こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンのSSD128GBの書き込み寿命は短い?

CrystalDiskInfoで総書込量(ホスト)と総書込量(NAND)を毎日チェックしてるんですが、総書込量のホストはあまり増えないのに対して総書込量のNANDは
毎日20GB単位でどんどん増えているんですが(今日でもう801GBにもなっています)、毎日確かにパソコンは使ってますが、インターネットぐらいにしか使ってないのになぜ、大量に何をSSDに書き込みしてるんですか?(Windows updateもあまりしてません)

毎日そんな大量にSSDに書き込みしてるようだと、早くSSDの寿命を迎えてしまいますか?https://www.sandisk.com/business/computing/z400sの公式サイトを
見ていると耐久の所に72 TBWと書かれているんですが、これって72TB分を書き込むと寿命ということなんですか?

ネット上では最近のSSDは進化してきてるから書き込み寿命に関しては
全く気にする必要はないみたいな事が書かれているサイトが沢山あるんですが、
本当は今の時点でも、SSDの128GBは毎日毎日パソコンを使っていれば
すぐに寿命が(5年ももたないうちに)来てしまうんですか?

ちなみに質問対象のPCは今年の11月の下旬に新品で買ったばかりなんです。

機種はASUS TransBook 3 T305CA-7Y30のWindows 10の2in1パソコンです。
SSDのタイプは128GBで機種名がSanDisk SD8SNAT128G1002です。

投稿日時 - 2017-12-17 19:42:04

QNo.9408875

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

TBWはNAND書込量で見ます。

TBWは保証の目安です。たとえば製品保証期間5年であっても、TBWに到達した場合は以後は無保証になります。

TBWに到達してもすぐ壊れるわけではありません。実際に読み書き不可となるまでには、製品により随分差があります。どこかの機関が客観的に測定したものでもなく、各メーカーの自称値なので、神経質になっても仕方がないでしょう。

実用上は、1日20GBだとして10年はTBWに達しません。フラッシュメモリの構造上、空き領域が減るほどブロック消去が多発してNAND書込み量の増大は加速するはずで、実際はもっと早くTBWに達するでしょうが、HDDも割とトラブルが多いデバイスであることを考えると、格別神経質になる必要はないように思います。

ちなみにWeb利用では、SSD上に大量のキャッシュファイルが作られます。1つ1つは小容量ですが、SSDはブロック単位で消去・ページ単位で書込みとなるため、ホスト書込み量よりもNAND書込み量は大きくなります。

自分はSSDを使い始めて5年前後ですが、1台さっさと不調を来したものがあります。SP社の高耐久MLCを謳う格安SSDでしたが、2年ほどで健忘症になりました。フォーマットして初期した後は読み書きが普通にできるのですが、2-3週間電源を落としておくと、データが壊れてしまってWindowsも起動できない有様です。

もっともASUSやSandiskは、実績のあるメーカーですから、まず心配ないと思います。

投稿日時 - 2017-12-17 23:37:27

補足

例えば大げさな場合で1日100GB書き込んでたとしても
10年はTBWには達さないですか?

投稿日時 - 2017-12-18 19:57:11

お礼

とにかくSSDの書き込み寿命は心配はいらないということですね。
ASUSが海外メーカーなのは既に知ってますがではSandiskって海外メーカーですか?それとも国産メーカーですか?

投稿日時 - 2017-12-18 19:53:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

ASUS+SANDISKは、一般的にみれば無難な組み合わせであることは確かです。これでだめなら仕方がないと思える程度には。

投稿日時 - 2017-12-19 21:49:13

お礼

なるほど。

投稿日時 - 2017-12-22 20:30:12

ANo.9

どうでも良い話ですが

SLC、MLC、TLC、QLC、4種類のSSDについて徹底解説
http://chimolog.co/2017/07/bto-ssd-slc-mlc-tlc.html
恐らく来年ぐらいにはQLCを採用したSSDが登場するかも知れません。更なる大容量化と低価格が進むものと思われます。

投稿日時 - 2017-12-18 21:46:35

お礼

なんかどんどんあとからいいSSDが出てくるんですね。

将来は1TBもあるうえ、寿命なんか全くないSSDが出てきそうですね。

投稿日時 - 2017-12-19 19:40:47

ANo.8

NAND書込量が毎日100GBの場合は、二年でTBWに達します。そう言うのはSSDに適さない用途です。

SANDISKは米国の企業です。SSDやmicroSDなど、フラッシュメモリで最も信頼されている会社です。

ASUSは台湾の中堅ベンダーで、無難、安定、正統、保守的が持ち味だと思ってます。何台か持ってますが、抜群のコストパフォーマンスでした。

自分はT305HAの8GBモデルが気になって気になって、先日ポチる寸前で踏みとどまりました。あのときノジマで即納だったら間違いなく買ってましたね。

投稿日時 - 2017-12-18 21:16:50

お礼

SANDISKってフラッシュメモリに特化しているメーカーなんですね。
じゃあ他のメーカーのSSDよりも安心で壊れにくいですかね?

ASUSのパソコンは同じ海外メーカーであるDellやHPやエイサーやレノボ
よりも壊れにくいですか?

投稿日時 - 2017-12-19 19:36:24

ANo.7

わかりやすく説明しますね

1日20GB
365日*20=7300GB=7.3TB
7.3TB*10年=73TB

仕様なら10年は余裕で行けますね

私が使っている120GBSSDが6年で200TB超えてピンピンしてます

使用しているアプリに問題あるかもわかりませんがSpotifyって音楽配信のアプリがメチャクチャ書き込んだって去年ありました(毎日100GB)

気にしなくてもいいですよ

投稿日時 - 2017-12-18 21:05:45

お礼

回答者様は毎日100GBも書き込んだ事があったんですね。

それでも大丈夫な時は大丈夫なんですね。

あとそれと、200TB超えても大丈夫な点も驚きです。

投稿日時 - 2017-12-19 19:39:05

ANo.6

心配ないと思います。
Sandisk の仕様は知りませんが、Intel は寿命保証5年、ただし、総書き込み量73TB以下、120GB のSSD は総書き込み量36.5TB以下のようです。
36.5TB/(20GB per day)=1825days=5年
という計算になりますので、寿命が短くなるほどの書き込みではないと思います。
TBWは、Terabites Written

余談ですが、私の使用しているSSD で最も仕様年数が長い(およそ4年)のがCFD の256GB です。このSSD のSMART 情報には総書き込み量の項目がありません。なので、その数字の変化にくよくよすることがありません。
その代わり、健康状態が98% と表示されています。73TBx0.98=51.54TB まだ、これだけかき込みできるということだと考えています。

投稿日時 - 2017-12-18 15:10:18

お礼

自分もSanDisk SSD DashboardというSSDの総合的な情報を
表示するソフトを入れてますが、当然ですが、余寿命の所に100%と
出ています。

投稿日時 - 2017-12-18 20:06:52

ANo.5

SSDも種類があって品質と容量が重要
3D MLC >> MLC >>>>> 3D TLC >>TLC
容量が多ければランダム書き込みの範囲が増えるので長寿となります
128GBでは最低クラスなので寿命は短いです。最低256GBは欲しい所
逆に最近のTLCは品質が良いので容量が512GBあれば長寿

投稿日時 - 2017-12-18 02:51:28

お礼

ただまだまだ128GBと256GBとの価格差は大きいんですよね。

投稿日時 - 2017-12-18 19:58:09

ANo.3

パソコンを起動させれば仮想メモリにOS作業データを書き込みますし インターネットを利用すればアプリやWebページのデータが書き込まれます
Windows Updateも使用量に入っています

私はCFD製ですがもう3年? 不具合は起きていないです
仮想メモリやユーザーフォルダーは組み立て当初から別HDDとSSDに割り当てています(自作デスクトップPC)ので年数から比較すると少ないかも知れません

HDDと変わらなくなっていると思います

投稿日時 - 2017-12-17 20:32:53

お礼

仮想メモリにOS作業データを書き込むのは仕方ないと思いますが、
ネット中のWebページのデータを書き込まれるのは嫌やですね。

投稿日時 - 2017-12-18 19:32:55

ANo.2

 SSDは集積度が上がるほど書き換え回数が減少する傾向があるようですが、最大2000回が限界だったと思います。

 128GBで毎日20GB単位で書き換えをおこなったとしても、128/20=6.13回ぐらいですから、2000×6=12000回書き換えられる計算になりますが、12000日と言えば、約33年間使える計算になりますから、心配要らないでしょうね。実際には5~7年ぐらいでしょうが、それぐらい使えれば十分だと思います。

 メモリー単位辺りは2000回なのに、12000回使えるのかと言えば、毎回、書き換え領域を変えながら書き込んでいるので、同じメモリーを書き換える回数は容量分の1になるからです。

 よって、大容量SSDほど、書き換え耐久回数は長くなるわけで、128GBで心配ならば、256GBや512GBに交換すれば良いだけです。

 SSDではありませんが、USBメモリーで毎回書き換えているつもりでも、毎週2~3回ぐらいですから、年間で100~150回ぐらいで、2000回が限界としても、15~20年ぐらい使えるわけで、寿命の心配はしなくて良いようです。

投稿日時 - 2017-12-17 20:31:31

お礼

いずれにしても寿命に関する心配はしなくてもいいんですね。
じゃあ極端な話として、128GBSSDで毎日100GB単位で
書き込んでたとしても寿命に関する心配は全くないですか?

投稿日時 - 2017-12-18 19:13:55

ANo.1

>大量に何をSSDに書き込みしてるんですか?
【2017年版】Windows 10におけるSSDの設定方法と最適化
https://pssection9.com/archives/windows-10-ssd-setting.html
ハイバネーション(休止状態)あたりが有効になっているとか一つ考えましたがどうでしょうね。

>見ていると耐久の所に72 TBWと書かれているんですが、
>これって72TB分を書き込むと寿命ということなんですか?
メーカーが設定した数値なだけで実際はこれよりも多い容量書き込める場合もありますし。

HDD-SSD 耐久性と書き換え可能数について
http://1.faruru.name/contents.html
とか読んでみると良いかも。

投稿日時 - 2017-12-17 19:58:19

お礼

URL先のサイトを見てると、書き込み寿命の寿命だけを心配
しすぎる必要はないんですね。メーカーが設定した数値
以上に使える件に関しては以外ですね。

投稿日時 - 2017-12-18 19:27:43

あなたにオススメの質問