こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

通訳者が短命って本当ですか

同時通訳は、脳への負荷があまりにも高いので、通訳者は寿命が短いと聞きました。
職業としての寿命ではなく、生き物としての寿命です。
本当なのでしょうか。

投稿日時 - 2017-09-01 21:17:34

QNo.9369755

DJS

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

嘘です。
あのアポロ月面着陸時に大活躍した同時通訳の草分け西山千さんが亡くなったのは97歳のときです。
同時通訳というのは、双方の言語の特徴や癖を覚えていて流れを見ながら途中で潮流が変わった時に即対応できないといけませんので、脳の駆使は激しいものであるはずです。特に西山さんは明治44年生まれの人で、一応バイリンガルではありましたけど、太平洋戦争やなにかに巻き込まれてひどいストレスにさらされた人のはずで、ストレスで死ぬような人だったら、すでに昭和20年ごろに死んでいるはずです。それが平成19年までは生きたのです。
人生「すべて順調」だったわけです。

投稿日時 - 2017-09-02 00:02:01

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-09-02 00:42:19

あなたにオススメの質問