こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

IT系の国家資格の難易度とメリット

いま大学1回生ですが、IT(特にセキュリティ)の勉強をしようと思い、
せっかくなので資格のような指標があるとわかりやすいかなと思いました。

・ITパスポート
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・ネットワークスペシャリスト
・情報セキュリティスペシャリスト

この辺が面白そうかなと思ったのですが、
初心者が受けてみる順番としておすすめはありませんでしょうか。

また、今回は自分の知識を増やすのが目的ですが、
一般的に取っている人の動機はやはり「就職のため」というのが多いんでしょうか。
実際に就職以外に何かに役立つでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-01-21 13:26:04

QNo.9283966

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

あなたがそもそもIT関連の知識がどの程度あるかによります。

ITパスポートを受けるのならとりあえず1カ月以内に受験してみましょう。ブックオフなどで100円で売っている少し古い対策本で5日も勉強すれば十分です。人によりますけど。

ITパスポートに合格出来たら基本情報です。春試験の申し込みは2/20の20時までですので気を付けましょう。ある程度知識のある人なら2週間程度、あまり知識のない人なら2ヶ月は勉強した方がいいと思います。

それにも合格出来たら応用を秋に。応用に合格すると1年以内に高度資格、つまりあなたが挙げている範囲だとネスぺ・セスぺを受験すると、午前1の試験が免除になります。

応用まで取っていると、IT企業の就職活動はかなり有利になると思います。基本だけだと少し有利という程度です。それより上のネスぺ・セスぺを持っていればさらに有利になります。ITパスポートはIT企業では相手にされません。しかし非IT企業では多少評価する企業もあるかもしれません。

就職活動でアピールするには、3年の秋試験までに合格している必要があります。4年の6月以降も就職活動を続けるなら4年の春試験でも間に合いますが。基本以上は受験のチャンスは年2回です(ネスぺは秋のみ)。応用やセスぺに1回か2回落ちる可能性を考慮し、早めに受験開始したほうがいいと思います。


就職活動の武器として全く使う必要がなく、合否もどうでもよく、ただ知識のためだったら最初からセスぺを受ければいいと思いますが。

ITパスポートは英検でいえば4級程度の価値や難易度です。基本3級、応用準2級、セスぺ2級、ネスぺ準1級程度だと思います。英検と同じで下から順に受ける必要はありません。

投稿日時 - 2017-01-22 09:32:09

ANo.5

情報セキュリティスペシャリストは、今申し込み受付中の次回(2017年4月)から、情報処理安全確保支援士に名称が変わっています。

資格を取ることが目的じゃなくて、勉強が目的なら、情報処理安全確保支援士の勉強をすればいいのではないでしょうか。試験は6割できれば合格ですが、午前で8割くらい取れるまで勉強すれば、午後の勉強も楽かと。
ITパスポートと、基本情報は飛ばして良いと思います。
応用情報と、ネットワークは、セキュリティとは方面が違う試験なので、そういう方面の知識を付けたいなら勉強すれば良いかと。

資格の数を取るのが目的なら、お書きの順番で良いと思います。

投稿日時 - 2017-01-21 22:39:50

ANo.4

初めての場合『ITパスポート』程度が楽に取れると考えます。

しかしパソコンと言っても原理は物理の領域ですし、一般的な電子工学の
知識が必要です。

企業ではMSのオフィスの資格が勉強のためには最適
但し、単にコマンドを覚えるだけです。
*『これで何が出来る』を頭に入れる。

実際の作業では『これをするには何を使うか?』なんです。

ラジオ、ステレオ、無線機、パソコンの回路図を資料を見ずに書ける人が居ます。
本人はTV、VTR、等家電品の構造も理解してます。

投稿日時 - 2017-01-21 14:53:10

ANo.3

まずは以下の資格を取得することをお勧めします。
IT関連の知識を広く薄く問われる資格です。将来IT系の道に進まないとしても、持っていて無駄にならない知識です。

・ITパスポート

IT系の技術者を目指すのであれば、次の資格を目指しましょう。

・基本情報技術者
・応用情報技術者

以下の2つの資格は、名前にもあります通り「ネットワーク」「情報セキュリティ」に特化した試験になります。ただ、基本的知識として、「応用情報技術者」の午前問題程度の知識は要求されます。

・ネットワークスペシャリスト
・情報セキュリティスペシャリスト

 資格を取得する動機ですが、学生さんだとやはり「就職」が強いのではないでしょうか?その次に自分の知識取得かと。実際の就職にどのくらい役立つかは未知数です。IT系の企業ですと、「基本情報技術者」ぐらいは持っていて当たり前ですし、就職前に取らなくても入社後にいくらでも取得する機会はありますから。「持っていて損にはならない(あまり得にもならない)」ぐらいでしょうか。スペシャリスト系の資格を持っていると、その分野を目指している動機の肉付けぐらいにはなります。
 社会人となると、「会社からの指示」や、「資格手当」「報奨金」等、別の目的が強くなります。また、昇進時に指定の資格取得を義務付けているような会社もあります。

投稿日時 - 2017-01-21 14:38:03

>IT(特にセキュリティ)の勉強をしようと思い、

意外に見通されていますが
国語能力も必要です。
分かりやすく説明されてる
回答者の文を見てください。

徹底して無駄がありません。

処理速度が速くないと
技術者になれないと思います。

資格もですが国語を鍛えることも大事です。

投稿日時 - 2017-01-21 14:32:18

補足

どういった意味でしょうか

投稿日時 - 2017-01-22 00:38:04

技術者の方は多岐にわたる学問に
精通されてるはずです。

電子工学や物理学、化学、
言語、あらゆる学問です。

資格もですが、頭が良く
ないとなれないと思います。

投稿日時 - 2017-01-21 14:11:37

補足

わかりにくいですね

投稿日時 - 2017-01-22 00:40:27

あなたにオススメの質問