こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

贈与税について

親族間の金銭の移動で贈与税を回避するため、金銭消費貸借契約にしようと思います。
この場合、毎月、元利均等で返済するとして、連続若しくは隔年程度でその返済資金を贈与(もちろん110万円未満)で行い、それを原資として返済に充てることは税法上、問題があるのでしょうか?

投稿日時 - 2017-03-17 22:33:34

QNo.9306376

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

揚げ足を取られる方のようなのでw
基本的な税務署の対応と考え方だけ書いておきます。

税務署や、国税局の担当官が納得できる、客観的があるのかどうかという話だけになります。

この手の話を税務署に聞いても回答は基本的にされません。
法律に書かれている通りです。と答えられます。
摘発されるときには、担当官の考え方を主張してきます。

それだけです。

税務署との対応をしたことがある方ならまぁ、知っている話ですが、細かい法解釈はしてくれません。摘発するときのトラブルになる可能性があるので。

回答で書いているのは、その辺の経験則からですので、あなたがそれで通せる。と思われればそれで構わないわけで、こういうところで大丈夫だと書かれていたから、税務署の解釈はおかしい!と主張しても、担当官は、
「そんなもの関係ありません。」と言われて終わりというだけになりますので。


やった行為が、そもそも税金逃れのため。と判断されれば、当然ですが、税金逃れのためなので、認められません。となるだけで、追徴課税や、延滞利息などを求められることになるだけですからね。

投稿日時 - 2017-03-17 22:56:15

お礼

ありがとうございました。解釈次第では非課税枠制度の利用ではなく、税金逃れとみられることは十分にあり得るということですね。

投稿日時 - 2017-03-18 18:14:27

あなたにオススメの質問