こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

消防設備士の製図の問題について

お世話になります。
来週消防設備士甲種4類を受験します。
製図に関して質問があります。
配管配線で、『立上がり、立ち下げ』とあはらますが、どうやってつかえばよいかわかりません。
これがないと減点になりますよね?
お詳しい方、回答よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-03-22 15:20:39

QNo.9308207

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

その通りです
中間階は立ち上げ・たち下げが必要です
(電気工事の図面と同じです)

試験的に甲種なので工事方法等は電工資格で認められています。
多少試験に

配線方法と、幹線の施工方法・本数・発信機の高さ規定・梁40cm・80cm等を追及されると思います

3階をずらしました
工事的に、2階の壁内を上に通過して、3階の床を横に通過(2階の天井配管)、3階の腰下の壁を立ち上げ。2直角で済みます

行先表示を丁寧に書くことが重要です

頑張ってください

投稿日時 - 2017-03-23 20:44:14

ANo.1

少し簡単に書きました
回りの黒線は二重線で壁を表します、その中に〇を書いて上に、2階に向かうよう矢印を書きます。
2階からは1階に向かって矢印
電気工事士の資料に出ています

緑の四角は総合盤、発信機・ランプ・ベル、そこへ感知器のAE線が入り、1Fか2Fの受信機へHP幹線を配線、100Vも忘れない様に。

余談
5P=10芯は敵
ベルベル・ランプランプ・A・T・C・L3回線 10Pにした方が(P型-1級)

投稿日時 - 2017-03-22 23:25:39

補足

回答ありがとうございます。
つまり2階建の1階なら、立上がりが必要で、3階建の2階なら、立上がりと立下がりの記号が必要ということでしょうか?

投稿日時 - 2017-03-23 13:07:57

あなたにオススメの質問