こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

YouTubeアドセンスについて教えて下さい(2)

YouTubeアドセンスについて二度目の質問です!
アドセンス登録しようとしたらどうやら一昔前とは変わってる様子…。
「視聴回数が 10,000 回に達した後に、審査を受けます」との事!
話が違うじゃないか!!
こうなってくると最近YouTubeアドセンスを取得してらっしゃる方々はアドセンスアカウントとチャンネルアカウントを同じにしてる方々が多いって事になるのでしょうか?
それともやはり視聴回数が10000回を超えたあとにアドセンスが正式に認められ、そこからまた新たにアカウントを作りチャンネルを作りアドセンスアカウントの動画を消した後にお引越し的な感じで新たなアカウントの方にアドセンスを紐付けするといった感じにしてらっしゃるのでしょうか?

よろしければ教えて下さい!

オリジナル動画を上げていくつもりではありますが極力リスク回避はしたいです!
オリジナルを上げる場合はアドセンス取得アカウントとYouTubeアカウントと分けて作り紐付けなどしなくてもアドセンスのアカウント一つでも安全なものでしょうか?
念には念をって感じでした方がいいですかね。。。

投稿日時 - 2017-09-29 02:35:57

QNo.9379975

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

前にもお答えしたものですが、あなた、よく理解なさっていませんね。

話が違うじゃないか、というのは、どの話とどの話が違うという話でしょうか。
YoutubeがAdsenseと紐づくやり方が出現したときからそうだったはずですが。

Adsenseというのは、もともとHPとかブログで記事を公開する場合に、その記事が公序良俗的に大丈夫なものか、Googleにとって不利益な編集になっていないか、を審査した上、有効とするものが最初のものだったのです。Adesenseタグは客先の重要なPR情報ですので、その営業妨害になったり風評被害にあったりすることを予防するための審査です。また、満足な運用がなされているか確認しないと、ごみ放り出しみたいなことになりますので、更新頻度も確認します。それを確認したあとで、発行したAdsenseタグを有効にするのです。

これはロボット的には極めて簡単です。
HPやブログはHTMLですから所詮テキストです。そのデータを読み込み、不審な用語の存在をチェックしたりおかしなリンクがあるかどうかのテストは極めて簡単に実行できます。つまり人間がやらなくても審査のためのデータ解析調査は自動的にできるのです。
それを担当者が認めてコミットメントするのです。

規約を良く読んでいただけばわかりますが、定期的ではなく、抜き打ちでヒューマンチェックがあり得ます。
ロボットは、いくらテキストを読んでもその意味とか言い回しは理解しません。
差別用語も何もつかわないで遠まわしにいやがらせが書いてあったりしても判断がつきません。そういうわけで、ときどき人間が訪問して中を見回り、よーし、ということをするのです。
また、何か月も運用しているうちに、最初は健全だったのに怪しい内容になってしまっている場合もあります。そういうものを発見するためでもあります。

一度OKになったAdsenseアカウントでも無効にされる場合があるのは、こういうテキストコンテンツでもありえます。
このサイトの作成者運営者なのに自分で自分のページのAdsenseタグをクリックして不正報酬を得ようなどとしたらAdsenseアカウント自体が無効になります。
また、ヒューマンチェックをして、ふさわしくないと判断したときに無効にされる場合もあります。

さてYoutubeですが、コンテンツ作成者には楽ですが、ロボットには実は致命的なことがある。
画像なので、ロボットがチェックしきれいのです。チェックできるのは、説明欄とかタイトルだけになってしまいます。画像を見て何が写っているかも判断できませんし、画像中にある文字も読めません。
「目の覚める美人たち」みたいなタイトルで実際にはパンツ脱いだ大股開きの動画だったりしてもロボットはレポートできません。また、複数の起業の名前や広告みたいなものをスクロール表示されてもわかりません。
そのため、こちらには「通報機能」みたいなものがあることをご存じだと思います。

で、やっぱりヒューマンチェックは必要だろうと考えるわけです。それを全コンテンツにやろうとしたら、人員が何万人いても足りませんし管理ができなくなります。そのために、見るものを絞らなければいけません。

判断基準をどこにおくか。
そりゃ1万参照程度のところでしょう。人気もなくて誰もみないようなコンテンツを審査するのは無駄です。

人気があって参照をされるから何万回も見ようとされるわけですから市場への影響という意味でもその観点は正しい。

そのコンテンツ自体の視聴回数なんてどうでもよくて、GoogleのAdsense動画が何回みられたか、が大事になります。だからAdsenseコンテンツの方でそのデータを取得する機能を作っておいて、その集計は自動的にリアルタイムでわかるようになっているのです。

Adsenseの動画は、コンテンツの先に割り込んで再生されるものです。
そのコンテンツのローダのほうで、Adsenseの動画の再生ログに、どの名前のコンテンツか、チャネル名はなにか、運営者アカウントが何か、を記録します。報酬を計算するときにはAdsenseの契約にしたがって支払をおこすわけです。

したがって、チャネルの運営者が複数あろうが単一であろうが差別は何もありません。コンテンツ毎の回数だけが着目されますから。
ヒューマンチェックで問題視されて無効にされるのはそのコンテンツだけです。

契約しているAdsenseのほうは無効にできません。
そういう約款になっているからです。

だったら、チャネルは別々のアカウントで作りひとつのAdsenseに紐づけたほうが安全だというのは同じことです。

たったひとつのチャネルしか作らないのだとしても、何かの理由でコンテンツに問題視されることがおきたら、チャネル側だけがむこうになるわけですから。
昨日まで問題でなかった動画が今日から問題になるということもありえますので、完全な予防はできませんから。
どんな動画だよ、と疑問であれば架空でいいますけど、北朝鮮と米国が全面戦争になって北朝鮮が消滅した、なんていうアニメかなにかの動画をいまアップしても大丈夫です。だけど、本当に戦争がおきたら即削除されるべきものになるでしょう。

投稿日時 - 2017-09-29 10:16:51

お礼

申し訳ございません!
調べたらなんとなくではありますが解決しました!
僕が言っていた事とゆうのは、YouTubeに最初の一本目の動画を投稿しそこから収益受取の登録の進め方だったんです!
いざ自分で進めていたら…、
1→2→3→4とあり、1、2、3、までは順調に進み4まで済ませなければアドセンスを取得できないのかと思ってました!
しかし実際は3と4は関係なく2まででアドセンスは取得できるとの事。
4(僕が質問で言っていた10000回再生の件)これはいざお金を受け取る時の審査とゆう事でアドセンス取得とは関係のない事だったんですね!

質問の回答は僕には少し難しく理解できる所とできない部分がありましたがまたも回答ありがとうございました!
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2017-09-29 14:36:02

あなたにオススメの質問