こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

お茶ビジネスについて

マリアージュフレールやTWGは何故あれだけ色々な種類の茶葉を取り扱うんでしょうか?
専門店感を出すためとかなのかな?とは思いますが、一日一個も売れないような商品も抱えるそれと在庫リスクにもなると思います。
ごく稀なマニアの人のためにそのバラエティを揃えてるとしたら、それは戦略的に正しいのでしょうか?

投稿日時 - 2017-12-01 11:50:43

QNo.9403296

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

茶葉の種類はとても豊富です。

その中で万人受けするもの、マニア向けのもの色々ですが
例えば、珍しい種類のものを扱っていると
それだけで評判となり集客もあります。

その効果は、どこかで取り上げられたリ、また口コミや
SNSで広まったりしますから
戦略的には間違っていないと思います。

どこでも誰でも手に入れられるものでしたら
あまり意味がないのです。

それがマニア向けだったとしても、
そういう目に触れることで他の集客も見込めて
プレーンなものも売れることが多いです。

宣伝費と考えれば、お安い効果だと思います。

投稿日時 - 2017-12-03 15:52:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

あんまり差がわからないかもしれませんが、お茶の種類によっても、味や香りが変わります。

また、焙煎の仕方や、取れた産地、時期などでもお茶は香りが違うものです。

そもそも、なんでも同じだと思う人は、そういうおみせじゃなくてスーパーで買うだけでしょう?
スーパーで買ったのも専門店で買ったのも違いがわからないと思いますからね。

その辺を楽しんで飲んでいる人がターゲットですので、種類は多くある訳です。

まだ、お茶は日持ちするので良いのですけどね。
ケーキなんて、その日の売りきりですから余ったら捨てるだけになります。
そう言うものから比べれば、ずっと効率は良いと思いますけどね。

投稿日時 - 2017-12-01 20:55:16

あなたにオススメの質問