こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

役所へ行く前に専門家に相談すべきか

はじめまして

お恥ずかしい話ですが、事業に失敗し、細々と生活しています。
そのため、税金や国保が払えず、未納にしてしまっています。
いつまでも放置出来ないので、何とかしないといけないと思います。
そこで、税務署や区役所へ行って相談すべきか、先に税理士さんなどに相談すべきかどうかが知りたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-04-25 20:05:56

QNo.9321724

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ほかの方も言っていますが、税理士さんに相談して話をまとめてから、役所に手続きに行ったほうがいいでしょう。
普通、確定申告書は税理士さんが作ってくれるはずですから、税務署や役所は花得ない根拠と、申告の状況を照らし合わせるはずです。
申告がどのように行われ、今後どうなるのか、説明できなければ相談もできません。
当然、役所組織は法律に基づいて仕事をしていますから「生活が苦しい」「払えません」では、支払い意思がないと思われても仕方がありません。

投稿日時 - 2017-04-29 20:18:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>お恥ずかしい話ですが、事業に失敗し、細々と生活しています。

私も「脱サラ」で、細々と事業を行っています。
バックが無いので、一瞬先は闇です。
まぁ、何とかプラスマイナスゼロ以上で生き延びています。^^;

>税金や国保が払えず、未納にしてしまっています。

国保はともかく、各種税金は「延滞金」が加算されますよね。
注意が必要です。

>税務署や区役所へ行って相談すべきか、先に税理士さんなどに相談すべきかどうかが知りたいと思っています。

先ず、税理士・弁護士は「営利企業」と考える必要があります。
「無償で相談」は、一切あり得ません。
今業界で流行っている「過払い請求」でも、相談無料と言いながら「アディーレ等が、大問題」になっていますよね。
「タダより高いモノは無い」のが、現実です。
ですから、直接関係省庁に行く事をお勧めします。
国保なら、区役所ですよね。
たぶん、国保は「納付免除」となる可能性があります。
役所は、色々と「数字のマジック」を用いて成績を上げようと考える人種です。
国保の場合「納付免除」とすると、統計上は「未納者でなく納付者扱い」となりますからね。
税金の場合も、同様です。
税理士に無駄なカネを払わずに、直接役所に行く事です。
税理士に払うカネは、1円でも手元に残しておく事です。

投稿日時 - 2017-04-25 22:30:49

両方に行くのが良いと思うけど…

うーん… よく考えると
税理士に話してから、役所に行った方が
手続きの情報が より集まりやすいかもしれませんね。

根拠はありませんw 何となくですw

どんな手続きになるのかわかりませんが
どんな場合も、具体的に手続きをするのは役所になる気がします。

そしたら、
事前情報として、専門家から先に話を聞いておいた方が
役所での手続きが二度手間にならないとか、
お得な手続きを知る事ができるとか。
何かしら 良い事があるかもしれない。

投稿日時 - 2017-04-25 20:26:15

ANo.1

税務署や区役所へ行って相談する方がよいと思います。
何らかの対策・手続きがあるはずですので。

税理士さんでも大丈夫ですが、費用かかりますよ。

投稿日時 - 2017-04-25 20:22:47

あなたにオススメの質問