こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建築図面の方位記号を移動する際の疑問

いつもお世話になっています。
超初心者ですので、おかしな質問だと思うのですが教えてください。

建築図面がすでに書かれているものとして、
図面の方位記号の位置を左から右へ移動する際、建物が北を向いていたら特に疑問はないのですが、建物が別の方向を向いていたとすると方位記号をそのまま右に移動すると、方位が違うような気がします。

(1)方位記号はおおよその方角を示すものなので、10m程度の建物であれば上下左右、どこに移動しても問題はない?

(2)図面に示された方位は、設計士などが現地で実際に方位磁石で計測して記入しているのか?

(3)巨大な建造物(瀬戸大橋など)であれば、(1)と違い、上下左右の配置位置によって方位は変わってくる?

詳しい専門家に教えていただけたらと思います。

投稿日時 - 2017-04-23 10:56:28

QNo.9320819

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

配置図に合わせて平面図にも方位記号を描きいれます。
敷地の図面は測量により制作され、それに方位も入れますが、
方位磁石が示す方位(磁北)と真北は概ね7度前後ずれます。(地域による)
第一種低層住専などで北側斜線が厳しいところは余裕をもって設計しないと、
申請時にいろいろ言われることも。(申請は真北です)
都市計画図や国土地理院のHPに磁北方向と真北方向が描かれているので、それを参考に真北を出します。
国土地理院(参考)
http://www.gsi.go.jp/KIDS/KIDS11.html
http://www.gsi.go.jp/common/000147949.pdf
ところで、方位記号を描きいれる場所は余白部分のどこでもいいですし、どこに描きいれようと方位が変わるものではありません。
家相の場合は中心を取る位置で変わってしまいますので、重心を割り出さなければだめです。(いろいろな説はあるようですが)

投稿日時 - 2017-04-23 15:22:57

お礼

回答ありがとうございました。
自分が考えていた事と違って、いろいろあるんだと驚きました。

投稿日時 - 2017-04-28 07:14:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

通常建物を建てる際には敷地の形状に合わせて建てるため、建築図面の前に敷地図面が書かれるはずです。

敷地の正確な形状は地籍図や公図等を法務局か市町村から発行してもらえますので、そこに正確な方位や座標、縮尺等が記されています。

方位磁石が示す方位は地域により4度から10度の偏差があるため、目安程度にしかなりません。

図面上の方位記号を並行移動しただけなら、どこに移動しても建物自体の方位は変わりません。

巨体な建造物の場合は、地図の図法により方位が変わる場合と変わらない場合があります。

投稿日時 - 2017-04-23 15:46:23

お礼

単純に方位磁石でその場の方位を計測して書き入れるのかとおもっていました。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-04-28 07:16:00

あなたにオススメの質問