とてつもなくめんどくさい計算 < 電験の問題以外での実用性は無い


実務上のブレーカ選定か電線太さの選定にはめんどくさい計算は不要
普通に3相モータの公式でOK(一番電流値の高い相で統一させる)
何故か?
R相20A、T相15A って相ごとに電流値の違うブレーカは売ってない
売ってない物の計算はしても無駄でしかない

ケーブルも同様
R相2sq、S相、3.5sq、T相5.5sq
って言うケーブルは売ってない

IV線で張れば線の太さを変える事は可能ではあるが
わざわざ線の太さを変えるメリットは存在しない

200sqくらいになるとメートル単価もデカイので
それなりの効果は出るかも知れないが
それよりも人件費の方が遥かに高いので効果は少ない

投稿日時 - 2017-12-19 22:03:04

補足

ご解答ありがとうございます。
確かにR相だけ、T相だけ毎には売って下りません。
2PブレーカーならR-S、T-Sに取り付け出来ます。3相3線出有れば何処をつないでも200Vはとれます。
難しい公式は、勉強不足も合って行う事が困難で有ります。R-S-Tにつなぐ3Pブレーカー、R-Sにつなぐ2Pブレーカー、T-Sにつなぐ2Pブレーカー、この三種類の計算でアンペアを考えるのは、R-S-Tは必要だと思います。
ただ、R-T、T-Sの2種類は加えるのか、それとも1種類なのかそこが知りたいと思います。
なかなか面倒な質問でもし訳ありません。何卒宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-20 10:35:46

お礼

お世話になります。
お礼が遅くなりましてすいませんでした。
大変、参考にさせて頂き有難うございました。

投稿日時 - 2018-01-09 09:21:53

ANo.2

3相モーターには力率(cosθ)と称する電気的な重要な要素があります。
単相AC200Vのトランス15Aにもトランスの2次側に接続される負荷に
力率(cosθ)があります。
このため、どのような種類の負荷が接続されているのか?
この点についても考慮する必要があります。

これらの力率が変わりますと単純には合計できません。力率から有効
電流と無効電流に分けて計算し、それぞれ有効分と無効分を合計し、
更には有効分と無効分から力率を計算することになります。

更にR-S間の単相負荷とT-S間の単相負荷には位相差と称する特有の
要素があります。
また、同様に単相負荷にも力率を考慮する必要があります。
この位相差と力率を考慮に入れて電気的に計算します。

加えてこれらの計算した結果を何のために計算したいのかによっても
考慮する条件を追加する必要があります。

1)電線サイズを決定するために計算したいのか?
2)電源ブレーカの定格電流を決定したいために計算したいのか?
 この場合ですと、モーターの始動電流の大きさと始動時間を考慮しま
 せんとブレーカが誤動作してトリップします。
3)電圧降下分を計算するために電流を計算したいのか?
 始動電流が大きいと電圧降下も大きくなりますので支障が生じます。
 電線サイズを大きくしたり電源変圧器の容量を大きくする必要があり
 ます。
4)その他の理由があるのでしょうか?

などがいろいろありますので、簡単には答え難い問題です。
条件が複雑になりますと計算も複雑で面倒になりますので、
「○○を選定するために電流計算したい」との条件を付けてますと、
選定方法も簡単化・単純化できる場合もありますので、この点を補足
されると良いと思います。

なお、電気計算に詳しい方・友人を探して、条件を説明しながら相談
することをお勧めします。

投稿日時 - 2017-12-19 21:23:26

補足

ご解答ありがとうございます。
検索を致しますと、やたらと難しい公式等が出てきます。
1)、3)、4)違います。
2)そうです。
2PブレーカーならR-S、T-Sに取り付け出来ます。3相3線AC200V出有れば何処をつないでも200Vはとれます。
難しい公式は、勉強不足も合って行う事が困難で有ります。R-S-Tにつなぐ3Pブレーカー、R-Sにつなぐ2Pブレーカー、T-Sにつなぐ2Pブレーカー、この三種類の計算でアンペアを考えるのは、R-S-Tは必要だと思います。
ただ、R-T、T-Sの2種類は加えるのか、それとも1種類なのかそこが知りたいと思います。
なかなか面倒な質問でもし訳ありません。何卒宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-12-20 10:41:18

お礼

お世話になります。
お礼が遅くなりましてすいませんでした。
大変、参考にさせて頂き有難うございました。

投稿日時 - 2018-01-09 09:23:05

ANo.1

 電流以前に、モーター回路として成立していないと思います。
 「3」相3線ですから、モーター回路が成立するには、3相が必要なのに、トランスの明示は2つしかありません。(T-R相はどこに消えた?)それと、3「相」なので、各トランス間は、通常、120度ずつ、位相が進んでいる必要があります。

 ここまで、指摘した上で、さらに、モーターの線電流の計算には、モーターの結線方法が示されている必要があります。
 スター結線・デルタ結線あたりの用語で検索してください。線電流・相電流・線電圧・相電圧のすべてを理解することから始めてもう一度整理されてはどうでしょうか?

 なお、モーターとして使うんじゃなく、単にモーターの中のコイルとして使うんだ・・・という前提なら、計算には条件が足りないと思います。提示の条件では、コイルの単独と相互のインピーダンスが特定でき無いと思います。

投稿日時 - 2017-12-19 20:22:41

補足

ご解答ありがとうございます。
検索を致しますと、やたらと難しい公式等が出てきます。難しすぎて理解に四苦八苦です。
なんとか資料を添付したいと今考えて下ります。

2PブレーカーならR-S、T-Sに取り付け出来ます。3相3線AC200V出有れば何処をつないでも200Vはとれます。
難しい公式は、勉強不足も合って行う事が困難で有ります。R-S-Tにつなぐ3Pブレーカー、R-Sにつなぐ2Pブレーカー、T-Sにつなぐ2Pブレーカー、この三種類の計算でアンペアを考えるのは、R-S-Tは必要だと思います。
ただ、R-T、T-Sの2種類は加えるのか、それとも1種類なのかそこが知りたいと思います。
なかなか面倒な質問でもし訳ありません。何卒宜しくお願いします

投稿日時 - 2017-12-20 10:46:05

あなたにオススメの質問