こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

倒産

とある部品自動車メーカが駄目になったようです
決算を乗り切れなかったのか資金繰りがつかなかった
のか、実情は知らないけど倒産したとするのなら
支払う能力が無いということになると思います
負債とか本来弁償するべき事案などは支払う能力無い
ということで免除されるのでしょうか、巨額負債は
どうなるのでしょうか
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2017-06-29 08:29:44

QNo.9346397

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

倒産、と言っても破産と再生があります。
今、世間でニュースになっている自動車部品メーカーの場合には、民事再生を申請している、と報道されていました。

再生の場合、一旦返済をストップしてもらい、返済計画に沿って、今後の返済を継続したり、一部の債務を免除してもらったりしながら、会社は消滅せずに存続します。

破産の場合には、残った財産を処分して、支払える分だけ弁済して残りは免除してもらうことになります。

当然ながら、どちらの場合にも勝手にできるわけじゃなく、裁判所に申し立てて決定された上でのことになります。

投稿日時 - 2017-06-29 10:54:40

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-06-30 07:59:25

ANo.2

 
支払い能力が無いのだから支払う事は不可能ですよね
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL26HZC_W7A620C1000000/
取り立て不能・遅延のおそれのある債権が5700億円
すでに貸倒引当金として計上しており「業績への影響は軽微」
 

投稿日時 - 2017-06-29 09:20:45

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-06-30 07:57:57

ANo.1

株式会社なら、倒産で資産が1に対して 負債が10の時は
債権者は、負債の比率に応じ 減額して受け取ります
つまり、残った資産で有る1/10が受け取れます
これを、債権者で分け合います
大口の債権者、銀行等が
倒産を早めに察知して 債権の保全に動く事も多くあります
後は、経営者の責任と個人保証の問題です
経営者が背任行為等を、していれば個人の財産で負債清算も有るでしょう

投稿日時 - 2017-06-29 09:08:45

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-06-30 07:58:31

あなたにオススメの質問