こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

委託先が更に委託する意味とは

通信関連会社のプランに契約しようと思っていたら、申込書には、その通信関連会社は他社に毎月の料金収納代行を委託し、その委託された代行会社が更に他社に委託しているようなのですが、なぜ代行会社一社で終わらせないで委託しまた委託と続く理由はなんなのでしょうか

投稿日時 - 2017-12-03 23:43:50

QNo.9404161

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 いろいろな事情が考えられますね。

 委託するのは、基本的に、自分でやるより効率的で、安くできるからです。

 役所が民間に業務委託するのがその典型例です。

 「役所は一番忙しい時に合わせて(多数)雇用しており、民間は、一番閑な時に合わせて(少人数)雇用していると言われている(忙しいときは残業)通り、役所は、通常は不要な数の人間を雇っています。当然、民間の総人件費のほうが安いわけです。

 公務員は給料が人事制度に縛られて高止まりしています(公務員は、クビがない倒産がないのに、大企業並の給料をもらっている)が、民間の給料は倒産リスクがあるのに安い(安く使える)。

 役所は前例主義で制度が硬直化して、非効率なまま制度を改善できない。この点は同情すべきですが、学習塾でできることを公立小中学でやると「不公平だ」とかいろいろ言われて改革が潰されます。

 同様に、大企業であるほど官僚化して非効率になっていますし、高給なので、委託するほど、費用を安くできます。

 なので、委託→再委託→再々委託 と繰り返します。

 じゃあ、これ以上委託できないような末端の企業に、通信会社が直接委託すればいいじゃないか、と思うでしょうが、

 それだと、末端の零細企業であるがゆえに、なにか問題がおきたときに責任が負えず、被害者からの非難・批判が自社(通信会社)にむけられる危険があります。

 そういう場合に備えて、通信会社は、ある程度の規模で、責任を負える組織・企業にしか委託できないのです。

 また、小さな企業に委託すると、企業数が増えるので管理・監督の目が行き届かなくなります。しっかり管理しようとすれば、それぞれから届く種々の報告書や資料を読むための人間を増やさなければなりません。なんのために委託したのかわからなくなります。だから、小さな末端に委託はしません。

投稿日時 - 2017-12-04 02:27:24

お礼

とても丁寧にありがとうございました。
経費削減と効率性の向上という理解で良いですかね?


こういう委託、再委託をしていても通信関連会社の利用者は気にすることはないでしょうかね。

投稿日時 - 2017-12-04 10:20:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問