こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

30歳で海外から日本に帰国した場合の就職と婚活事情

こんにちは。
現在ドイツ在住で、もうすぐ29歳になる女性です。

ドイツには3年3ヶ月住んでいて、この6月に現地企業に就職しました。
が、約2年後の30歳半ばで日本に本帰国しようと考えています。

場所や環境にもよると思いますが、30歳で海外から日本に帰国して、日本で就職も婚活も一からスタートするとなると、やはり色々と厳しいでしょうか。
日本での30歳からの転職と婚活事情を知りたいです。

現在勤めているドイツ企業は現地でも大手の広告代理店技術職で、帰国してもある程度のキャリアにはなると思います。その職種での経歴はフリーランス時期を含め6年ですが、日本で1年以上正社員として働いた経験はありません。
ドイツ語は上級の試験に受かっていますが、翻訳や通訳の経験はありません。また、英語はほとんど忘れてしまいました(この2年で学び直すつもりではありますが。。)。

彼氏は現在おらず、こちらの国で結婚して骨を埋める気もなく、日本で日本人と家庭を築きたいと考えています。
これまで若さのお陰か、猫かぶりが得意なのか、ありがたい事にある程度はモテてきましたが、20代と30代では婚活での厳しさが全く違うと聞きます。さらに私は料理が好きでなく、妻向きではありません(今後必死に修行します)。
ただ節約家で、家はいつもきちんとしています。

なぜ2年後かというと、
(1)現地企業で正社員として2年以上働いた実績を作りたいから(できれば3年がいいとは思うのですが)。
(2)2年仕事を続ければ、ドイツで(法律が変わらなければ)転職自由な就労ビザが5年分出るので、いい区切りとなり、またもし日本に帰国して自分が日本の価値観に完全に馴染めなくなっていたら、最終的にドイツで人生を終える覚悟で戻って来られるから。
(3)日本でやり直そうと思うなら帰国はなるべく早い方がいいと思うので、上記の事を踏まえて、最短の年数が2年と考えました。

率直な感想をお聞かせください。

投稿日時 - 2017-12-10 11:37:06

QNo.9406271

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

Perry2812 様

●明けましておめでとうございます・・・私は回答者(婚活、専門家)の「NISHISHINJUKU」と申します。私は東京で長年、結婚相談所をやって来た経験を活かし専門家としての立場で客観的に回答させて頂きます。

★貴女の御質問の2点・・・つまり大きく就活と婚活に分けて、別々に回答申し上げます。

❶*先ず、何より私の専門分野である「婚活」については貴女の書かれた・・・に関して上記の通り、「結婚相談所」という立場での回答を客観的に書かせて頂きます。

*色々な婚活の方法論が有る中で最も、信用があり、ハードルが高い方法と言う意味ですから、訳の分からない「婚活サイト」「出逢い系サイト」とは全く別次元である事、お含み頂くと同時に、それらの、いい加減なサイトをくれぐれもご注意喚起の啓蒙も含まれています事、聡明な貴女の事、再度、御理解下さい。

・・・貴女の合理的に書かれたポイントである・・・


*こちらの国で結婚して骨を埋める気もなく、日本で日本人と家庭を築きたいと考えています。

*これまで若さのお陰か、猫かぶりが得意なのか、ありがたい事にある程度はモテてきましたが、20代と30代では婚活での厳しさが全く違うと聞きます。

*さらに私は料理が好きでなく、妻向きではありません(今後必死に修行します)。ただ節約家で、家はいつもきちんとしています。

・・・に極めて合理的にポイントが集約されている通り、分かり易く、一般論ではありますが想像が付きやすいと言えます。 それによると・・・

★結論から言うと、婚活は何ら問題有りません・・一般的な帰国子女という扱いになるので、それなりに注目される事でしょう。

1)日本で日本人と家庭を築きたい~

*大いに結構な事で一般的な女性として活動出来ますから帰国子女系で扱われたければ、それをポイントに書けば良いだけですし、嫌なら、嫌で何もなく基本的な30歳女性~として十分に若い年齢として通用します。


2)猫かぶりが得意~大いに結構でもはや「スキル」と言っても良いでしょう。

*日本人男性は非常に、それに弱い人種ですから貴女のスキルをそのまま、活かす事がむしろ重要です・・ただし、必要に応じてですからお含みを。


3)20代と30代では婚活での厳しさが全く違うと聞きます。???

*約2年後の30歳半ば…との事でしたら、全く120%問題有りません、一切、頭の中から削除下さい。(ただし、35歳以上となると出産適齢(限界)期として男性が「バカの一つ覚え」の様に一線を引いて来ます。

*29歳でOKで、30歳半ばならNGなどと言う不合理な話は、どこに有りましょう???貴女の様な賢明で合理的、かつ聡明感のあるキャリア女性に取って、そういう次元の迷信的誤解は全く意味が有りません。

4)さらに私は料理が好きでなく、妻向きではありません(今後必死に修行します)。ただ節約家で、家はいつもきちんとしています。

*誰も、貴女の様なイメージの女性に、そもそも料理など期待しません・・現状の実態より、貴女の書いた通り、いざとなった時の貴女の(おそらく、持ち前の高い学習能力で)「今後必死に修行」すれば一瞬で追いつく事でしょう。

*「ただ節約家で、家はいつもきちんとしています。」の方こそ、実際は大事なFACTORなので、大いに「猫かぶり」と共に活かして下さい。こちらの方こそ、疎かな女性が増えてますから・・・


★以上、概して婚活について言えば、帰国してからの活動となり、一切、問題有りませんから、無駄な心配は削除下さい。

★「ありがたい事にある程度はモテてきました」事を、そのまま日本で継続するだけの話です。

再確認します・・・

*「30歳半ば」
*「今後必死に修行」
*「ただ節約家で、家はいつもきちんとしています。」
*「猫かぶり」

・・・の「4大武器」を携えて、堂々と帰国して下さい。

★念の為この世界、何が問題かと言うと、貴女に関連した点で言えば・・・・・
「★絶対に婚活は焦って上手く行った例は有りません」・・ボロが出るので、とにかく焦って上手く行った例が無いのです・・・これを参考にして下さい。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~

❷次に「就活」について・・・これは専門外ですので、知人のキャリアカウンセラーに意見を聞きましたので、伝達します。

*主に、大学の新卒を専門にやっている関係で、キャリアこそ長い物の、貴女の様なSPECIALITYは、新卒に付き、扱えるはずも無く羨ましいと申してました。

*一般的な新卒学生も、贅沢さえ言わなければ、そこそこの所にほぼ100%決定~内定しているそうです。

*そもそも有効求人倍率も過去、最高レベルなので「人材不足」≒「売り手市場」にいる事だけは間違い有りません。

*バイト、一つ見ても、殆どの飲食やコンビニは非日本人化し、まともに日本人を雇用している所が少なくなりました。ここ数年の急激な傾向には本当に驚きます。

    ***     ***

★以下は、私が若い頃、某小さなメーカーを経営していた経験から客観的に判断し、勝手な意見も交え、回答させて頂きます。周囲の経営者陣とも交流が有った事から察して、そんなに外れてはいない事と存じます。

★時に、貴女の場合は完全に中途採用向きの即践力派なので、新卒の議論を言っても無意味でしょう。貴女が今後仕事に生かしたい方向性やスキルや言語力を徹底的に活かせば、むしろ「一般新卒」よりはるかに「引く手あまた」でしょう・

*大手の広告代理店技術職で、帰国しても・・・英語はほとんど忘れてしまいました(この2年で学び直すつもりではありますが。。)。

*これだけで十分ではありませんか? 何も不足は感じません。要するに、過去の詳細より、今後や将来に向けての可能性やスキルを欲しがるのが当然ですから、プラス面のみ堂々とAPPEAL出来る事を大事にして下さい。

*それを大前提に言えば、あくまでも私個人としての経営者時代の意見を想い出せば・・(一応、帰国して日本企業に再就職する場合・・)

1)とにかく具体的に、どういう企業に、何のPOSITIONで行きたいか?
*出来るだけ多くの固有名詞を言えるようにして。
*かつ、広告代理店技術職と言っても、どういう部署名なのかを調べ。
*東京なのか大阪なのか?と言うような基本を定め。

2)基本的なPAYの最低条件はどの程度を希望するか?
*現在の条件に拘るなら、PAYを証する物の控えを必ずKEEPし。
*日本円で言うと、希望金額を言える様にし、

3)完璧なまでの履歴書、職務経歴書をFREE-HANDで作成し、いつでも提出出来る準備をしておいて・・・・

★貴女の希望する会社の「ドイツ支店」の日本人代表にアクセスする事を考えます。例えば、電博のドイツ支社を通して、2年先の話を聞いて貰うのです。

*色々な経緯を話し「未来予想図」を仮にも聞いて貰える「個人的な関係」を作るのです・・・その時にも、再度、「猫かぶり」が別の面で生きる事間違い有りません。(笑)

*何でもイイから、とにかく、将来、日本で就活し、面接に行く可能性がある会社のドイツ支社を先ず履歴書持参で、回る事では無いかと思います。

*・・・要するに婚活と大きく違うのは、現地で「今から、★フライングしてコネを作る」という事です。明らかな準備期間を設けて、日常の中に貴女と言う存在を聞いて貰い、会って貰い、スキルや才能をINPUTしてもらい、日本の本社に逆に輸出してもらうのです。

*こんな時こそ、つまらない男に「猫かぶり」しているより、「フライング」して「個」を活かさない話は有りません。・・・こんな時に「これまで若さのお陰か、猫かぶりが得意」を活かさないで何時活かすのでしょう?

★要するに、その若さで「ドイツ語」をビジネスで使って来た事自体のリテラシー自体を「売りにする」事です。広告代理店に、どこまで拘っているのか存じませんが、職種に制限さえ設けなければ更に機会は広がる事でしょう。

★したがって、まとめると・・・

*何より、今からフライィングしてでの「個人的なコネをドイツ国内で作り始める・・・」一般的なマニュアルだけで人事が行われているわけでは無い実態を把握する事。

*半分は人間関係で決まるし、半分は「スキル」で決まるし、必ずしも正攻法の戦略が正しいとは言えません・・・とにかく、現地で下準備をするのです。
何よりアクセスが良いのですから、自身を売り込んでおく事です。
(※最初が肝心ですから、アポイントを取る時に、猫かぶりを徹底して活かしましょう。きっと、喜ばれる珍しい訪問客と言う扱いにされれば先ずはOKです)

★なお、なぜ2年後かというと、・・・の件についても聞いて貰うような関係で教えて頂きたい・・という関係で相談に乗って貰えば良いですね!

★(重要)要するに重要な事は「決定権のある方」に出逢う事です・・日本企業のドイツ法人であっても、とにかく現地に於いては責任者たる立場の決定権や「紹介権」のある方です・・彼等は比較的、暇な事が多く、意外にも出逢える機会がある事を絶対にお忘れなく・・。「猫かぶりでフライング」有です!

★頑張って下さい!


(PS)

★たまたま、今の瞬間に於いては、私は専門家回答者ランキング上位(下記URL参照)におりますがゆえ責任持った回答をさせて頂きました事、御理解下さい。少しでも参考になれば、「ありがとう」をクリック頂ければ誠に幸いの上、追加質問等があれば、ご遠慮なくお願いします。

参考URL:https://okwave.jp/ranking/professional/

投稿日時 - 2018-01-06 00:42:08

ANo.1

>率直な感想をお聞かせください
ほんとに感想程度ですが、
就職については、
>(2)2年仕事を続ければ、ドイツで(法律が変わらなければ)転職自由な就労ビザが5年分出るので
自分のキャリアの優位性を高めるには有効でしょう。
また、英語ができることもそうですが、ドイツ語は特異性があります。
海外支社や本社を持つ企業では、採用率が上がると思います。
現在、ヨーロッパ圏では、イギリスのEU離脱の問題があり、
関係企業の動向が注視されますが、ドイツはこの問題でも
主導権を握っている存在です。関係企業にとっては、色々な
情報を知りたいところでしょう。
その面でも現地に在住していることは意義があることだと思います。

婚活に関しては、日本でどうなのかは良く解りません。
あなた次第のところがありますよね。
どうしても日本ということであれば仕方ないのですが、
今の状況から考えると、日本ありきでなくても良いように
感じます。

就職を考えた場合、採用企業も質問者さんもキャリアを生かした
仕事を考えると思います。そうなると海外経験者は海外派遣や駐在する
可能性が高いと思います。(行く行かないはご本人次第ですが)

結局、現地で両立も「アリ」かもしれませんが、
2年という時間の中でじっくり考えることがベターでしょう。

投稿日時 - 2017-12-10 13:10:02

あなたにオススメの質問