こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

情報処理系の資格は

年月が経てばその取得価値は薄れていきますか?

投稿日時 - 2017-07-19 05:35:31

QNo.9353439

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

特定の製品の使用技術に関する資格は、その製品が販売されなくなってしまったらだんだんに意味を持たなくなります。ただし、それを購入して活用していた企業なんかでは、レガシー技術ではありますが、それでやった仕事が積みあがっていますからしばらくは必要とされます。

情報処理資格のようなものは、それがとれたという記録になりますので一応看板として転職に役にたたないことはありません。

しかし、実際にはどんな技術でも発展しますので、何もしないでその免状だけを振り回していても、あまり相手にはされません。
とはいえ、技術は昨日と同じということはありませんので、実務経験というものがその看板を補佐します。ずっとやっていれば、何十年前にあの資格試験で覚えていたことがある瞬間に役に立つことがあります。

磁気テープの情報密度のような知識自体はすでに役に立ちませんけど、どういう思想でバイナリデータを信号化したのかという原理はずっとつながっている思想ですから、原理を知っていたら応用編の把握は非常に容易です。特に無線通信でバーストをどう扱うかなんていうのは、磁気テープの扱い方のなかにすでに考慮されていました。

最近でてきて知らない人はびっくりしますけど、ビッグデータなんて、昔の情報の資格を取っているものには最初からあったデータの扱い方の方法なんで驚きゃしません。ISAM以前の考え方です。

また、AIに関することも、別に魔法でもなんでもなく、考え方のモデル化にすぎませんから、70年以上前の思想がいま大容量高速処理のおかげで実現可能になっているだけです。

原理系の資格に関しては、底力ということで助けになります。

投稿日時 - 2017-07-19 09:21:37

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

tounyuugokugokuさん、おはようございます。

この方面の発達の度合いは社会では最高に早いと思います。だから、勉強している人も新人もさらに勉強しないと追いつていけなくなるでしょうね。つまり、10年前のPCが骨董品呼ばわりされているのと同じです。

投稿日時 - 2017-07-19 07:00:43

ANo.2

半世紀前に取得した第一種情報処理技術者の資格を持っています。
ホストコンピュータ全盛時代の資格です、Windows どころかパーソナルコンピュータ以前の時代です。
コンピューターのメインメモリ キロバイト単位、ハードディスク容量 数十メガバイト、大容量な情報記録は磁気テープ、インターネットなど無し、プリンターはものすごい音を出すラインプリンター、今はすでに死語になった Floppy Disk もありませんでした。
その当時の就職などには有利な資格でしたが今となっては何の役にも立ちません。

通商産業大臣・田中角栄 と書かれた合格賞状(?)をもらったのですが今探したら出てこない (-_-メ)

投稿日時 - 2017-07-19 06:48:56

ANo.1

コンピュータ関係・資格は”AI(人工知能)普及しだらしたら、”アウト”です。
技術進歩に適した技術以外は、過去テクノロジーは、"リ・ジェクト対象。

投稿日時 - 2017-07-19 05:54:52

あなたにオススメの質問