こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ギャンブル依存症が治らない

こんにちは。

簡単に質問します。ギャンブル依存症が治りません。私はうつ病で

心療内科へ通っているのですが、主治医と相談しても解決しません。

どうしたらいいでしょうか?真剣に悩んでいます。

良きアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2017-05-06 21:14:15

QNo.9326135

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ギャンブルにハマるとなかなか治りませんよね。

私も実際そうだったので気持ちはよくわかります。
病院に相談しに行ったりする以外にやめる方法を真剣に試したことありますか?

私はネットにある方法や自分自身でどうしたらやめられるか考えていろいろ試してみました。
それでもなかなかやめられませんでしたが、
やめるための法則などはだいたい分かって、自分が今どんな状態なのかを理解し、それに合う方法などを片っ端から試して行きました。

それで、やっとギャンブルから離れられるようになりました。
それくらいしないとギャンブル依存症は治らないと思います。

こんなこと聞いても絶対やる気にならないと思うので、
私がギャンブルから離れられた方法があるので参考程度でいいので1度見て試して下さい。
何事も始めることが大切です。
本気でやめたいなら色々試すべきだと思います。
http://ameblo.jp/riki-0899/entry-12268389509.html

投稿日時 - 2017-05-21 03:45:10

ANo.5

他人に頼るばかりになってませんか?

自分一人で治すのは非常に難しい事なのですが、

かといって、他人任せで治るものでもありません。

本人の努力が必要です。
自分を甘やかしていては治せません。

他人の助けを借りながら効果的に努力を続けなければならない病気です。

状況を知らない第三者が簡単に答えられるものではありません。

元パチンコ依存で現在は煙草依存の私が思うに…、
「どこまで自分の中の甘えを許せるのか?」
先ずは、その境界線を探してみて下さい。

鬱は自分を追い込む病気です。
依存は自分を甘やかす病気です。

常にどちらかに逃げてばかりでも、無理やり抑え込んでばかりでも絶対治りません。
その辺りを理解して、
自分に対して自制と解放の繰り返しを続けながら、長い付き合いとなる病気だと覚悟しましょう。

それでも正しく理解して努力を怠らなければ、少しずつ改善に向かう筈です。

甘ったれた人間には確かに難しい病気ではあります。

投稿日時 - 2017-05-08 23:41:01

ANo.4

・お金の管理は家族にしてもらう
・別の趣味を見つける(お金のかからないもの)
・ギャンブル施設には近づかない

投稿日時 - 2017-05-08 17:03:00

お礼

回答ありがとうございます。

私は一人暮らしなので金銭管理は自分で行うしかありません。

お金のかからない趣味と言ったら何がありますでしょうかね?

私の住んでる家から自転車で10分圏内にパチ屋が3件も

あります。困ったもんです。

投稿日時 - 2017-05-08 18:12:41

ANo.3

単純に スロット 休止中の者です。
4号機から 5号機に 替わって 出玉の差に ショックを受け行かなくなりました。

投稿日時 - 2017-05-08 08:33:57

お礼

回答ありがとうございます。

私も最近のスロットの出玉の悪さにショックを受けました。

しかし、ギャンブル依存症という病気はそんなの関係なしに

ただ打ちたくなってウズウズしてまたやってしまうのです。

本当に病気なんです。困りました。

投稿日時 - 2017-05-08 18:02:13

ANo.2

 例えば大きな病院に行くと、内科だけでも、内分泌内科とか消化器内科とか、色々な科に別れていますよね。個人病院でも専門の科を掲げているところもありますが、基本的には何でも見てくれる代わりに、本当に深刻な病状になれば、紹介状を出してもらって大きな病院にかかることになります。心療内科でも同様で、うつ病で通っている主治医であれば、依存症治療については専門からは少し外れていて、本当に深刻な状態なのであれば、依存症治療を専門にしている病院へ通わないと、治らないのではないでしょうか。

 だからといって、こういう場所で依存症治療が専門の病院の情報を求めて、その病院に通っても、治らないのではないかと私は思います。依存症治療は根性論では治らないと良く言いますが、それでも当人の、治したいという強い気持ちが不必要であるとは思いません。ギャンブルといっても色々ありますが、パチンコの依存症などだと、駅近くに多くのパチンコ店があって、どの道を通っても駅に行くのにパチンコ店の前を通るのが不可欠であったりすると、お店に入らずに行き過ぎるためには、当人の強い気持ちがないと難しいこともあると思います。病院に通い、治ったように見えても、1度でも再びギャンブルに手を出してしまえば、治療は0に戻るどころかマイナスに転げ落ちてしまいます。治った状態を維持するためには、当人が強い気持ちを持ち続ける必要があると思いますし、そのためには、人任せで治療法の情報を得るのではなく、自分で手をかけて、病院を調べるとか、自助グループに問い合わせをしてみるとか、自ら行動してみることが必要だと思います。

 本気で依存症を治したいという気持ちがあるのなら、”主治医に相談”なんて他人事みたいなことをしていないで、自分で行動してみることが大事なんじゃないでしょうか。うつ病で大変だとは思いますが、ギャンブル依存症だって、放っておいて良いものではないですよね。悩んでいるということは、治りたいという気持ちはあるのだと思うので、ここで行動に移すことが、依存症から脱する第一歩になるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2017-05-06 22:06:38

お礼

長文回答ありがとうございます。

大変参考になりまたお叱りを受けて何か目が覚めたような気が

します。

この回答を参考にして自分から行動を起こし積極的にギャンブル

依存症を克服すべく課題に取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-05-06 22:34:18

あなたにオススメの質問