こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

更年期障害なのか?

もうすぐ40歳になります。
出産してから生理不順は治ったものの、昨年あたりから、毎月、生理が来る度に、生理痛そして頭痛が酷いんです。それから一番気になることですが、生理が始まると、一度来なくなり、4日目あたりから本格的に始まるといった感じです。これって異常なのでしょうか?どなたか、教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2017-11-13 20:57:33

QNo.9397036

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

更年期に現れる典型的な症状の一つに「生理不順」があります。更年期に入ると生理周期が不安定になり、経血量が以前より増えたり減ったりします。このような変化を、40代後半頃から実感する人が多いようですよ。

更年期の生理不順とは、

そもそも「生理不順」とは、25~38日の正常な生理周期を外れて、周期が短くなったり長くなったりすることをいいます。また、1回の生理が続く正常な日数は3~7日ですが、2日以内で終わってしまったり、8日以上出血が続くケースも、生理不順といえます。

生理不順は、初潮を迎えてから閉経にいたるまでのすべての女性に起こり得るものです。正常な生理周期の範囲を外れたとしても、それが毎回続くのでなければ、過度の心配はいりません。

閉経を迎える前後の期間を「更年期」と呼びますが、更年期に起こる生理不順は女性の加齢に伴う自然な現象で、2~5年続いた後、1年以上生理がこなくなったときに閉経と見なされます。

更年期の生理不順は40代から

日本の女性の平均的な閉経年齢はおよそ50歳で、50歳をはさんだ前後10年間、つまり45~55歳くらいが更年期にあたります。40代を過ぎた頃から閉経に向けて少しずつ体が変化し始め、生理周期も不規則になっていきます。

閉経の迎え方は人それぞれですが、次のようなパターンがよく見られます。

1. 生理周期が短くなり、生理が早く来るようになる
2. 経血量が少なくなり、生理が早く終わるようになる
3. 生理周期が3ヶ月に1回など、間が空くようになる
4. 閉経を迎える

なお、一般的には40歳未満の閉経を「早発閉経」と呼びます。通常よりも早く女性ホルモンが減ることにより、骨粗しょう症などの病気リスクが上がるため、ホルモン療法などを一定期間行うことになります。

更年期の生理周期はどれくらい
長引くものと短いこともあります。
更年期の生理不順が起こる仕組みは、

女性の体内では、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が変動することにより、生理周期が作られています。

卵巣がうまく機能しているときは、卵胞からエストロゲンが分泌され、脳下垂体からは「黄体刺激ホルモン」と「卵胞刺激ホルモン」が分泌されます。これにより、正常なホルモンバランスが保たれています。

しかし更年期に入り、卵巣機能が低下してくると、まず卵胞からのエストロゲンの量が減少します。その信号を受け取った脳下垂体からは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが大量に分泌されるようになります。

いわゆる「更年期障害」は、過剰分泌された黄体ホルモンと卵胞ホルモンが自律神経中枢に影響を及ぼすために発生すると考えられています。

このようにして、ホルモン分泌量のバランスが崩れると、生理周期にも乱れが生じてしまうのです。

なお、生涯にわたり、卵巣から排卵される卵子の数は決まっており、更年期になると正常な機能を持つ卵胞は減っていきます。やがて、生理のような出血はあるものの、排卵を伴わない「無排卵周期(無排卵月経)」を繰り返し、閉経に至ります。

大体、更年期に差し掛かる症状は、生理不順から来ます。
生理不順になりだすと更年期は近いと見なします。

※生理痛や頭痛も更年期初めには、良くありますよ。
あまりに心配でしたら一度婦人科に行かれて診察を受けて女性ホルモンの検査をすると今、自分がどの辺りか直ぐに分かります。

検査は、血液検査と尿検査です。
大体、1週間~10日位で結果が出ます。

投稿日時 - 2017-11-13 21:20:10

お礼

教えてもらい、どうもありがとうございました。
恥ずかしく、なかなか…誰にも相談ができないもので…、生理が来る度に不安でした。
来月、一度、婦人科で検査を受けてみます。

投稿日時 - 2017-11-14 17:58:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問