こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

該当する就職先について(美容)

該当する就職先について(美容)

こんにちは。

私は5年近く、美容室でアシスタントを務めてきたのですが皮膚炎が悪化し、七月いっぱいで退職する運びとなった25歳です。

一時期はカット専門店への転職も考えたのですが、トータルで携わりたかったので、選択肢から外しました。

そこで、新たに考えてるのがヘアケアアドバイザーのような職業です。
(※イメージてきには、電話口やチャット等で、カウセリングする精神カウンセラーのようなものだと思ってください)

皆さんは、髪についての悩みを聞くときは美容室で聞かれることが多いかと思います。
(髪でなくても、質問するならその道のプロがいいですよねって意味です)

次に多いのがキュレーションメディア、知恵袋といった情報、質問媒体かと思います。
ただし、後者は若者に多く、40代以降のお客様はプロに頼る(質問してくる)傾向が強くありました。
また、40代と言えば、抜け毛や白髪が目立つ年齢層でもあるので、一定の需要はあるかと考えました。

そこで、美容室とは別の窓口を設けて、気軽に(それこそ、ライン感覚で)質問できる場があったらいいなって思うようになりました。

ですが、ここまでではお金を貰える職業ではなく、自己満足ブログ等で済んでしまいます。

職にするからには、やはりスポンサーないし、企業の傘の下(例、化粧品メーカーの相談窓口など)に付いて働かないといけないなと思いました。

Q1/そうした髪についての質問に対応する人を求める企業て、どうやって見つけ出せばいいんでしょうか?。
求人メディアでは、検索の仕方が悪いのか見つからなく、アドバイス頂きたいと思います。

Q2/上記質問致しました職自体、存在しない場合は個人的にオフィスを構えて経営するような独立型しか道は無いんでしょうか?。

拙い文章で申し訳ありませんが、アドバイス宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-05-25 08:05:56

QNo.9333231

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

スタンスの持ち方がおかしいですよ。

新たなビジネスの必要性があるんじゃないかと思うまではいいです。
しかし、それで給料くれるような会社はあるだろうか、そう考えるのは変でしょう。
給料をくれるなら、新たなビジネスじゃなくて、すでにある文化です。
おかしいと私に思われてるという理由がおわかりでしょうか。

そして、そういう企業がなければ、企業するしかないのか、というところに落ちる。自分で資本をつくり法人かなにかにすれば、市場はあるんじゃないかと思う。
やっぱりこれも変じゃないかと思われることだと気が付きませんか。ある日素人がラーメン屋をはじめたら毎日行列して客が来ると思う方がおかしい。そもそも素人のつくるラーメンがうまいわけないでしょう。

何が問題か言いましょうか。
マーケティングの思想がどこにもないのです。

手先に障害が出た自分の観点でしかものを言っていません。

市場としてその発想は何の需要を満たすのか。その需要はどういう性質のもので、およそどのくらいかという予測はこれこれのデータとこれこれの情報から推定できる、それをまず考える必要があります。
そして、仮に需要が明確にわかると判断できたのなら、供給を考えるのです。どういうものがそれに参加し、アドバイザとかコンサルタントとかいうような仕事をできる資格があるのか、場合によってはそういう資格を創設したほうがいいかを考えます。その手の付加価値を考えると、供給側にそれなりの価格設定が可能になり、人材も高度になります。

こういうことを考えた上、ビジネススピードを考えます。10年たって客が2人しか来ないなんていう話では意味がありません。当然訴求の手法が必要です。広告も必要かもしれない。
また、抽象論ではビジネスの形をなしにくいから、その思想に基づく化粧品なりアクセサリの開発がいるのではないか。

そういうことを練りにねって資料を作り、資生堂なりマックスファクターなりに提案しにいくのが普通のビジネス感覚なんですよ。

資生堂はそういうことをするための人材なんか募集していないし協力者も探しもしていない。なぜならその発想をしていないから。
しかし、発想をし、エンジンを動かすのであれば、ほかならぬ自分以外にできるものがないだろう、と判断したら動いてくれるわけです。

そのためにプレゼン資料をきっちり作り、売り込んでこそ、まともなビジネス何です。そのビジネスをするためのスターティングアドバイザとしてつきあいが発生したらそこから始まるでしょう。

勝手に発想して、その仕事で募集はないだろうか、という考え方は魚の住んでいない穴を掘り起こすに等しい愚行です。また、考えた自分が企業したらばしばしうまくいくだろうと考えるのも、取らぬ狸のなんとかです。

体力のあるところはできるんです。ただ発想がないのですから、それをあなたが作り、提案しプレゼンを行い、体力のある企業が予算をたてていいと思うまででっちあげてその気にさせなければいけないのです。

投稿日時 - 2017-05-25 23:01:40

お礼

アドバイスありがとうございます。
参考にさせて頂きたいと思います。

投稿日時 - 2017-05-29 07:58:10

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ご希望とちょっと異なるかも知れませんが。
AGA (男性型脱毛症)のクリニックとか、ア○ランスのカウンセラーなんかどうですか?
『AGA クリニック 求人』とか 『アデ○ンス 求人』とかで検索すればヒットしますよ。

投稿日時 - 2017-05-25 19:29:21

お礼

参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2017-05-29 07:57:19

ANo.1

 25歳なら指名客も増えてきて収入が上がる時期なのに勿体ないですね、事情が事情なので仕方ないですけど。
 結果を保証できないので参考程度にしてください。まず、ご自身でwebサイトを立ち上げます。利益を考えずにご自身の経験からヘアケア情報を出し惜しみせずに書くのです。できたらどこでも得られるような情報ではない方がいいです。特に他人のサイトのコピーは厳禁です。また、見た目が大事なのでサイト作成はプロに任せた方が良いと思います。そのサイトをこまめに更新しましょう。グーグルで検索すると必ずと言って良いほどウィキペディアがトップにきます。これは利益追求ではなく、情報の無償提供からグーグルがトップにするのです。で、質問者様が提供する情報に価値があるなら検索結果の1ページ目に表示されるようになるはずです。そうしたら広告を出したいと思う企業からオファーが来るかもしれません。若しくはアフリエーターとして稼げるサイトになるかもしれません。
 ただ、上記結果が出るまで時間とお金が掛かりますからカット専門店で生活費を稼ぐのが良いです。
 質問の回答になっていないかもしれませんが参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2017-05-25 12:01:55

お礼

参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2017-05-29 07:57:38

あなたにオススメの質問