こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Pentium Dについて(再掲)

先ごろ、CeleronDからCORE2Duo以前のPentiumDに換装したのですが、どうも動きが変です。ある動作を行うと一時的に100%から下がらなくなります。コントロールパネルにある電源オプションのCPUの最大パフォーマンス(プロセッサーの最大周波数)を2400MHzにしたところ、タスクマネージャーのCPUの最大値もそれ未満になりました。平均30%台の稼働率です(最大で80%)。’コルタナさん’’再生’でGrooveを起動させてバッググランドで何かが動いたとしても10~80%でした(Grooveだけなら10%台でした)。

しかし、電源オプションの設定は規定値に戻すでなければ、Hzを変更できません。これはこういう仕様でしょうか?

NEC PC‐VL370/ED
Windows10 HOME 32Bit(7のアップグレード版(そもそもはxp機))
MEMORY:2GB
Wi-Fi:802.11n

回答よろしくお願いします。


http://ark.intel.com/ja/products/27517/Intel-Pentium-D-Processor-925-4M-Cache-3_00-GHz-800-MHz-FSB

投稿日時 - 2017-08-28 14:44:26

QNo.9368064

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ざっと確認したところ、CeleronDは、FSB 533Hz,PentiumDは、FSB 800Hzですので、BIOSやチップセットが対応していないでは?

投稿日時 - 2017-08-28 15:16:42

補足

質問としての補足としては、GrooveにYouTube(ブラウザー)にとかマルチタスクの実行が可能かを調べていました。しかし、単純にCPUがどうのではないようなので、バグになります。なので、断念。100%になるアプリは1つずつ片付けることにします。

今回は、省エネとある程度マルチコアを活かしたのができてよかったです。

投稿日時 - 2017-08-28 16:25:23

お礼

とりあえずFSBは800で動いています。

CPU-Zを見ると、Multiplierは12-15です。そのためか2400-3000MHz間でしか調整出来ないようです。しかも、最大周波数では3000か2400しか選択肢がなく、最小プロセッサの状態を75%にすると2600-3000を実現しました。こういう仕様でしょうか?

投稿日時 - 2017-08-28 16:03:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問