こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣の期間短縮

派遣社員です。現契約期間で辞めます。
でも契約期間より早く辞めたいです。
理由はあります。上司が精神的にきついです。
上司に聞いてと言われたことを聞いても実際忙しそうだったり、言うことが変わります。
大事な見積の値段のことなのに、どうするかいちいち相談だなんてこんな新人の派遣社員に任せてほしくありません。
それは社員がやるべきだと思うし、社員が値段を決めておくべきだと思います。
以前も私は辞めるとなりましたが止められて、上司が聞きやすく変わったと思ったのは最初だけでした。
忙しいのもわかるのですが、それなりの対応をしてほしいです。
上司が精神的にきつくて会社に行きたくなくなります。。

派遣会社にその旨を説明すると
もう辞めるとなったのは2度目のことなので理由も分かっては貰えているのですが、
期間短縮だけはできないと言われました。

私から派遣先に直接言うのは駄目でしょうか?

投稿日時 - 2017-11-20 19:13:42

QNo.9399469

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

派遣社員の場合、理由無く堂々と辞めることができるのが、契約期間満了だけです。短縮はできないと派遣会社から言われている以上、体調不良や特別な事情がない限り、契約期間を全うしましょう。

残り日数があと何日なのかわかりませんが、辞めるのですから割り切って仕事をすれば良いと思います。
忙しそうにしていても聞くしかないのですから聞く、相談する。忙しいふりをしているだけかもしれませんし。もしくは「こちら確認いただけますか?」と一言いって去る、とか。
いつも違う答えを言われたら、必要に応じて確認する。
社員がやるべき、決めておくべき、という不満はわかりますが、与えられてしまった仕事。たたきを作るつもりで、社員が直す前提で取り組めば良いと思います。

投稿日時 - 2017-11-22 08:51:57

お礼

とても参考になりました(;_;)そのようにしたいと思います。ありがとうございました!!

投稿日時 - 2017-11-23 22:12:58

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>私から派遣先に直接言うのは駄目でしょうか?

言うのは勝手ですが、派遣会社を通せ、と言われるでしょうね。雇用関係はあなたと派遣会社ですから、派遣先は関係ありませんから。まぁ仲良くしてくれてる派遣先の社員がいれば、話は聞いてくれるかもしれませんが。

そもそも派遣会社の就業規則を読みましたか?期間を短縮するには30日前などの記述が派遣会社によってはありますから、それを確認して派遣会社に言うことです。派遣会社は契約途中で簡単に辞めてほしくないので、その旨を言わないことが多いのですが、なければ法律上、有期雇用は契約を守らなくてはなりません。

あとはもう毎日しつこいぐらいに派遣会社に電話だけでなく、派遣先へ出社前に派遣会社に立ち寄るとか、担当営業の上司に直談判するとか、一方的な出社拒否以外の実力行使と言ったらこんなことぐらいでしょうかね。

投稿日時 - 2017-11-20 20:56:29

お礼

ありがとうございました(;_;)

投稿日時 - 2017-11-23 22:13:09

ANo.3

雇用契約破棄に関わる損害賠償は、微々たるものです。
労働者は人間ですから、病気でやめる事もあれば気分でやめる事もあります。それは事前に想定できる事態ですから、会社が利益を上げる上で甘受すべきリスクの1つです。
従って、一般社員が即日やめたからと言って、損害請求できるものではありません。もっと地位や権限のある人間なら、会社に与える損害も多大ですから別ですが、そういう責任がある場合は、それに見合う報酬も必要とされています。

という事で、社会人としての責任を放棄してやめる事はできます。
期間短縮とか何とか余計な事をごちゃごちゃやらず、単純に○月○日でやめさせていただきます。と口頭と文書で伝えればいいです。
派遣先は本来雇用契約には関係ありませんし、派遣なんてタダのコマですから、1つのコマがつぶれたら別のを寄越せと派遣元へ要求するだけの事です。
が、しかし、業務への影響はあるでしょうから、派遣先にも断っておくのが当然でしょう。
派遣は、本来はプロフェッショナルの派遣だったのだから、見積もりどころか商談もどんどん進めていいんですよ。責任は会社が・・・(俺は知らんからね)

投稿日時 - 2017-11-20 20:35:46

お礼

ありがとうございました(;_;)

投稿日時 - 2017-11-23 22:13:23

ANo.2

派遣先があなたを辞めさせる権限はないので、あなたよりも弱い立場で、監督官庁を敵に回す形で、あなたの味方をするということを期待することになります。
企業にとって監督官庁の通達に逆らうのはかなり厳しい話です。それを飲んでくれるほどの信頼関係を派遣先の指揮命令権者や契約者と築けているかですね。

投稿日時 - 2017-11-20 19:54:10

お礼

ありがとうございました(;_;)

投稿日時 - 2017-11-23 22:13:33

ANo.1

基本的なことですが、
期間を定めた有期雇用契約では
契約期間内の解約は労使双方からできません。
期間内に解雇もできなければ
期間内に辞めることもできないのが
有期雇用契約です。
期間が満了すればハイさようならと
辞めることができることを保証しているだけの契約です。
しかし、強制労働はできませんから
解約できないことはありませんが、
民法の解約規定からすれば
解約する方がされる方の損害を賠償して解約するのが通例なので
貴方がその責任を負います。
貴方と派遣先には契約関係がありませんから
会社対会社の派遣契約は生きているので
貴方が辞めても他の人をあてがうことになりますから
それにかかる費用を請求されてもおかしくありません。

投稿日時 - 2017-11-20 19:47:48

お礼

勉強になります。ありがとうございました(;_;)

投稿日時 - 2017-11-23 22:13:46

あなたにオススメの質問