こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows95とATOK10

Windows95とATOK10

 ATOK10は、
 一太郎7をインストールする時に添付されるWindowsようの32ビットのIMEです。

 IMEは、一種の漢字かな変換用のドライバーですが、32ビットのプログラムなので、
 CONFIG.SYS
 にて、ドライバーを宣言できません。

 Windows95から、立ち上げるとWindowsのレジストリーから、ATOK10は、宣言されます。

 Windows95のもとで、MSIMEとATOK10を切り替えることができます。

 MS-DOSプロンプトでは、Windows95で定義したIMEを選択して使用することができます。

●Q01. しかし、Windows95を経ないで、MS-DOSモードでシステムが、立ち上がると
Windows95のレジストリーは、定義されないので、
 MSIMEも、ATOK10もどちらを選択するか選択できないので、IMEは、使えないのではないかと考えるのですが、どうでしょうか?

 この場合、16ビットのIMEは、インストールされていない。定義されていない仮定です。

●Q02. それとも、使えるのでしょうか?

●Q03. 使えるなら、MS-DOSモードでMSIMEにするのかATOK10にするのか選択するのは、どのように設定するのでしょうか?

 たとえ、ひとつだけでも、お知りのことがありましたら、教授方よろしくお願いします。

 敬具

投稿日時 - 2017-09-14 13:18:24

QNo.9374463

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ATOK10はWindows用のプログラムになります。
すなわち、「Windowsが起動している状態」でなければ使用できません。
なので、PC起動時に直接MS-DOSを起動しているのであれば、ATOK10を使用する方法はありません。あくまでも「Windows上で動いているMS-DOSプロンプト」上で使用可能なだけです。
※これは、「Windows上でATOK経由で入力/変換された文字列をMS-DOSプロンプトに引き渡す」という方法を使用しているだけで、ATOK10自体はあくまでもWindows上で動作しています。

という訳で、MS-DOSを直接起動した場合は、Windows用のソフトであるATOK10は使用できません。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2017-09-14 13:35:21

お礼

 レスありがとうございます。

 これは、確信が、持てないものの自分で予想していたものでした。

 MSIMEは、Windows95ようのソフトとMS-DOSようのソフトを二重に持っていたのですね。

 そうでなければ、MS-DOSモードでIMEを動かすことなど、できないです。

 長い間持っていた、疑問が解決できて良かったです。

 あまり、このような解説を本などには、書かれていないので、どうなっているのだろうと疑問が、生じていました。

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=02180

 Windows95とATOK10のジャストシステムのホームページ解説にも、MS-DOSプロンプトの下で、使用できることが、書かれていていますが、
MS-DOSモードでの使用のことが書かれてなく、不審を感じていました。
 サポート期限を越えているので、サポートからの返事ももらえません。

 Windows95のMS-DOSプロンプトから、ATOK10を使用すると画面の右下に
全あ連ローマ
のMSIMEの時のような表示が出てきて、
 ATOKのMS-DOSの本来の表示

あ連R漢

と異なる表示になります。
 こればジャストシステムのホームページに書かれています。

●Q01. なぜ表示を従来のATOKのMS-DOSの表示に合わすことができないのでしょうか?

 ローマ字入力からかな入力に切り替えても、表示が変わらなかったり、全角ローマ字入力から、半角ローマ字入力変更しても、表示がかわらなかったり、何か変です。

> Windows95のDOSプロンプト上で、DOS対応のATOKの動作保証は行っていません。
> そのため、MS-DOSプロンプトのプロパティの[バッチファイル]で、ATOKを組み込む設定を行っている場合(DOSIME.SYSに記述して、DOSIME.BATを実行している場合も含む)、[キーボード]側でATOK10を[標準の言語]に設定し、MS-DOSプロンプトを実行すると動作が不正になる可能性があります。

●Q02. これは、何かの制限のためですか?


 回答のような原理が書かれてあれば、理解しやすいでしょう。

●Q03. WindowsXPなどに、一太郎7や8をインストールできますか?

 一太郎は、現在あまり使用されなくなりました。


 敬具

投稿日時 - 2017-09-14 21:52:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

Windows95には、DOS版のIMEが付属していますので、config.sysに以下の3行(4行じゃないよ)を追加することで、MS-DOSモードでも日本語入力ができるようになります。

DEVICE = C:\WINDOWS\KKCFUNC.SYS
DEVICE = C:\WINDOWS\COMMAND\MSIMEK.SYS
DEVICE = C:\WINDOWS\COMMAND\MSIME.SYS /D*C:\WINDOWS\COMMAND\MSIMER.DIC /DC:\WINDOWS\COMMAND\MSIME.DIC

投稿日時 - 2017-09-14 13:27:47

お礼

 レスありがとうございます。

 これは、確信が、持てないものの自分で予想していたものでした。

 MSIMEは、Windows95ようのソフトとMS-DOSようのソフトを二重に持っていたのですね。

 そうでなければ、MS-DOSモードでIMEを動かすことなど、できないです。

 長い間持っていた、疑問が解決できて良かったです。

 あまり、このような解説を本などには、書かれていないので、どうなっているのだろうと疑問が、生じていました。

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=02180

 Windows95とATOK10のジャストシステムのホームページ解説にも、MS-DOSプロンプトの下で、使用できることが、書かれていていますが、
MS-DOSモードでの使用のことが書かれてなく、不審を感じていました。
 サポート期限を越えているので、サポートからの返事ももらえません。

 Windows95のMS-DOSプロンプトから、ATOK10を使用すると画面の右下に
全あ連ローマ
のMSIMEの時のような表示が出てきて、
 ATOKのMS-DOSの本来の表示

あ連R漢

と異なる表示になります。
 こればジャストシステムのホームページに書かれています。

●Q01. なぜ表示を従来のATOKのMS-DOSの表示に合わすことができないのでしょうか?

 ローマ字入力からかな入力に切り替えても、表示が変わらなかったり、全角ローマ字入力から、半角ローマ字入力変更しても、表示がかわらなかったり、何か変です。

> Windows95のDOSプロンプト上で、DOS対応のATOKの動作保証は行っていません。
> そのため、MS-DOSプロンプトのプロパティの[バッチファイル]で、ATOKを組み込む設定を行っている場合(DOSIME.SYSに記述して、DOSIME.BATを実行している場合も含む)、[キーボード]側でATOK10を[標準の言語]に設定し、MS-DOSプロンプトを実行すると動作が不正になる可能性があります。

●Q02. これは、何かの制限のためですか?


 回答のような原理が書かれてあれば、理解しやすいでしょう。

●Q03. WindowsXPなどに、一太郎7や8をインストールできますか?

 一太郎は、現在あまり使用されなくなりました。


 敬具

投稿日時 - 2017-09-14 21:52:16

あなたにオススメの質問