こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税

「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」について。

※下記の問いに対して

<課税価格の合計額を算出するための財産等の相続税評価額>
土地 : 800万円(小規模 宅地等の減額の特例適用後)
建物 :1,500万円(居住用マンションの購入資金として前年に1,500万円の贈与を受け、「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」の適用を受けている)
現預金:4,000万円
債務および葬式費用の額:500万円

上記の課税価格の合計として、
800万円+1,500万円+4,000万円-500万円=5,800万円
との解答だったのですが、「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」の適用を受けている場合、相続開始前3年以内に贈与された財産でも、非課税枠に相当する部分は、相続税の課税価格に加算する必要はないと思うのですが・・・。
そうなると、建物の1,500万円は課税価格に含まず、
800万円+4,000万円-500万円=4,300万円
が正答となるのではないでしょうか。

ご教示お願い致します。

投稿日時 - 2017-08-13 18:54:47

QNo.9362632

すぐに回答ほしいです

回答(0)

この質問にはまだ回答がついていません。
あなたが最初に回答してみませんか?

あなたにオススメの質問